記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

423日目 - 慈母観音

今日の屋久島は、暗く曇っている。ここのところスッキリしない天気が続いている。朝、海の音と船の音がしていた。風が海から吹いていた。大きな貨物船がゆっくり航行していた。昨日、WOWOWで「植村直己物語」という映画を見た。美しい映像が印象的だった。ああいうのを見ると、やはり行ってみたくなる。特に、ヒマラヤがすばらしかった。確かに神々の住む山。屋久島もそうだが、ちょっとスケールが違う。彼は明治大学に入ってから...

続きを読む

422日目 - ハウルの動く城

今日の屋久島は、曇。朝、遠くでウグイスがホーホケキョと一声鳴いた。気がつくと、他の鳥たちも軽やかに囀(さえず)っていた。屋久島は、もうすっかり早春。昨夜、「ハウルの動く城」という映画を見た。昨年のレンタルDVD貸し出しNo.1の作品。声の出演は、倍賞千恵子と木村拓哉とあった。しかし、それにしてはハウル役の男性の声が低すぎた。木村拓哉は、いつからあんなに低い声になったのだろう?もっと甘い声のはずでは・...

続きを読む

421日目 - シューマン共振波

今日の屋久島は、嵐の後の静けさ。昨夜は一晩中、台風並の風と雨。久しぶりに大荒れだった。今朝、スズメが三羽、庭で餌を啄(ついば)んでいた。庭に餌があるの?昨夜の雨で餌が飛んできた?ゆっくり鳥たちの動きを追う。双眼鏡を持ち出してアップで見る。美しい!スズメって、こんなに美しかった?目の上と下に大きく白い線が入っている。これって本当にスズメ?これまでスズメのアップなど見たことがないので自信が揺らぐ。羽は確...

続きを読む

420日目 - 音楽

今日の屋久島は、今にも雨が降り出しそうな天気。山の方は厚い雲に覆われている。でも、気温は連日15~20度あるので、ぜんぜん寒くはない。昨夜、DVDで日本映画を見た。タイトルは、「火宅の人」作家、壇一雄の私小説の映画化。娘の壇ふみも特別出演していた。妻と5人の子供を残して、愛人と同棲生活。その愛人と喧嘩をして、あてのない旅へ。途中から別の女性と一緒に旅をすることに。予告編のキャッチコピーが、旅と女を...

続きを読む

419日目 - 充実

今日の屋久島は、朝方の雨が上がって、曇。天気予報では一日中雨。外れてくれて、ありがとう。今朝は、たまたま3時頃に目が覚めた。本当は6時に起きようと思って、珍しく目覚ましをセットしていた。トリノオリンピックの女子フィギアスケートを見ようと思っていた。でも、せっかく3時に目が覚めたので、そのままテレビのスイッチをオンにした。メジャーではない人たちも見てみたかった。いろんな国から、いろんな人たちが出てい...

続きを読む

418日目 - 続・言葉

今日の屋久島は、白い雲に覆われている。トンビが一羽飛んでいる。彼はすぐそばの森に住んでいる。このあたりが彼のテリトリー。たまに他のトンビが遊びに来る。右脳から発せられる言葉は、響き。左脳から発せられる言葉は、意味。右脳の響きだけを受けとめては、何を言いたいのか細かくは伝わらない。左脳の意味だけを受けとめても、その奥にあるものが伝わらない。響きを受けとめ、意味を理解する必要がある。右脳と左脳の両方を...

続きを読む

417日目 - 言葉

今日の屋久島は、暖かい。もう冬は終わったようだ。春直前という感じ。電話をする。相手の声が聞こえる。最初の一声で相手の状態がわかる。心地よい波動。それだけ。直後に、思考が、なかなか良い感じだと囁(ささや)く。相手の状態を判断し、いろいろ解説してくれる。言語化とは、そういうものだ。ただそのものを聞いていれば、その波動が伝わるだけ。そこに思考が動いて、価値判断を付け加える。そのものを感じたければ、ただ黙っ...

続きを読む

416日目 - 思いの海

今日の屋久島は、雨。でも、明るい。少しだけ青空ものぞいている。(書いているうちに、すっかり晴れてしまった)過去世で辛い思いをして、今生でも辛い思いをしている人がいる。書き込み常連のSさんも、その一人。彼女の場合は、その痛みが最大級と言っていい。これほど苦しんでいる人は、日本広しと言えども、そんなにはいないだろう。あまりの痛さのために横になれない時もあるらしい。それが三日間も続く。痛さのために、食事中...

続きを読む

415日目 - 自信 [2]

「415日目 - 自信 [1]」の続き最後は、せきせきさんですね。「私にとって自信とは、とても前向き姿勢ではあるが、結局ありのままの自分でいられない時に必要なもの。自分で自分に依存したい時に使うもの。自分は「いい調子」「これが得意」「できるから大丈夫」という自信を持ち出さないと、過ごせないときに必要なもの。それが前提にあれば、物事ができるという助けとしての道具。それは業績や、今までの経歴、褒められた言葉...

続きを読む

415日目 - 自信 [1]

今日の屋久島は、曇。時々、小雨が降っている。昨夜、「ターミナル」というDVDを見た。ニューヨークの空港でアメリカへの入国を拒否され、一ヶ月近く空港に足止めされた人の物語。母国でクーデターが起き、国がなくなったために出国も入国もできない法の空白地帯に陥ってしまう。ところが、人生は捨てたものではない。空港という狭い世界にも、いろんなドラマが渦巻いており、けっこう楽しく暮らせてしまう。最後の方では、みん...

続きを読む

414日目 - 続・信じること

今日の屋久島は、暗い曇。今にも雨が降り出しそう。天気予報では一日雨だったが・・・昨夜、NHKの衛星放送で「奇跡の人」を上映していた。たまたま途中から見たが、すばらしい映画だった。たぶん40年ぐらい前に一度見たと思う。まだ中学生か高校生の頃。ヘレン・ケラーを演じたパティ・デュークの名前を鮮明に覚えていた。物語は、目も見えず、耳も聞こえず、喋ることもできない三重苦の少女に言葉を教えるというもの。まさに...

続きを読む

413日目 - 信じること

今日の屋久島は、さわやかに晴れている。朝、水を汲みに行ったら、鳥たちが春モードで歌っていた。もうすっかり春。例年より一ヶ月は早いだろうか。13日の満月から少しずつ月は欠け始めている。それでも、まだ明るい。昨夜もオーラがはっきりと見えた。星も美しかった。月が欠けている時は、これまで蓄えてきたものを整理するのに向いている時期。物質的なものであれ精神的なものであれ、もう必要のなくなったものを整理する。そ...

続きを読む

412日目 - 信じることと思い込み [2]

「信じることと思い込み [1]」の続き次は、たろうくんですね。「『自分が信じていることや自分が思い込んでいることを、自分の日常生活を通して発見してください。』光のkimiさんのホームワークに参加し始めた頃の自分なら、きっと信じていることや、自分が思い込んでいることは沢山あったと思います。でも、いま自分が信じているものは、自分自身です。どんな状況が目の前に起こっても、そのときの自分を何の判断もせずに信じて...

続きを読む

412日目 - 信じることと思い込み [1]

今日の屋久島は、風が強いけれども晴れている。マウスとキーボードを今日から変えた。新しいマウスは、レーザー式。これまで使っていたものは、ボール式。光学式を飛び越えて、一気に最新バージョンへ。さすがに性能がいい。速いし正確。ボール式は、かなりまどろっこしいところがあった。新しいキーボードも使いやすい。人間工学に基づいた変な形をしている。でも、慣れれば、これまでのものより楽だろう。なんとなく人に優しい感...

続きを読む

411日目 - 思いの世界 [2]

思いの世界 [1]の続き次は、ぴあのさんですね。「苦しみ というのは自我があるから出てくるものだと思います。自分には苦しみであっても他の人にとっては苦しみでも何でもない ということはたくさんあります。その人の価値観だから。『自我』 『私』 がなく、何の判断も評価もしないとき、苦しみはない と思います。 と言っても、実際子供が病気になったり亡くなったりするととても苦しむと思いますが・・・でも、これは 姿...

続きを読む

411日目 - 思いの世界 [1]

今日の屋久島は、朝方は激しい雨と風だったけれども、だんだんと青空が見えてきている。ホームワークを見ることにしよう。テーマは次のようなものだった。「苦しみのない楽しみだけの方法はあるだろうか。それはどういう方法だろうか。」提出順に、えっちゃんから。「楽しいだけになるには・・・ハートを開きなさい!って言う声が聞こえてきそうに思います。でも、ドアの場所聞いたけど、鍵穴が見つからなくて・・・。それに、楽し...

続きを読む

410日目 - 恋のベース

今日の屋久島は、少し蒸し暑い。夜中は強風が吹き、雨が降ったりしていたが、朝になったら太陽が出ていた。以前、「50回目のファーストキス」というDVDを見た。ハワイが舞台のラブロマンスだった。それは恋人の女性に短期記憶喪失という障害があるため、毎日がファーストキスとなるストーリーだった。彼女は交通事故の後、記憶が一日しか保てなくなってしまう。交通事故に遭うまでの記憶は残っているが、それ以降の記憶はまっ...

続きを読む

409日目 - 色を楽しむ

今日の屋久島は、とても穏やか。ぜんぜん寒くはない。春先の感じ。自我=思い込みの塊を理解するのもいいけれども、そればかりでは、なんとなく重たい。時には、もう少し軽やかにいきたいものだ。今日は色を楽しむことにしよう。絵を描いたり、詩を作ったり、花を愛でたり・・・色を楽しんでいる人は多い。みんなが色を楽しめば、何も問題はない。ところが、なかなかそうはいかない。なぜだろう?生きなければならない?生活しなけ...

続きを読む

408日目 - 海と魚

今日の屋久島は、最高にさわやか。気持ちのよい青空が広がっている。もう完全に春モード。この天気が続いたら、山へも行けそう。ここのところずっと自宅に篭もっているので、かなり足腰が弱っている。3月になればウォーミングアップ開始となるだろう。今日は満月。海は大潮。そして、ベタ凪(なぎ)。屋久島では、朝からたくさんの人が磯もの取りに出かけている。自宅は釣りのポイントへの通り道。朝から車や人の声がかなり聞こえた...

続きを読む

407日目 - 色を生きる

今日の屋久島は、風が強いけれども晴れている。もう冬の感じはしない。冬は終わってしまったのだろうか。昨夜、DVDで「Shall we Dance?(シャル・ウィ・ダンス?) 」という映画を見た。これはハリウッドバージョン。元々は日本の映画で、1996年に制作され、日本アカデミー賞を受賞したもの。とてもステキな映画だった。ダンスの楽しさが伝わってきた。楽しくダンスを踊るのもいいと思う。楽しければいい。で...

続きを読む

406日目 - ハートのホームワーク [3]

ハートのホームワーク [2]の続き最後は、藍&aiさんですね。 「>ハートを意識する。>ハートを意識の中心におく。>ハートから全てを見つめる。これは藍にとって、とても難解に思えた。どうしたらそうなれるのか、その術を知らないし全くわからない。。。でも、ここで藍の体験を一言。。。この無色透明さんのページを知ってから、藍は驚かされることばかりだった。自分のいままでの概念とは懸け離れたことばかりで。。。でも、不...

続きを読む

406日目 - ハートのホームワーク [2]

ハートのホームワーク [1]の続き次は、ぴあのさんですね。「実はホームワークが出てからこちら、というかこの10日ほど、クリアとは程遠い精神状態に陥っていました。とても心身がキツくて。ホームワークができるような状態にも程遠い状態。ハートにベースを置くなんて とてもできない波動が粗い状態。ですので、今回全然ホームワークはできていないのですが・・・過去を振り返り・・・私はよく至福が止まらなくなることがあり...

続きを読む

406日目 - ハートのホームワーク [1]

今日の屋久島は、穏やかに晴れています。11時現在、室温は17度もあり、もう冬は終わった感じです。(最終校正をしている15時30分現在、室温は25度近くになっています)今日の日記は、ものすごく長くなっています。でも、最後まで読み通すことを心からお薦めします。最後まで読んで、損をすることは決してありません。すばらしいホームワークです。断言できます。では、ハートのホームワークを見ていくことにしましょう。今...

続きを読む

405日目 - 白い布

今日の屋久島は、曇だろうか。時々、太陽が顔を出す。そうかと思うと、雨が降ったり・・・なんとも的確に表現のしようがない。昨日は午後から太陽が照りだし、部屋の中は暑いくらいだった。窓を開けても、ぜんぜん寒くなかった。ちょうどパソコンのモニターが届く予定だったので、部屋を大幅に改造した。と言っても、元に戻しただけ。前のモニターが壊れた時、テレビにつなぐためにパソコン本体を動かした。本体を動かすと、ISD...

続きを読む

404日目 - 抱きしめて

今日の屋久島は、寒い。今年になって一、二番の寒さだろうか。相変わらず風も強いが、波は昨日ほどではない。フェリーは条件つきで出航したらしい。波が荒ければ途中で引き返すかもしれない。鹿児島-屋久島の飛行機は、年中、条件つきで飛んでいる。離島の場合、手紙や宅配便も何日かかるかわからない。陸続きではないので、確たる保証はない。自然に囲まれていると、そういう不便もある。子供時代に満たされなかったもの。それが...

続きを読む

403日目 - 純粋意識

今日の屋久島は、久しぶりに寒い。と言っても、室温は13度くらいはある。ここのところ連日、風が強い。そのため、今日もフェリーが欠航になった。一昨日も欠航した。冬は海が荒れる。人の意識の流れを、もう一度見つめ直してみたい。学問的なものではなく、主観的でアバウトなものだ。概念的になりやすいので、事実のみを見てほしい。[0] 純粋意識まだ肉体に受肉する前の意識状態。厳密に言うと、既に魂意識や過去世の意識の影...

続きを読む

402日目 - 全体主義

今日の屋久島は、青空が広がっている。朝、湧き水を汲みに行ったら、ぜんぜん寒くなかった。冬が終わって、早春という感じだった。まるで少女のような初々(ういうい)しさがあった。今日もまた、えっちゃんに登場してもらおう。一般人代表のえっちゃん大活躍!「全体の落とし穴」というコメントが昨夜、書き込まれていた。「根本的に違うのですが、単に言葉だけを追いかけていけば、全体と個人というのは、過去、抹殺された個人、全...

続きを読む

401日目 - 共食い

今日の屋久島は、強風が吹いている。しかし、南風なので、そんなに寒くはない。春二番?12月が寒かったので、もう真冬が終わって春を待っている気分。刻々と春が近づいている感じ・・・肉体は個別化している。本能も個別に付いている。だから争いが絶えない?とも、限らない。動物たちも個別化している。個々に本能が付与されている。しかし、彼等は共食いはしない。個体密度が濃くなると弱いものを食べることもあるらしいが、種...

続きを読む

400日目 - 思考のホームワーク [2]

「思考のホームワーク[1]」の続きつぎは、せきせきさんですね。「イマジネーション思考が、何故人類破滅になるか私の右脳派コメントを読めば解かる(笑)思い込みの中で、イマジネーションしても、「今の事実」が見えない。でも体験した恐怖だけは積み重ねられ、知らずに人を巻き込み、破滅の渦を作っていく。論理的思考は何故破滅に導くのだろう?数字と数字の間に感情はなく、作られた物にも自我がない。数字や出来事のデータ分...

続きを読む

400日目 - 思考のホームワーク [1]

ホームワークの回答を一人一人提出順に見ていきましょう。最初は、Suppleさんですね。「ホームワークを記載します。初めて出します。自分は論理的な思考をしているか、それとも非論理的か。ただイマジネーションの中で遊んでいるだけか、それとも事実に基づいた思考をしているか。⇒自分の思考はケースバイケースな気がしますが、論理的な思考が強いですね。自分にかかわる過去のことや現状説明の際は論理的な思考をつかっている。...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。