記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

1368日目 - 色即是空・空即是色

『空という 母から色は 生まれ出る 色の表れ 空の現れ』『色という 形をとって 表れる 色の姿は 空の現れ』『色もなし 空もまたなし 色と空 ひとつのものの 形の変化』『目の前の 色もなければ 空もなし ひとつのいのち 生きて在るのみ』これが日記を書き始めて1368日目の心境。...

続きを読む

1367日目 - たゆとう意識

宇宙は、しなやか。元の元は、超しなやか。まるで、綿毛のよう?いや、水のよう?いやいや、空気のようなものかもしれない。もしかしたら、真空みたい?いずれにしても、超超しなやか。形がないほど無限にしなやか。その元の元から、徐々にしなやかさが落ちていく。波動が遅くなる。その究極が、鉱物?それは、固定した波動で振動している。植物は、鉱物よりも少ししなやか。動物は、更にしなやか。意識は、肉体よりも格段にしなや...

続きを読む

1363日目 - 愛

『料理とは 愛情込めて 作るもの 美味しいものを 食べさせようと』『何事も 一つ一つに 愛込めて やれば味わい 心に沁みる』『何もない ただ愛がある あたたかさ 冬の陽だまり 母のぬくもり』これが日記を書き始めて1363日目の心境。...

続きを読む

1361日目 - 楽しみ抜いて すべて手放す

『十分に 堪能すれば 手放せる 楽しみ抜いて 後は手放す』『味わって 味わい抜いて 楽しんで 楽しみ抜いて すべて手放す』『いつまでも 持っていたいと 思う時 苦しみという 摩擦生じる』『人の世は 波打ち際の 砂遊び 望む現実 創り楽しむ』『創り出す そばから消える 砂遊び 創り出したら すぐに手放す』『手放さず 持っていようと 望む時 楽しみ変じ 苦しみとなる』『古いもの 壊さなければ 新しい ものはできない 常に創造』『...

続きを読む

1359日目 - 台風一過

朝9時に宿へ迎えに行く。すると・・・見たことのある人が。確か、水晶を浄化する川で二度ほど会ったことがある。なんとその人が、この宿のオーナーだった。アルピニストで、ピッケルを集めるのが趣味。ロッククライミングが専門。やさしそうな人なのに・・・ここは、素泊まりの宿。ところが、お客さんに聞くと・・・夕食も出してくれたとのこと。その料金が、なんと50円。御飯とおかずが一品。それに屋久島名産の焼酎「三岳」が一升瓶...

続きを読む

1357日目 - 人はなぜ生まれてくるのですか(2)

「人はなぜ生まれてくるのですか(1)」の続き人の元の元を辿れば、光です。光の元は、ひとつ。すべてのすべてです。人は、宇宙そのものです。その全体である人が、なぜ個別化し、人として生きているのでしょうか。それは、宇宙はどうして存在するのかという問いに行き着きます。なぜ宇宙は、存在するのでしょうか。なぜ神は、宇宙を創造したのでしょうか。なぜ唯一絶対の神は、多くの分身を創ったのでしょうか。なぜ、この争いに...

続きを読む

1356日目 - 人はなぜ生まれてくるのですか(1)

コメント欄に、次のような書き込みがありました。「日記を拝見すると、ほっとした気持ちになります。判断せず見守ることを教えてもらってから、いかに自分が良いとか悪いとか判断してばかりで、反応に振り回されてばかりだったか気づけました。まだまだ、実践できていないことも多い(実際に日常でピンチになると見守っていられない)ですが、気づけたことでまずは自分なりに少し成長できた思っています。いまさらですが、根本的な...

続きを読む

1353日目 - あとりの森 - パート2(3)

「あとりの森 - パート2(2)」の続き[四日目]10時に宿へ迎えに行く。今日は、二人とも元気そう。珍しく外で待っていた。昨日の森歩きが効いたようだ。本人たちの話によると、最後の巨杉からパワーをもらったとのこと。やはり、あの屋久杉はすばらしい。本当にパワフル。そして、癒しのエネルギーに満ちている。あとりさんが前回来た時は、真冬だった。今とは、ほぼ逆の季節。その時も超ゆったりペースだったが、屋久島の森で深...

続きを読む

1352日目 - あとりの森 - パート2(2)

「あとりの森 - パート2(1)」の続き[二日目]10時に宿に迎えに行く。普通は9時頃に迎えに行くのだが、ゆっくりしたいとのことで10時に設定してあった。しかし・・・あとりさんは、体調不良で起きれない。お姉さんだけでも出かけようかということになり、しばらく待ってみる。しかし、体調の悪いあとリさんを置いていくのも・・・ということで、出かけるのは見合わせることに。明日に延期することにして、そのまま帰宅する。[...

続きを読む

1351日目 - あとりの森 - パート2(1)

[初日]9月10日に、あとリさんは屋久島に到着。高速船ロケットから出てきた姿は・・・いかにも疲れ果てたという感じ。キャリーバックを引くのさえ辛そう。吐き気がするとのことで、そのままトイレへ。長ーいこと出て来なかった。出て来た時も、顔色は真っ青。やっと生きている感じ。前回屋久島に来た時より、明らかに体調は悪そう。さてさて、どうしたものか・・・これではどこへも行けないので、まずは休憩してもらうことに。屋...

続きを読む

1350日目 - 見守りながら

『咲く花も 散る花もある 人の世は 流れと共に 変化楽しむ』『執着を すれば苦しみ 沸いてくる 流れと共に 生きるしかない』『いつまでも あの快感に 浸りたい それが執着 未練というもの』『よろこびは 感謝と共に 終わらせる 引きずる時に 苦しみとなる』『のめり込む だけでは苦しい 生となる 少し離れて 見守る必要』『躍動と 見守り共に ある時に バランスとれた 人生となる』『動と静 共に必要 人の世は 見守りながら 現実創...

続きを読む

1349日目 - 躍動宇宙

『創造の 宇宙はいのち 躍動の 動きが宇宙 生きて在るもの』『渦巻きの 星雲こそが いのちなり 絶えざる変化 躍動宇宙』『動きこそ 創造宇宙の 原理なり 常に変化し 形を変える』『色という 世界は動の 組み合わせ 宇宙は変化 動体宇宙』『空という 無限のなかに 包まれて 色は飛び跳ね 宇宙を創る』『渦巻きの 宇宙はいのち 躍動と 静寂常に 繰り返しつつ』『人もまた 宇宙のいのち 躍動と 静寂常に 繰り返している』『人こそは ...

続きを読む

1348日目 - 自己認識

コメント欄に次のような質問がありました。「自分認識を何を通して出来るのか分かりません。瞑想している時に答えがでるのでしょうか。よかったら、教えて下さい。」自分を認識するのは・・・瞑想を通してではありません。ありのままの自分を認識できるのは、日常生活を通してです。普段の人間関係のなかに、ありのままの自分が出ます。人は、神の子?人の本質は、魂?自分は、光?では、日常は・・・日々、神の子のように生きてい...

続きを読む

1347日目 - 刷り込み&条件づけ

先日、次のようなコメントがありました。「kimiさん、いつも日記、読ませていただいています。ありがとうございます。kimiさんの日記を読み始めてから、いろいろな事が楽になりました。見守ること-自分の心の状態を、良くも悪くも、ただ見守ること-静寂に身を置く事、感情に取り込まれない事-そしてそれを手放す事。これまで多くの事を学ばせていただきました。それにより、何が自分にとって本当に必要なのか、依存なのか、自分...

続きを読む

1346日目 - 肉体

『精神の ケアーと共に 肉体の ケアーも必要 両方大事』『肉体の ケアーなしでは 肉体は どんどん老化 してゆくばかり』『世の中の 多くの人は 肉体に 翻弄されて 生きる人生』『肉体に 翻弄されず 無視もせず 性質理解し 共に生きゆく』『肉体は この人生の パートナー きちんとケアーし いつも健やか』『しっかりと ケアーしないと 心身は ボロボロになる 老化していく』『様々な 媒体通じ いろいろの 花を咲かせる 現象世界』『...

続きを読む

1345日目 - 今ここで

すばらしい文章を読む。すばらしい話を聞く。いつの日か自分もそうなりたいと思う。なれたらいいな・・・しかし、いつの日かは、永遠にやって来ない。なぜなら、常にいつの日かだから。どこまでいっても、いつの日か・・・まるで自分の尻尾を追いかけまわしている犬。自分のなりたい姿をいつの日かに設定すれば、いつまで経っても実現しない。なぜなら、今ここが欠落しているから。今ここにいないから。常に意識は遠い未来にあるか...

続きを読む

1344日目 - 愛の海

『何とでも 自己同一化 することで いろんなことを 体験できる』『肉体を 自分と思い 財産を 自分のものと 思い込む人』『肉体や 感覚・感情 思考とも 自己同一化し 体験する人』『肉体と 自己同一化 することで 枠に縛られ 狭い人生』『特定し 自己同一化し 思い込む 自分は何か 固定したがる』『固定させ 安定したい 気持ちから 何かにすがり 自己同一化』『オーロラの ゆらぐ姿に 固定なし いのちは変化 宇宙も変化』『人間の ...

続きを読む

1343日目 - 宇宙

『漆黒(しっこく)の 闇のなかから 一点の 光現れ 宇宙始まる』『一点の 光無数に 分裂し 森羅万象 色彩世界』『光こそ 色の源 光から 森羅万象 できあがっている』『刻々に 変わる姿は 相対の 現象宇宙 変わらざるなし』『集中し また分散し 変化する 光のドラマ 宇宙のドラマ』『夕陽見る 心はいつも 涙ぐむ 宇宙のドラマ 目の前にして』『オーロラの 如く宇宙は 生きている 宇宙はひとつの 生きて在るもの』これが日記を書き始め...

続きを読む

1342日目 - 霊性に

『光あり 光があって 現象の 宇宙がここに 存在している』『光こそ 現象の元 この世とは 光によって できているとこ』『光見て 光と共に 生きる時 光に満ちた 一生となる』『光見て 生きる人生 影を見て 生きる人生 その人しだい』『人の世の 心の影は 思い込み 思い込む時 苦悩生まれる』『身を守る ためにあれこれ 考えて 考え過ぎて 道を誤る』『思い込む 人の心が 影つくる 影は幻 叡智の欠如』『人生を 深く見つめて 理解する...

続きを読む

1341日目 - 光一元

『漆黒の 闇から生まれし 一点の 光分かれて 七色となる』『限りなき 光分かれて 目の前の 現象宇宙 今ここにある』『光為す 世界と知らず 影を見る 光がすべて 影は幻』『真実を 知らぬが故に 影だけを 見て嘆くのが 悲しみの生』『影はない 光向く時 影はない 後ろ向く時 影が生まれる』『後ろ向く 時に生まれる 影こそは 自分の姿 心の投影』『過去思い 過去に囚われ 執着し 後ろ見る時 影が発生』『影だけを 見れば悲しみ 苦し...

続きを読む

1340日目 - 影

『光咲く 時に生まれる 影という 闇に埋もれて 苦しみ生ず』『ひとときの 影でしかない 苦しみは 後ろ向く時 存在するだけ』『光向き 生きれば光 見えるだけ 後ろ向くから 影が生まれる』『前向きに すべてとらえて 生きる時 影は見えない 苦しみもない』『影は過去 後ろ向く時 見えるもの 囚われる時 影があるだけ』『影だけを 見れば人生 暗くなる 過去に囚われ 闇の人生』『影はない 光当たれば 消えるもの 影は幻 思いの世界』...

続きを読む

1339日目 - 光と闇と色と空

『絶対の 闇のなかから 光出て 闇が生まれて 光り輝く』『光とは 色の源 色の元 光分かれて 世界始まる』『闇が空 光が色で ひとつから 光生まれて 闇も生まれる』『元々は 色もなければ 空もない 名前持たない ひとつあるのみ』『今もまた 色もなければ 空もない 名前持たない ひとつあるのみ』『色と見え 空と呼べども その実は 不離一体の ひとつそのもの』これが日記を書き始めて1339日目の心境。...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。