記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

1944日目 - シトリンカテドラル

 今日からゴールデンウイーク。屋久島は、晴れている。しかし、風があって気温は低め。それでも、さわやかな天気になっている。牡牛座の水晶祭りに際して、シトリンについて調べた。その後、実際のネット上の状況も調べてみた。どのようなシトリンが出ているか、価格はどうか。すると・・・小さなシトリンは、たくさんあった。みんな研磨されたもの。中には、アメジストを熱処理したものもあった。ポイント、クラスター共に処...

続きを読む

1943日目 - グランディング&スピリチュアル

 今日から「屋久島ナチュラルヒーリング」のHPでは、牡牛座の水晶祭りが始まっている。牡牛座的な水晶が、28組登場している。今回のテーマは、グランディング。では、グランディングとは・・・牡羊座で、いのちの種が落ちる。この世の生が始まる。赤ちゃんとして、新しい人生を始める。過去世を忘れ、新たな肉体と環境でスタートする。まず最初にすべきことは、何だろうか。それは、新しい環境になじむこと。生まれ出た地球...

続きを読む

1942日目 - 愛の結晶

 毎月の水晶祭りには、必ずと言っていいほどローズクオーツが顔を出す。今回の牡牛座の水晶祭りにも、5個登場している。なぜ毎回ローズクオーツがアップされるのだろうか。それには、訳がある。ローズクオーツは、愛の石。女性であれば、最低1個は持っていたいもの。ローズクオーツが身近にあるとないとでは、精神状態がまるで違う。そう思うので、ローズクオーツを毎回出している。透明感があって色の濃いローズクオーツは...

続きを読む

1939日目 - 真の豊かさ

 ここのところ水晶祭りの準備で、日記が書けなかった。今回は、牡牛座の水晶祭り。グランディング系の水晶たちが、28組登場する。その過程で、シトリンについて調べた。これまでもシトリンについて調べたことはある。しかし、今回は、もっと本格的に調べてみた。そこで発見したことがあった。それは・・・シトリンは、富貴の石と昔から言われている。富と繁栄をもたらすものであり、金運の石とも呼ばれる。シトリンは、太陽...

続きを読む

1935日目 - 色の世界は無限に豊か

 今朝は、早くからツバメが飛んでいた。たくさんのツバメが、楽しそうに鳴いている声が聞こえた。ツバメは、気持よく空を舞っていた。そのうちに雨が降り出した。やがて太陽が出た。気がつくと、山に虹が架かっていた。最初は薄かったが、徐々に濃くなった。色鮮やかな半円の虹が出現した。色の世界は、美しい。まさにカラフル。形も多様。質も異なる。次々に変化し、飽きることがない。花も鳥も木々も・・・四季折々に変化し...

続きを読む

1933日目 - 女神様からのメッセージ(2)

「1931日目 - 女神様からのメッセージ(1)」の続き前回のメールに対し、「天使の手が握れずに残念だったね」という返事を出しました。それに対して、次のようなメールが届きました。ものすごく手を伸ばしたかったのですが・・・ビジョンのなかにいる自分には、天使の手をとり、天使とひとつになっているビジョンが見えているのですが(わかりにくい表現ですみません)、どうして手を伸ばせなかったのか・・・それは、自分の...

続きを読む

1931日目 - 女神様からのメッセージ (1)

 牡羊座の水晶祭りでリクエストされた方から、メールが届きました。今回は、クラスターに載ったインカローズのペンダントトップが無事に到着したようです。最初に水晶祭りの写真を見た時、このインカローズを飾りにした冠を付けた女神様が現れたそうです。以下は、その女神様からのメッセージです。水晶を開封した日は、まだ少し頭が痛く、あまりクリアーではなかったのですが、気分は良く、また部屋のエネルギーも、静かで、...

続きを読む

1929日目 - 何もしない

 今日は、寒い。太陽は出ているが、風が冷たい。四月とは、とても思えない。冬に逆戻りしたような天気。風邪をひいたらどうするか。何もしない!ただ静かに休む。いのちに、すべて委ねる。何もしなければ、どうなるか。熱が出る。頭が痛くなる。節々も痛くなる。何もしないでひたすら休んでいると、どうなるか。体に溜まった老廃物が、熱によって融ける。それが、汗によって体外に排出される。頭の中に詰まっていたものは、頭...

続きを読む

1927日目 - 歓迎の紅

 今日は、朝から激しい雨が降っている。午後からは、雷も鳴り出した。一時、停電。これでは、山の方は沢が増水して、もののけ姫の森までも行けないだろう。昨日で、二泊三日の旅が終わった。お客さんは、天気に恵まれた。初日は、11時に屋久島空港に着いて、屋久島一周。観光客も少なく、じっくり屋久島を堪能できた。サンゴの海岸、大川の滝、西部林道、永田いなか浜・・・大川の滝では、ゆっくり滝のミストを浴びることが...

続きを読む

1925日目 - 人類の目指すべき方向

 昨日は、屋久島一周をした。観光客は少なく、貸切になるところが多かった。大川の滝も楠川温泉も貸切だった。新緑のなかを、ゆっくり屋久島を堪能できた。ここのところ、「何もしない」ということについて書いている。何もしないということは、空。何もしないで見守るということは、色ではなくて空。人類は・・・これまで、色の世界のみを生きてきた。つまり、何かをするということ。現実創造が、色。それが、個としての人類...

続きを読む

1923日目 - ヒーリング

 ヒーリングの際に大切なことは・・・力を抜くこと。逆に言うと、力を入れないこと。治してあげようと思わないこと。治してあげようと思うと、肩に力が入る。それでは、自我のヒーリングになってしまう。自我のヒーリングには、限界がある。体力勝負になってしまう。水は、高きから低きへ流れる。エネルギーも同じ。高いところから低いところへ流れる。元気の良い人から元気のない人に流れる。マッサージや整体治療をする人は...

続きを読む

1921日目 - きっかけ

 「1915日目 - 自意識の始まり」の日記について、次のような質問がありました。「いのちと意識は別なものなのでしょうか?根源では、ひとつなのでしょうか?今回の日記の趣旨に沿って便宜的に分けられている?なんか理屈っぽくてすみません。根源の無から気づきと創造性を担う意識が顕れる、その活動の場としていのちが顕れる…ということでしょうか?まあ、自ら覚りなさいと言われればそれまでなのですが」ひとつの...

続きを読む

1919日目 - 喜怒哀楽からの厭離

 今日は、4月4日。この日を「死・死の日」と読んで、忌み嫌う人もいる。逆に「良い良い日」と読んで、楽しむ人もいる。さてさて・・・「死・死の日」と読めば、今日一日が暗い日になってしまう。生きる気力さえ失せる。逆に「良い良い日」と読めば、今日一日が何か良いことがありそうな気分になる。同じ一日なのに、解釈によってまるで違ってくる。今日を「ヨヨイノヨイ」と気楽に捉えれば、お花見気分になれる。しかし、「...

続きを読む

1917日目 - 悪夢越え

 今日の日記は、悪夢にうなされている人へのメッセージ。最近は、悪夢を見る人が増えている。それは、別に悪いことではない。潜在意識が浄化されている証拠。大切なことは、悪夢を気にしないこと。むしろ、喜ぶ方がいいかもしれない。悪夢を見れば見るほど、潜在意識は浄化される。悪夢を見る自分を否定すると、せっかく悪夢を見たのが台無しになってしまう。悪夢は、潜在意識の浄化。先ずは、それを明確に自覚することだろう...

続きを読む

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。