記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

272日目 - 自分ワールド

昨日から今朝にかけて、屋久島は久しぶりに本格的な雨が降った。おかげで車がピカピカになった。車は外に置いてあるので、買ってから一度も洗車したことはない。雨が自然に洗車してくれる。逆に、雨の多い屋久島では、洗車してもすぐに汚れてしまう。自宅の周りは、まだ舗装されていないのだ。ところが、最近はこの車がホコリを被っていた。買ってから、一度もこんなことはなかった。屋久島にはめずらしく、長らく雨が降らなかった...

続きを読む

268日目 - 静かに聴き入る

自分の根底的な願いが明確ではない。自分が真に望むものがわからない。私には、私自身の願いすらわからない・・・昨日の日記に対して、そういうコメントがあった。それは多くの人の実感かもしれない。自分自身の真の願いは何だろう?今生はどんな願いを持って生まれてきたのだろう?誰かに聞いてもわからない。チャネリング情報に頼っても、それが本当かどうかわからない。結局、わからない・・・今、わからないならば、わからない...

続きを読む

267日目 - 現実化

屋久島は、山の方は曇っている。しかし、里の方は暑い。午前中で室温30度。今日の上屋久町は、町会議員全員のリコールの可否を問う住民投票が行われている。既に7月に合併に反対した8人の町会議員に対してリコール請求があり、その時は8人が自主的に議員を辞職して住民投票は行われなかった。その後、辞職した8人の補欠選挙があったが、立候補者は7人で全員が無投票当選。このうち6人は合併賛成派。結果、現在の町議は合併...

続きを読む

266日目 - リッチ?

台風が逸れて、屋久島は穏やかな天気が続いている。少しだけ台風の余波で波がうねっている。そのため、安房港に入港予定の高速船トッピーが宮之浦港に入港することに。夜、電気を消すと、先程まで輝いていたゴールドルチルの水晶たちが、まったく見えなくなる。あの輝きはどこへ行ってしまったのだろうか?光がないと、輝きはない。色の世界とは、光の世界なのだ。光がこの世に万華鏡のような色彩をもたらしている。光がなければ、...

続きを読む

265日目 - クリエイト

屋久島は良い天気が続いている。特に午前中は爽やかで、すばらしい。午後になると山の方は曇ってしまう。ここのところ、そのパターンが多い。夢を見た。地下の深ーい深ーいところに街がある夢。でも、夢の中では、まだまだ意識が条件づけられていた。冷静ではあったけれども、更に冷静でもよかった。意識が極めて人間に条件づけられている。まあ、生まれて50年以上人間をやっているので、人間的な意識になるのは仕方がないのだが...

続きを読む

260日目 - 中秋の名月

今日の屋久島は、朝から爽やか。雲一つない快晴。今日は白谷雲水峡から太鼓岩へ行く予定。太鼓岩からのすばらしい眺めが期待できそう。今夜は中秋の名月。ここのところ毎晩、月の光がすばらしい。昨夜は、あまりに月が美しいので、手持ちの水晶を外に並べて月光浴。そのまま朝陽が出るのを待つ。太陽にはよくあてているが、月の光にあてたのは初めて。朝露にもあたって、みんな静かにしっとりしていた。一晩外に出してみて気づいた...

続きを読む

258日目 - 道なき道

255日目の日記に対して、「360度に広がる道を道と思えず歩けない?」というコメントが寄せられた。夜空を見上げてごらん。星がいっぱいあるだろう。どこに道があるの?どこにも道はない。宇宙の中に道はない。道があるのは地上だけ。それは人が歩いたから。人が歩いていない原生林の中には道はない。人の後を付いていくなら、道はある。でも、行き着く先は?少なくとも、その人より先へは行けない。永遠にその人の後を付いて...

続きを読む

257日目 - さびしい?

一人ではさびしくてたまらないという人がいる。どうしてさびしいのだろう?一人では居たたまれないということだろうか。いつも誰かと一緒でないと落ち着かないということだろうか。生まれてからずーっと誰かと一緒だった。だから、一人になるとさびしい?のかもしれない。そういう人が、さびしくなくなる方法は一つしかない。それはさびしさと一緒にいること。さびしさと一緒に居切ること。そうすれば、さびしくなくなる。それには...

続きを読む

256日目 - 悩む?

悩まずにはいられないという人がいる。別にその人の自由だから、勝手に悩んでいれば、と言いたくもなるのだが・・・本人は真剣に悩んでいる。でも、傍(はた)から見ると、悩みたくて悩んでいるようにも見える。悩んでもどうにもならない。ただの暇つぶし。時間の浪費以外の何ものでもない。悩むことと、問題の解決とは何の関係もない。逆に、悩むことによって問題の解決は遅れる。迷うことはある。でも、悩む必要はない。悩んでも迷...

続きを読む

255日目 - 不運

昨日の日記に対して、次のようなコメントが届いた。「自分の思ったようには生きれないこと多いです。くじ引きといっても、あてずっぽうというのでもない。前向きにこうしようと一応プランは練る・・・としても、その通りになかなかいかない。何とか、進むと横やりもある。それを、不幸ととるか、おもしろいととるかってことはあっても、自分の想いを押し通して生きるのは難しい。まして、自分がしたくもない戦争に、自国が巻き込ま...

続きを読む

254日目 - たゆたう

昨日の日記に対して、次のようなコメントがあった。>何も心配することはない。>今のままだ。>今幸せなら、死んだ後も幸せ。>今不幸なら、死んだ後も不幸。>特に変わりはない。「何か、夢も希望もないような、 悪いクジを引いたら、永遠についてなさそうで、 救いがないなあ・・。」悪いクジを引いたら?悪いクジと思っている限りは、救いがないかもしれない。そもそも人生はクジ引きなのだろうか。それとも、人生は自分でク...

続きを読む

253日目 - 虫の音

今日の屋久島は、里はまあまあの天気、山は深い雲の中。久しぶりの休日で、のんびり洗濯や掃除をして過ごす。なんとなくいろいろ片づけたい気分。思った通り、今日は五黄日だった。五黄の日は、いろいろ整理できていい。朝来たお客さんにも、少し持っていってもらった。ちょうど向こうが欲しい物がこちらにあって好都合。少しでも荷物が減って、部屋はスッキリ。なにしろ狭い部屋なので、必然的に所有制限が生まれる。それも悪くは...

続きを読む

252日目 - 水のガソリン

3泊4日の最後の日。12時40分の飛行機で帰るので、残された時間は半日ほど。まず、いつも水晶を浄化している海岸へ行く。行ってみて、雰囲気がまるで違っていたので驚いた。台風によって川幅が狭くなり、川が深くなっていた。海岸には、たくさんの流木。でも、めぼしいものは既に拾われた後。地元の人が何か良いものはないか探しに来たが、さしたるものは残っていなかった。台風の直後に地元の人は海岸や港へ拾いに来るらしい...

続きを読む

251日目 - 虹の屋久島

昨日と今日の分を、まとめて書くことに。昨日は、パソコンをやりたいとのことで、まずネットカフェを探す。以前、看板が出ていたのだが・・・やっと見つけた店は、既に閉まっていた。まあ、客が入ってそうな気配は感じられなかったが・・・そこで、屋久島で一番OA機器がありそうな店へ。こちらではインターネットの閲覧サービスをしていた。10分間100円。たぶん、屋久島で唯一だろう。一時間ほどメールやネットのチェックの...

続きを読む

250日目 - 台風一過

今日の屋久島は曇っている。昨日は、白谷雲水峡はまだ崖崩れのために通行止めで、ヤクスギランドへ行った。さすがに来ている人は少なかった。まだ係の人も不在で、建物の扉は閉まっていた。当然、環境協力金も払うことなく、森へ入る。森の中は新鮮だった。新しい気が充ち満ちていた。水量も豊富で、しかも濁っておらず、すばらしい勢いで流れていた。台風の直後であれば濁流となっているが、半日もすれば水はきれいになる。これが...

続きを読む

249日目 - 一新

今朝は台風が過ぎて、とても爽やか。すべてが一新された気分。屋久島は観光客がたくさん来るので、たまには浄化する必要があるのかもしれない。観光客は屋久島によって浄化される。屋久島自体も自浄力はあるだろうが、たまには溜まったものを一掃したくなるのかもしれない。屋久島の自然は無条件に観光客の心身を浄化してくれる。年間20~30万人といわれる観光客を受け入れ、そのすべての人を多かれ少なかれ浄化している。屋久...

続きを読む

247日目 - 台風

先程、日記を書こうと思ったら、既に停電していた。まだ、たいしたことはないのに・・・と思っていたら、回復した。屋久島は、朝方から台風14号の暴風圏内に入っている。徐々に雨・風とも強くなってきた。でも、この程度では島の人は驚かない。台風は年中行事みたいなものだから。今夜は停電する可能性が高い。たぶん朝まで回復しないだろう。静かな夜だ。いや、静かではなかった。外は暴風雨だから、嵐のように騒がしい夜になり...

続きを読む

246日目 - 絶対自由

今日の屋久島は、波の音がすごい。台風が近づいている気配がヒシヒシと伝わる。風の中に波の粒子が混じっており、景色が霞んでいる。去年は台風がたくさん来たので、今年は来ないかと思っていたら、このままいけば14号は直撃しそうだ。ガイドの予約が入っているので、台風の動きが気になる。昨夜は、ラージサイズのゴールドルチルクオーツをよーく感じてみた。残念なことに、この水晶がサポートしてくれるのは、お金ではなくて、...

続きを読む

244日目 - 石気

朝から水晶の浄化へ行く。ちょうど潮が引いていて、浄化するには最適のコンディション。昨日、大きなゴールドルチルクオーツが届いた。これまで見たこともないような太くて長い金針がびっしり入っていた。ずっと欲しいと思っていたポイント。でも、金額が六桁なので、しばし躊躇していた。数日前、そこのお店に新しいゴールドルチルクオーツの原石がアップされた。なかなか良さそうで、金額も五桁なので、さっそくオーダーした。す...

続きを読む

243日目 - 執着

今日の屋久島は、いつものように里は暑く、山は曇っている。9月になっても、8月以来のパターンが続いている。自然はカレンダーとは関係なく動いている。カレンダーの方が不自然なのかもしれない。もっと自然に即したカレンダーにしないと、カレンダーの意味をなさない。もっとも、今は自然も地球も転換期なので、正確なカレンダーは難しいかもしれない。一昨日の日記に次のようなコメントが届いた。「いったん、解き放ったのです...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。