記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

545日目 - 3泊4日の旅-3

3泊4日の旅-2の続き朝5時にホテルへ迎えに行く。こちらのお客さん以外にも、4~5人がロビーにいた。今日の屋久島地方には、大雨・洪水・雷注意報が出ている。他のお客さんたちは、ガイドを中心に行くかどうか検討中だった。こちらも迷いながらホテルに着いた。しかし、二人は行く気満々。もう一度、天気予報を確認する。明日も同じような天気ということで、今日決行することに。6時頃に縄文杉の登山口に着く。いつもより車の...

続きを読む

544日目 - 3泊4日の旅-2

3泊4日の旅-1の続き朝、虹が出た。大きな虹が一時間以上断続的に出ていた。何枚も写真を撮る。パソコンで拡大してみると、二重の虹になっていた。(この虹は、6月30日の 「いのちの島=屋久島」 に掲載されています)9時にホテルに迎えに行く。彼女たちも虹を見たとのこと。屋久島で虹が見れる人はラッキー!特に最近はあまり出ていないので、超ラッキーかも。昨夜は満天の星も見れたらしい。それだけでなく、流れ星まで・・...

続きを読む

543日目 - 3泊4日の旅-1

今日から、屋久島3泊4日の旅を連載します。参加したのは、20代後半の女性二人。一人は昨年の7月にも屋久島へ来ており、2回目の屋久島。もう一人は初めての屋久島。朝11時に屋久島空港着。以前にも会っているので、顔を見るなり手を振ってくれた。こちらも手を振る。天気は最高。青空が広がり、山々の緑も美しい。車から見える海の美しさに、二人は歓声を上げる。今回は最初に益救(やく)神社に行きたいとのメールが届いてお...

続きを読む

542日目 - 感情の源-4

「542日目 - 感情の源-3」の続き次は、kuririnnさんですね。【遅れてすみません・・初めて参加させていただきます。よろしくお願いします。私は、相手に嘘をつかれる或は相手の態度言ってる事が嘘だと感じる時。又自分の事を疑われたり何かしら決め付けられたように感じる時・・とてもイライラして悔しくて、怒りや悲しみの感情が込み上げてくる。嘘を相手に追及しても嘘に嘘を重ねて、真実は闇の中真実なんて何なのか分からな...

続きを読む

542日目 - 感情の源-3

「541日目 - 感情の源-2」の続き次は、ぴあのさんですね。【先日、私的なことでモヤモヤイライラした出来事がありました。「信じられない! 私なら ”絶対” こうするけどなあ。 それが ”常識” だと思うけど・・・」と、憤慨する私。その私に即、もう一人の私が 「まあまあ、人の考え方なんてそれぞれ。十人十色でしょ?他の人には常識じゃなかったのよ」「でもねえ~~ 情っていうものがあるでしょう?」「だから その...

続きを読む

541日目 - 感情の源-2

「感情の源-1」の続き次は、Y@soleilさんですね。【恐れを伴うもの、それに対して、即座の感情の反応があるように感じました。それは、過去の未消化の記憶の無意識の反応もあります。緊急の要件があり、慌てて、上司に午後からの休みの依頼をする。でもひそかに、その日の仕事内容は余裕があることを知ったいたため、大丈夫だろうと思っての依頼だった。普通だったら調整可能の内容と思い込んでいたら、上司の返答はそうではなかっ...

続きを読む

541日目 - 感情の源-1

屋久島は完全に梅雨が明けたようだ。朝から青空。しかも、朝の6時で気温は25度を超えている。昨夜も天の川がきれいだった。今日から仕事が6日間続く。そのうちの一日は縄文杉。さて、今回は膝は大丈夫だろうか。行ってみないとわからない・・・ホームワークを見ることにしよう。今回のテーマは次のようなものだった。【自分の中の感情に注意して、感情の源を探ってください。出て来た感情は、どんな思い込みに由来するものでし...

続きを読む

540日目 - 落雷

屋久島は、もう梅雨が明けたのだろうか。昨夜も星がきれいに出ていた。朝は、夏の朝という感じだった。この時期は5時頃には明るくなるので、起きるのも自然に早くなる。朝はさわやか。気分爽快。ところが・・・今日に限って、朝から肉体労働。なんと集落の草刈り。仕事で不在なら出なくてもいいのだが、家にいるのに出ない訳にもいかない。8時頃から10時半頃まで、炎天下の中、草刈り十字軍をやった。暑いのなんのって・・・8...

続きを読む

539日目 - 自然

今日の屋久島は、不思議な天気になっている。雨が降ったかと思うと、陽射しが現れる。その繰り返し。朝、水を汲みに行く。雨が降った後に陽射しがあるというのは、写真撮影にとっては最高の条件。しかも、朝。花々が生気に満ちている時。しっかりカメラを持参する。昨日も散歩した時に写真を撮ったが、お昼頃だったので花々はいまいちだった。その花たちに、もう一度チャレンジする。今日は雨の雫が残っていて美しかった。遠回りを...

続きを読む

538日目 - 黒トンボ

屋久島は、また今日から梅雨に逆戻りという感じ。朝から少し雨が降った。でも、今は曇っている。一昨日から散歩を始めた。どうも今年は足腰が弱っているようだ。ガイドなんでしょう?そうなのだが・・・暇なガイドは、毎日自然の中へ行く訳ではない。自宅にいると、ほとんどパソコンの前にいるか、テレビで映画を見ている。買い物に行くのは車。ほとんど歩くことがない。特に今年は日記を毎日書くと決めているので、パソコンの前に...

続きを読む

537日目 - バカにされ・・・

屋久島は、ここのところ梅雨が明けたような天気が続いている。もう真夏?という感じだが、また明日ぐらいから梅雨に戻るらしい。既に奄美大島までは梅雨が明けた。屋久島の梅雨明けも、もうすぐだろう。誰かが自分をバカにする。直接言葉に出される場合もあれば、態度で示される場合もある。その時・・・自動的に自分の中から反応が出てくるだろうか。それとも、冷静でいられるだろうか。そもそも、本当にバカにされたのだろうか。...

続きを読む

536日目 - 区別と差別-2

「535日目 - 区別と差別-1」の続き次は、たろうくんですね。【『区別と差別は何が違うのだろうか。』 区別は、物質世界で生きるなかで五感を通して見分ける手段の一つ。 差別は、見分けることに感情や思い込み・自我など良い悪いといった判断が伴っている。『何が差別を生み出しているのだろうか。』 自分の存在を守ろうとする自我の意識や優越感。 『自分の中にどんな差別があるだろうか。』 一番身近で感じた差別ですが...

続きを読む

535日目 - 区別と差別-1

ホームワークを見ることにしよう。今回のテーマは次のようなものだった。【区別と差別は何が違うのだろうか。 何が差別を生み出しているのだろうか。 自分の中にどんな差別があるだろうか。】最初は、あとりさんですね。【差別の心が生まれるもとは、自分のこだわり。自分が認めないと判断した時に差別を作り出している。欲求不満が作り出す思い込み。思いこみにひっかかった相手との違いが許せなくなる。相手と競争、自分のために...

続きを読む

534日目 - 流れと共に創造

屋久島は穏やかに晴れている。庭のオニユリがオレンジ色の蕾を膨(ふく)らませている。先日来の雨で汚れたカッパを洗濯する。ゴアテックス製だが、かなり防水機能が低下している。長い時間雨に当たると、下まで雨が滲みてくる。これではカッパとは言えない。屋久島では一年中カッパが欠かせない。山で寒くなった時にも役に立つ。買った値段の何倍も働いている。そろそろ三代目を買う必要がありそうだ。新月は、光のない闇。すべてが...

続きを読む

533日目 - 梅雨の屋久島

夜から早朝にかけて大雨が降った。しかし、朝には小雨になった。ホテルに着いた頃には、ほとんど止んでいた。今日は屋久島一周。最初に平内海中温泉へ行って、足湯。ちょうど海水が温泉に入り始めたところで、滑り込みセーフ。温泉は熱かった。湯泊の海浜温泉へ向かう。奥の海際の温泉が空いていたので、夫婦で入ってもらう。その間、こちらは写真を撮ったり、別の露天風呂で足湯をしたり・・・温泉から上がってくると、「お肌がス...

続きを読む

532日目 - 区別と差別

朝からかなりの雨が降っていたので、白谷雲水峡ではなくてヤクスギランドへ向かう。この雨では、もののけ姫の森まで行くことはできない。途中の沢が増水していて渡れないだろう。しかし、ヤクスギランドには沢渡りはないので、森の中を歩くことができる。山は予想以上に雨が降っていた。道路の脇に、たくさんの臨時の滝ができている。ヤクスギランドの中を流れる川も、これまでに見たことがないような濁流。もうほとんど洪水に近い...

続きを読む

531日目 - 指しゃぶり

朝、9時半に、いわさきホテルに迎えに行く。今日のお客さんは、若い夫婦。20代前半に見えたが、それほどでもなかった。まだ結婚して1年も経っていないとのこと。白谷雲水峡の駐車場へ着いた時は、まだカッパはいらなかった。しかし、木霊の森まで歩いている間に雨が降り出した。お昼寝用のマットは、カッパを着るための応急テントに早変わり。雨のせいか霧のせいか、写真を撮るたびに木霊の映像が・・・今日はこちらのカメラに...

続きを読む

530日目 - 敗者のいないゲーム-3

「敗者のいないゲーム-2」の続き最後は、ぴあのさんですね。【敗者がいないゲームとは、どんなゲームだろうか。みんなが勝者になれる人生ゲームはあるのだろうか。ワークの質問に 人生ゲーム と書かれてありました。それで、このホームワークがスポーツというゲームに関して出されたものなのか人生ということに焦点をおいて出されたものなのかが わかりませんでした。スポーツということにおいてであれば、先日コメント欄で書か...

続きを読む

530日目 - 敗者のいないゲーム-2

「敗者のいないゲーム-1」の続き次は、昇華555さんですね。【ホームワークは、今の私にとって、とても難しいです。。勝ち負け~と言うよりは、自分の心の中に「何か」を見据える事がままならない今。。。考える、思う、。。。そういった行為そのものに、欠落しています~(TOT) でも、自分の内面に一度置いて、それをしっかり自分の中に取り込んでいかないと、いつまでたっても自分の内面からの答えが出ないのだ!! そうなん...

続きを読む

530日目 - 敗者のいないゲーム-1

今日の屋久島は、嵐。昨夜から激しい雨と風が吹き荒れている。飛行機の音は聞こえない。これでは船も欠航だろうか。ホームワークを見ることにしよう。テーマは次のようなものだった。【敗者がいないゲームとは、どんなゲームだろうか。 みんなが勝者になれる人生ゲームはあるのだろうか。】ホームワークは、正解・不正解がある訳ではありません。いかに深く自分を見つめられるか。ただそれだけです。ホームワークを活かして自分に...

続きを読む

529日目 - 才能

今日の屋久島は、曇。時々、雨が降っている。朝、名刺を頼んでいた人が取りに来た。これから友人の結婚式で東京へ行くとのこと。そこで配るらしい。出来栄えは?予想以上で、大喜び!表も裏もバッチリ!本人の写真もかわいく撮れている。レイアウト、文字の配色、すべて最高!なにしろ、昨日、作るのに5時間以上かかったのだから。名刺の仲介をした知り合いも大喜び。誰が見ても、すばらしい!特に裏側に彼女たちのロゴマークを入...

続きを読む

528日目 - 勝負

今日の屋久島は、さわやかに晴れ上がっている。しかし、陽射しは強い。もうほとんど真夏の陽射し。サッカーのワールドカップで世界中が興奮状態。昨夜は日本が登場したが、負けてしまった。日本のファンは、さぞガッカリしたことだろう。しかし、オーストラリアではお祭り騒ぎ。落胆する人々と狂喜乱舞する人々。勝負とはそういうもの。ゲームと割り切って見れば、それでもいいのかもしれない。しかし、興奮のあまり死傷するサポー...

続きを読む

527日目 - 出会い

今日は木霊の森へ行った。天気は曇。最後の方になって、雨が降り出した。今日のお客さんは、女性一人。東京から来たとのこと。出身は熊本。ガイドと同じパターン。木霊の写真を撮りたそうだったが、最初はなかなか写ってくれなかった。最後の滝のところで、たくさんの木霊が写った。大きな木霊、強烈に光っている木霊・・・お客さんは大喜び!こちらのカメラには、まったく写ってくれない。それほど写したいという気持もないので、...

続きを読む

526日目 - 鈍行と超特急-2

「鈍行と超特急-1」の続き次は、keiusakichiさんですね。【1言うと、10ワカルという事がありますが・・・1つの現象が起ると、スピリチュアル的に捉えられないと、偶然だとか・・・何故自分だけ?(ムカつく)自分以外の周りがワルイとか・・・。自分を蚊帳の外に置き、現象を捉え・・・外からナンヤカンヤと批判する。コレをしているかぎり、手を変え品を変え、同じような現象に悩まされることになる。痛い目に何度もあいなが...

続きを読む

526日目 - 鈍行と超特急-1

今日の屋久島は、曇。雨の心配はなさそう。ホームワークを見ることにしよう。課題は次のようなものだった。【スピリチュアルな世界において、鈍行とはどういうことだろうか。 スピリチュアルな世界において、超特急とはどういうことだろうか。光の国へ向かう電車。あなたはどちらに乗車したいだろうか。その希望も含めて回答してほしい。】今回は、それぞれの回答が正解。どれも間違いではない。それぞれの捉え方だから、模範解答...

続きを読む

525日目 - 事実ベース

今日は雨になった。昨日の感じでは晴れそうな気がしたのだが・・・里ではオレンジ色のオニユリが咲き始めた。白いテッポウユリは既に終わり、紫のアジサイが盛りを迎えている。一年中花が絶えない屋久島だが、花の移り変わりは早い。朝、起きると、左膝が言うことを聞かない。曲げると痛い。真っ直ぐにしていれば痛みはない。しかし、歩くと痛む。杖がほしいくらい。右膝は、疲れているけれども、それほどでもない。これでは、どう...

続きを読む

524日目 - 縄文杉へ

朝4時に起きる。5時に民宿へ迎えに行く。今日は久しぶりの縄文杉。1年半ぶりぐらいだろうか。お客さんは、昨日の最終便でなんとか屋久島へ来ることができた。50代と60代の男性二人。50代の方は、あまり歩いていないらしい。60代の方は、毎朝散歩しているとか。天気は、曇。山に近づくにつれて小雨が降り出した。駐車場に着くと、既にかなりの人が来ていた。でも、それほど混んでいるという感じでもない。なにしろ梅雨時...

続きを読む

523日目 - 人類意識の変容

今日の屋久島は、大風が吹いている。そして、激しい雨も降っている。ほとんど嵐に近い。明日は晴れるらしい。予定では縄文杉に行くことになっている。しかし・・・そのお客さんは、今日、屋久島に着くはず。飛行機が着陸するだろうか・・・この日記の校正をしていたら、電話がかかってきた。「11時に屋久島着の飛行機が、着陸できずに鹿児島空港に引き返してしまった。高速船も全便欠航。最終便まで空席待ちをするけれども・・・...

続きを読む

522日目 - 自信と自己信頼-2

「自信と自己信頼-1」の続きつぎは、Y@soleilさんですね。【自信とはなに? 自信とはどこから来るの?改めて見つめてみると、毎度のことながら、自信がなんだか解らないで生きてきたようです。自信といってもとても揺らぐし、不安と自信と行ったり来たり。それは条件次第で形を変えてしまう不確かなものであるように思います。目的と結果に左右されるものでもあるし、行為に依存するものでもあったりします。でも、それがある日出...

続きを読む

522日目 - 自信と自己信頼-1

今日の屋久島は、穏やかに晴れている。かなり気温が上がっていて、室内でも30度近くある。ホームワークを見ることにしよう。今回のテーマは、次のようなものだった。【自己信頼と自信とは、少し違う。何が違うのだろうか。これはホームワークにしよう。自己信頼とは何かをしっかり理解するのにいい機会だろう。言葉の定義の違いということではなく、もっと本質的に見つめてほしい。自信という言葉は一般的。でも、自己信頼という...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。