記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

395I日目 - 見つめること[2]

「見つめること[1]」の続き次のメール。「昨日と今日のブログもこころに響きました。いろんな示唆に溢れてました。どうもありがとうございました。この前は、恐怖を見つめていて、恐れている私は何も信頼していず、なにも愛していないことがわかりました。イメージの中にいて、いつも今ここに生きていず、見えているようで見えていず、聞いてているようで聞いていない。恐れる私は暴力的で、支配的で、狡猾で、色んな形を使って事...

続きを読む

395日目 - 見つめること[1]

今日の屋久島は、天気予報が外れて穏やかに晴れている。天気予報では朝から雨のはずだった。気温も高く、まるで春先のようだ。今日で1月も終わる。速い。でも、31日間、完璧に日記を書けた。今年は365日、毎日、日記を書くことにフォーカスしている。とりあえず12分の1は済んだ。道のりは遠いけれども、書くことは楽しい。書きながら一人で感動していることもある。1月は、かなり細かく意識の内面に迫った感じがする。で...

続きを読む

394日目 - チャレンジ

今日の屋久島は、暖かい。南から突風が吹いている。春一番という感じ。室温は25度以上ある。今日も、えっちゃんモデルに登場してもらおう。一般人の代表として、なかなかステキなモデルさんだ。先日、次のような書き込みがあった。「相手を決めてかかる人に、誤解を解くのは難しい。言われた事を訂正しても、もうその人には不信が植わっていて、私の言われた事の不当さに腹が立ってきたという言葉に爆発する。私の対応の不適当を...

続きを読む

393日目 - ハート[2]

「ハート[1]」の続き次は、たろうくんですね。「『ハートはどこにある?』シンプルに答えると、この地球すべてにハートがあると感じます。自然も生物もみんな。。。 『ハートを感じるにはどうしたらいい?』 求めるのではなく、まずは自分の心を開くことかと思います。一番簡単で、私でも毎日できることは挨拶です。ご縁あり出会えた人も自然も全ての存在にです。私は、あなたに心を開いています☆という思いを込めて挨拶をしま...

続きを読む

393日目 - ハート[1]

今日の屋久島は雨になった。太陽がないので気温は低いが、それでも室温が16度ぐらいはあるので、そんなに寒くはない。一昨日、レンタルDVDで「心の旅(REGARDING HENRY)」というアメリカ映画を見た。1991年制作のもので、もう15年も前の作品だが、最後の方で感動してしまった。感動というより、「家族が一番大切なんだ」という主人公の言葉がダイレクトに伝わった。この主人公は敏腕弁護士で仕事人間。妻との関係は冷え...

続きを読む

392日目 - 身を守る

今日の屋久島は、春のようだ。窓を開け、靴下をはかずにいても、寒くはない。室温は軽く20度を越えている。今日はカキコ常連のえっちゃんにモデルになってもらう。残念ながら、ファッションモデルではない。ここ最近のテーマ、「怒り」「恐怖」「傷つくこと」に関して、実社会の中で体験があったようだ。それを逐次コメント欄に書き込んでくれた。それらを見ながら、実際の実例で更に深く検討してみたい。まず初めに、これまで書...

続きを読む

391日目 - オープンハート

今日の屋久島は、穏やかな天気だった。午後にテレビとパソコン本体をつなぐアダプターコードが届いた。すぐにつないでみた。結果は・・・きれいに見れた。パソコン本体に問題はなさそうだ。但し、横長画面だった。画面自体は安定しているし、とても美しい。しかし、写真が横長になってしまう。これでは正確に写真を検討することができない。このテレビでは長い期間は無理なようだ。とりあえずは使えるという感じだろうか。ただ、パ...

続きを読む

390日目 - アセンション

今日も屋久島は快晴に近い。とてもさわやかだ。昨夜は星がきれいだった。久しぶりに美しい星空を見た。昨日は目がほとんど限界に近かった。痛くて痛くてしかたがなかった。早めにパソコンを切り上げ、たまっていた新聞を読んだり、洗濯をしたりした。長いホームワークは、ほとんど一昨日にはできており、昨日は最後の校正をしただけ。一日中、アクビをしていた。涙をいっぱい流して目をヒーリングしていたようだ。今日はそれほど痛...

続きを読む

389日目 - 傷つくこと[3]

「傷つくこと[2]」の続き最後は、ぴあのさんですね。「私は過去三度、大きく傷ついたことがあります。三度とも、相手からの私を否定する言葉で。一度目は母。大学受験に失敗した私をなじった。憎々しい射るようなあの目は今でも忘れられない。芸術の世界はとてもお金がかかる。私には莫大なお金をつぎ込んでもらった。それはすべて、母にとっては私が志望校に入るためのものだったのか・・・?娘のブランドを自慢したいだけのもの...

続きを読む

389日目 - 傷つくこと[2]

「傷つくこと[1]」の続き次は、せきせきさんですね。「心が傷つく理由は人それぞれ違う。自分の世界の中のこだわりやコンプレックスのストライクゾーンに当たれば傷つく。傷つく時は心の自由を失っている。心が固くなっている。傷を受け入れる準備をしているようなもの。空気の流れない部屋で、息苦しくなるように、流れの悪い川のように、心はよどみ、不自由になる。でも、それも結局自分が自分で行っていること。心の致命傷、心...

続きを読む

389日目 - 傷つくこと[1]

今日の屋久島は、おだやかに晴れています。パソコンは、もう風前の灯火(ともしび)です。もうしばらく保ってほしいのですが・・・傷つくことに関するホームワークを見ていきましょう。テーマは次のようなものでした。自分はどんな時に傷つくのか。何に傷つくのか。何が致命傷になりそうか。自分を見ながら、心が傷つくとはどういうことか、もう一度深く見つめてみてください。 最初は、藍aiさんですね。「ここに来る皆さんは、とて...

続きを読む

388日目 - 傷つく

今日の屋久島は、さわやかに晴れ上がっている。にもかかわらず、寒い。放射冷却?水道の水も冷たかった。食事を減らし始めた頃、ガスを止めた。夏場だったので、まったくガスは使わなかった。冬場になって、お茶を沸かすのにガスがいることに気づいた。慌ててカセットコンロを買った。今はカセットコンロで煮炊きをしている。特に不便はない。但し、瞬間湯沸かし器が使えないので、水道水で食器を洗ったり、顔を洗ったりすることに...

続きを読む

387日目 - 欲望

今日の屋久島は、久しぶりに陽射しが見える。パソコンは極めて不安定。いろいろ問い合わせてみたが、やはりモニターの問題らしい。とりあえず、テレビにつないで急場を凌ごうと思ったが・・・接続ケーブルのピンが合わない。パソコンは29ピン。テレビは15ピン。結局、29ピンと15ピンを接続するアダプターを購入することに。もちろん屋久島にはないので、ネットでオーダーしたが、店にも在庫がなく、取り寄せに。屋久島に着...

続きを読む

386日目 - ホームワーク [恐怖] 2

ホームワーク [恐怖] 1よりの続き次は、優しい気持ちさんですね。>身を守るための本能として存在する恐怖が、なぜこんなにも問題のあるものになってしまったのだろうか。本来肉体的な自己保存のためにある恐怖、目の前に起こる、ただその時の状況に対して、恐怖感をいだき、その危機的な状況を回避しようと対処することには問題がありません。恐怖を経験したときの状況から対策を学び、頭にインプットしておくことも問題ないと思...

続きを読む

386日目 - ホームワーク [恐怖] 1

一昨日のホームワークを見てみましょう。テーマは次のようなものでした。「身を守るための本能として存在する恐怖が、なぜこんなにも問題のあるものになってしまったのだろうか。自分自身の中にある恐怖をよーく見つめて答えてほしい。何を恐れているのか。何が怖いのか。どうしてそんなに恐れるのか・・・・」では、最初に夢子さんの回答から見ていきましょう。「今朝目覚めて、こんな感情が何故出てくるの?と思った。昨夜半kimi...

続きを読む

386日目 - 続・恐怖

今日の屋久島は曇っている。少し寒い。昨日、部屋のレイアウトを大幅に変更した。パソコンの設置場所も変えた。ほとんど大掃除だった。デスクトップのパソコンを動かすのは大変だ。コードが網の目のようになっている。しかし、いろいろ変えてみたが、結局、パソコンの状態は変わらなかった。画面が暗く、時々、点滅したり、画面が小さくなったりする。モニターの寿命だろうか。毎日、すごく使っているので、そうであっても驚きはし...

続きを読む

385日目 - 致命傷

今日も屋久島は雨。それほど寒くはない。昨日の午後からパソコンの調子がおかしい。深夜3時までいろいろ調整してみたが、まだ回復していない。画面が暗くなったり、ちらついたり、あるいは消えたり・・・目が痛い。でも、まだ辛うじて日記は書ける。プロバイダーのサポートも土日は休み。しばらく短めの日記になるかも。昨日のコメント欄に次のような書き込みがあった。「深い心で生きようとすると、善い悪いや、個体との感覚が薄...

続きを読む

384日目 - 恐怖

今日も屋久島は雨が降っている。目の前の山は、上半分くらいが雲に隠れて見えない。連日の雨で、落(おとす)の滝が増水しているのがわかる。今日は恐怖について書く。恐怖は多くの人の心の中で大きなウエイトを占めている。恐怖に占領され、身動きがとれない人すらいる。潔癖性、然り。神経症も同じようなものだろうか。恐怖とは何だろう?道を歩いていて、交差点でスピードを出した自転車が突然現れて怖い思いをしたことのある人も...

続きを読む

383日目 - 怒り

雨の屋久島が続いている。暖かい屋久島も続いている。このまま春?は、怪しいが、そんなに寒くはない日々。この程度であれば、ヒーターはいらない。怒りに対して怒りで応じれば、火に油を注ぐようなもの。相手が怒ると、ついこちらもつられて反応してしまう。ほとんどオートマチックに怒りで反応しようとする。あるいは、恐怖で反応する人もいる。はたまた、始めに恐怖が、次に怒りが出てくる人もいる。プラスかマイナスか形は違っ...

続きを読む

382日目 - 執着

雨模様の一日だった。久しぶりに水晶のネットサーフィンをした。透明な水晶のクラスターが目に止まったが、買うには至らなかった。意外なことに、ゴールドルチルクオーツのクラスターもあった。新しいストーンショップを数軒お気に入りに追加した。執着というのは、人を地上に縛りつけるものだろうか。執着があるために、人は再び地上に生まれて来るのだろうか。執着がなければ、また生まれることもないのだろうか。逆に言うと、執...

続きを読む

381日目 - 屋久島暮らし

今日の屋久島は暖かい。まるで春のようだ。車を走らせていても、窓を開けないと暑いくらい。自宅に帰ってからも、あまりにも暖かいので、日記を書く前に洗濯をしてしまった。このまま春になるのだろうか・・・今日で3泊4日の旅が終わった。お客さんは、13時25分発の飛行機で鹿児島へ飛び立った。鹿児島から羽田、羽田から埼玉まで、かなり時間がかかりそう。今日は最初に、いつも水晶を浄化するところへ行った。ほとんど快晴...

続きを読む

380日目 - 鳥の声

昨日はヤクスギランドの150分コースへ行った。途中、誰にも会わなかった。森の中ではアクビが出る。里の暮らしで溜まっていたものを解放している感じ。アクビが出るたびに体に生気が満ちるのがわかる。森を歩いている間、ひっきりなしにアクビが出た。それはいつものことなので驚かなかった。でも、昨日は新しい発見が二つあった。一つは、思考が止まった時の森の感じ。その時、自分は完全になかった。ただ、目の前の森がリアリ...

続きを読む

379日目 - 自然

昨日は午後1時に、お客さんが空港に到着。60人は乗れる飛行機から降りてきたのは、7~8人。こんなに乗客が少ないのは初めて。これでは赤字だろう。手荷物を預けたのは3人ほど。アッという間に手荷物が出てきた。普段では考えられないスピード。今の時期は一番観光客が少ない。どこのホテルもガラガラ。レンタカーも車庫で満車状態。2月末までは、この感じが続く。観光屋久島も、冬場はなかなか大変なのだ。しかし、乗客が少...

続きを読む

378日目 - 羅針盤

今日の屋久島は暖かい。午前9時の時点で、既に室温は20度近い。これでは春だ。今日から3泊4日の屋久島の旅を体験される方が見える。1月の寒い時に、わざわざ来なくても?と、普通は思うのだが、思い立ったが吉日ということもある。結果は、来てみないとわからない。天気予報では、この4日間は暖かそうだ。屋久島は梅雨時には大量の雨が降る。そのため、一般的には観光客は少ない。ところが、梅雨の真っ盛りに来ても、あまり...

続きを読む

377日目 - 第四チャクラ

今日の屋久島は雨。でも、昨夜から暴風が吹いている。海はそれほど波は立っていない。山はほとんど見えない。三月下旬並みの暖かさらしい。今日で、アクセス数が10万を越えそうだ。一つの山を越えたかもしれない。10万アクセスとなれば、このサイトのエネルギーが地上に定着したと言えるだろう。ベースができた感じだろうか。今年は本気で日記に取り組んでいる。できれば365日書きたいと思っている。ガイドの仕事も軌道に乗...

続きを読む

376日目 - ホームワーク [自我] -2

ホームワーク [自我] -1の続き次は、優しい気持ち2005さんですね。「自我とは、この現世に生身の肉体を持って生まれて以降、 細胞の成長とともに育った意識、心身の自衛・保全の ための知恵を主体とする思考全般のことだと思います。 また仮に、高次元の世界が、すべて1つの光、ということを 認識しているような世界であれば、 自我はこの3次元世界で自分と自分以外のものの境界線を 自分に認識させるものだと思いま...

続きを読む

376日目 - ホームワーク [自我] -1

1月10日のホームワークを見ていきましょう。課題は次のようなものでした。「自我とは何でしょうか」「自分にとっての自我とは、いかなるものでしょうか」主観と客観の両方の視点から、自我というものを見つめてみてください。まず、陽風3812さんの回答から。「自我とは自分を守る為、生きる為に必要だと思い創ってきたもの。自分にとっての自我は自分が傷付かないようにする為の防衣服。みんなに『あのこはいい子だね』って...

続きを読む

376日目 - 自我

屋久島は暖かい日が続いている。それに少しずつ日も長くなってきている。なんとなく春が近づいているのだろうか・・・自我とは何だろう?主観的に見れば、それは自分が掴まえているものだろうか。執着であり、囚われであり、こだわりだろうか。自分がしっかりと握って放さないもの。それが自我だろうか。自分はカッコいいとか、カッコ悪いとか。自分はリッチとか、プアーとか。自分は学歴があるとか、無学歴とか。自分は幸せとか、...

続きを読む

375日目 - 夜空

もしあなたが宇宙の真実を知りたかったら夜空の星を見上げてごらん無数の星々を宇宙空間が包み込んでいる星々は色宇宙空間は空無数の色とひとつの空無数の色をひとつの空が包んでいるそれが宇宙の真実なんだよあなたは無数の色でありあなたはひとつの空でもある万感の愛をもって無数の色を見守る大きな大きな愛ですべてのすべてを見守るそれが宇宙の心なんだよいのちの限り輝く星々個性の限り煌(きら)めく星々それが個としての自然...

続きを読む

374日目 - いのち

今朝は久しぶりに、すばらしい快晴だった。しかし、時間が経つにつれて雲が多くなってきた。せっかく水晶を外に出したのに・・・冬場になって、めっきり太陽に当てるチャンスが少なくなった。冬場以外は、こんなことはないのだが。そんな時、少し東京が恋しくなる。東京の冬は晴天が続く。気温が低くても太陽光線があると暖かく感じる。南向きの大きな窓があったので、昼間はヒーターはいらなかった。屋久島も南の方に住めばそうな...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。