記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

1576日目 - 屋久杉の巨木と滝

朝9時に、お客さんをホテルに迎えに行く。そのまま巨木の森へ向かう。途中で紀元杉に寄る。観光バスでたくさんの人が来る杉と、観光客が行かない杉の違いを感じてもらうために。 駐車場に着くと、車で一杯だった。道路に止めて、歩く準備をする。気温が低い。海抜1350mは、寒いくらい。ゆっくり一本ずつ巨杉を見ていく。最初の杉から、お客さんは感動していた。東京に住んでいるので、かなり詰まっている感じ。仕事も、ものすごく...

続きを読む

1570日目 - 神の子・太陽

ここのところ、「全開」について書き続けている。全開を阻んでいるものは、恐怖。恐怖は、本能に基づくもの。身を守るために必要なもの。ほとんどの人は、自己保存と恐怖に基づいて生きている。いずれも本能に源を発するもの。それだけに根深いものがある。それは、動物と異ならない。しかし、人間の場合は、これに思考が絡んでくる。思考によって本能は増幅される。自己保存も恐怖も際限なく拡大していく。どこまで行っても終わる...

続きを読む

1569日目 - 恐怖を超える道 

コメント欄に次のような書き込みがありました。『わたしは足がすくんで立っていられない程のトラウマは存在すると思います。それでも小さな出会いに笑顔で返す小さな努力を続けたいと思います。大好きな人に真っ向から拒否されたら、「もしかしたら次も拒否されてしまう」のではないかしら。。。と身構えてしまいませんか。だったら黙っていよう。ただその場でニコニコしていようと。謙虚。。。弱気になることはそんなに罪なことな...

続きを読む

1568日目 - 活性化

自分自身を活性化させるには、自分からエネルギーを出すことだろうか。人は怒っている時、エネルギーを爆発させている。ある意味、元気でもある。本当に疲れていれば、怒る元気さえない。何かに夢中になっている時も、自分のなかからエネルギーがあふれている。恋でも仕事でも趣味でも・・・集中することによって、エネルギーがフォーカスされる。そういうことは、誰もがやっている。しかし、そういうことは反動がある。一生懸命応...

続きを読む

1566日目 - 転換

屋久島は、暖かい春の日が続いている。山の中腹には、落(おとす)の滝が白く輝いている。愛子岳の山頂も見えている。海も穏やか。この平和や景色とは裏腹に、世界各地では今なお紛争が絶えない。よくよく考えてみると、人類史はサバイバルの歴史とも言える。生き残るための争いの歴史。弱肉強食の世界。それが、まぎれもない事実ではないだろうか。今も世界各地で戦争が続いている。内戦も後を絶たない。紛争のない地域の方が少ない...

続きを読む

1565日目 - 羽を広げて

人が生まれる時は、産声を上げる。人が死ぬ時は、息を引き取る。つまり、人は生まれた時に息を吐き、死ぬ時に息を吸う。まず最初に為すべきことは、出すこと。手放せば、入ってくる。開放すれば、自然に入る。いつまでも古いものを持っていると、新しいものは入ってこない。要は、いかに手放すか・・・最初に手放すのは、不安。だから、入ってきたら手放そうと思う。しかし、それでは順序が逆。最初に手放せば、何もしなくても入っ...

続きを読む

1562日目 - 太陽

心身を全開にすれば、人は太陽になれる。全開になった心身から、太陽のように光があふれ出す。何も難しいことはない。ただ全開にすればいいだけ。全開にすれば、ハートから愛があふれる。全開にすれば、全身から光があふれる。全開にすれば、全身の毛穴から生気があふれる。全開にすれば、全身から宇宙のエネルギーがあふれる。ただ自分を全開にすればいいだけ。ところが・・・それができない。なぜ?全開を妨げているものは、恐怖...

続きを読む

1561日目 - 生き方の基本

今日の屋久島は、晴れている。しかし、雲も多い。山々は、頂上まで見えている。海は波もなく、鳥がその上を飛んでいる。青空は、果てしない。どこまで行っても、青空。飛行機に乗れば、どこまでも青い空を見ることができる。飛行機に乗らないでも、快晴であれば空はどこまでも青い。青空は、変わらない。ところが、その下にある雲は常に変化している。変化のスピードは、異なる。しかし、移り変わるのが雲の常態。青空をベースにす...

続きを読む

1560日目 - 青空

昨夜の満月は、澄み切っていた。何層ものオーラが美しかった。牡羊座の水晶祭りに出ている水晶たちは、全員月光浴。海と川で浄化され、更に月の光を浴び、一段と美しくなっている。体にシコリができると、ほぐすか休む必要がある。すぐにほぐせば、回復する。十分に休養を取れば、元に戻る。しかし、そのまま無理が続くと・・・シコリは、どんどん固くなっていく。それをほぐすのは、大変になる。体のシコリは、まだいい。自分で自...

続きを読む

1559日目 - 開放

四月になり、新入学や就職のシーズンを迎えている。巫女見習いも、四月から屋久島の病院で働き始めた。日勤3日、夜勤1日。週の半分ほど働いている。しかし、勤務時間は朝の7時から夕方の6時まで。一日11時間働いても、以前よりは遥かに楽と言う。医者というのは、よほど過酷な労働環境にあるらしい。働き始めると、いろんなことが起きてくる。働いて帰宅すると、頭がパンパンに緊張している。一日に何十人もの患者を診る。緊...

続きを読む

1558日目 - 循環社会

屋久島も本格的に暖かくなっている。朝、水晶の浄化に行く。明日から始まる牡羊座の水晶祭りに出るものたち。そして、新しく届いたものたち。川と海が合流する海岸には、誰もいなかった。帰りそびれた雁が一羽、岩の上に止まっていた。海水は、思ったよりも冷たかった。まだとても泳げるような状態ではなかった。川は、当然、海よりも冷たい。しかし、海で冷たさに慣れたので、さほど感じない。人の感覚は、相対的なもの。絶対感覚...

続きを読む

1553日目 - ありのまま

コメント欄に次のような書き込みがあった。「私が子供だったころ・・・というNHKの番組がある。なんと、あの陽気そうな宮本亜門さんも、高校生のころ、一年間も自分の部屋に引き篭っていたという。どこかみんなと違う・・・そういう自分だけど、学校でクラスメイト達に受け入れられるために自分を取り繕っていたという。そういうことに耐えられなくなって、登校拒否となり、自分の部屋に引き篭もってしまう。自分の部屋では、存分に自分...

続きを読む

1551日目 - 引き籠り

知り合いからメールが届いた。友人に引き籠りの子供がいるのだが、なんとかならないかという内容。引き籠りとは・・・部屋に引き籠っているだけではない。自分自身のなかに引き籠って出てこない状態。心の扉を閉ざし、心のなかに閉じ籠っている。もうこれ以上傷つきたくない。そっと一人にしておいてほしい。亀が手足を引っ込めた状態。甲羅のなかで小さく縮こまっている状態。神経はピリピリし、外側の刺激に敏感。自分を守ろうと必...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。