記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1421日目 - スモーキーツインカテドラル

射手座の水晶祭りの水晶が届いた方からのメールを掲載します。
今回の水晶は、スモーキーツインカテドラルです。

「水晶達、無事、昨日受け取りました。
ありがとうございます。

カテドラル、届いて早速大好きです。
スモーキーなので、光源によって色味が変化するなぁ、と思っていたので、写真から想像を巡らしていたのですが、思っていたより軽くてやわらかな印象を受けました。
濃い~重い、どっしりと威厳のある感じの色合いではなくて、光に透かすと内部がキラキラとして軽快な煌めき。。。

もっと敷居が高いような感じなのかな。。。と思っていたのに、とってもフレンドリーなような。
ちょうど開けるときに、家で飼っている鳥が部屋まで、何してるのー?とやってきて、最初は紙の残った空箱に入って遊んでたんですけど、カテドラルを丁重に、ドキドキしながら開けて見ていたら、ちょーんと手にとまってこれ何?って具合にコツコツ。。。と。
なんか、そのほのぼのした光景に気が緩んでふわーっと仲良くなれたのかもしれないです。

(今回は身をキレイにしてからじゃないと開けれない!…と思って、届いてすぐじゃなくて、先にお風呂--禊ぎ--で気合いを入れてみたんですけど(笑) )

開ける前、届く前から背筋があつーく感じたり、頭がスッキリしてるなーと思っていたんですけど、水晶かな?
(時々そんな感じはあるので違うのかもです)

持ってみてから、いつも眠る時刻も過ぎていたので、そのままうとうとしていた時、
いろいろな景色…澄んだ山河や塔のような建物や、宇宙空間とか星雲?みたいな流れ…粒子の煌めきが交響曲みたいだなぁ…って感じながら、そこに住む住人、民族…というか、あぁ地球の人たちではないなぁ…と、不思議とそんなふうに感じながら。
雰囲気、波動っていうんでしょうか、それらが違っていて、もっと理知的なような穏やかさもあって。
もっと調和され、もっと賢く?自我・自我でお互い争っていないような感じというのか、そういった方達のイメージと、それから今度は、ふっと外側から見た地球・人類を客観的に見たような視点。

そこから地球を感じると とっても混沌としてネットリした赤と黒のスープのようでもあり、いろんなものが混じりあい、悲苦や物質に溺れるもの、、、そういった感じもあるけれど、誠実でなんとかしようとする者、そういった人達がどんどんと集っていく感じ・・・というのもまた印象として受けました。
そこからそれが強くなっていき、創り出すものがピカピカと広がっていくような。。。

子供の時から比べると、画一的(男だから女だから…etc...)でなく、選び取りたい生き方、付き合う人・グループ、そういったものがどんどんと、それぞれ望む方向へ進んでいくんだろうなぁ、なんて そんな風にも思ってました。
誰かがそうなり、またそれに惹かれる者が集まりやすく、濯がれて加速度がつくような。
そういった感覚を静かに静かに感じてました。
これは、水晶持ったからなのかなー??ですけど。

水晶さんの理知的だけれど、でもどこか暖かみのある感じ、賢くて穏やかで懐が広いなぁ、なんて感じさせていただいてます。
安心して、落ち着けます。
置いているだけでも、安堵感がありますね。
いてくださると、ふーっと人心地つける感じもあって。
改めて、石のエネルギーってすごいな、なんて思ってました。
まだ来たばっかりなので、ゆっくり大切にしていきますね。

kimiさんの所から来てくださる水晶は、賢人…のような、お坊さま?…上手なたとえが見つからないですが、静かな見守りのような…に心が静まります。
どこかみんなに共通して、そういった雰囲気を感じます。
(後略)」


カテドラルクオーツは、宇宙の叡智を象徴しています。
また、一つの水晶にもかかわらず多くのトップを持っているので、集合意識にもたとえられます。
グループソウルみたいな感じです。
魂の集団=霊団という感じでしょうか。

霊団となると、極めて巨大です。
魂の大集団ですから。
まるで星雲のような・・・
カテドラルクオーツというのは、巨大なキャパシティを持っているのです。

カテドラルクオーツは、グレートスピリット。
大いなるグレートクリスタルなのです。
そういうものを手にすると、宇宙的なビジョンが見えてもおかしくはありません。
お互いにリンクしているからです。

宇宙には、様々な星々があります。
数えきれないほどの次元もあります。
そこに存在するものは、ほとんど無限に近い数です。
存在の形態も異なります。

進化の度合いも、文明の程度も様々です。
そういうなかで、地球は?
まだまだ混迷の星でしょうか。
混沌としているのが、地球の現状でしょうか。

それは、人類の意識が混乱しているからでしょうか。
己の本質を忘れ、物質に埋没しているからでしょうか。
肉体と自己同一化し、霊の本質を忘却してしまったからでしょうか。
意識が物質化し、無限のしなやかさをなくしてしまったからでしょうか。

甦(よみがえ)れ、地球人!
という感じですね。
目覚めよ、地球の人々!
という感じでしょうか。

宇宙から見れば、まだまだ赤子のような地球人類。
でも、そろそろ目覚める時です。
お互いに殺し合っている場合ではありません。
本来の自分を取り戻す時なのですね。

メールでも書かれているように、希望の光はあります。
目覚めつつある人が増えています。
着実に意識は変化しています。
光へ向かって進んでいるのです。

カテドラルクオーツというのは、そういう宇宙的な視野を目覚めさせてくれます。
個人や魂を超えた視点。
大きな大きな視点です。
水晶は、すばらしいですね。

カテドラルクオーツは、クラスターと似ています。
どちらもたくさんのトップがあります。
しかし、クラスターの方は、個々のポイントが独立しています。
カテドラルの方は、全部が一体化しています。

クラスターには、母岩があります。
それは、まるで物質地球のようです。
クラスターは、物質次元に生きる霊性という感じでしょうか。
まるで肉体をまとって地上で生きる人類みたいです。

一方のカテドラルの方は、水晶質のみです。
純粋な霊性だけです。
まさにグループソウル。
魂の集団であり、霊団ですね。

物質次元で生きるものにとっては、グループソウルは遠い存在です。
多次元宇宙は、遥か彼方にあります。
それを繋いでくれるのが、カテドラルクオーツです。
宇宙的な水晶--それがカテドラルクオーツの本質です。

今回旅立ったような本格的なカテドラルクオーツは、あまりありません。
サイズも大きく、たくさんのトップを持つ立派なカテドラルでした。
これからも、また違ったカテドラルクオーツが水晶祭りに出てきます。
宇宙的な叡智を感じたい方は、リクエストされるといいでしょう。

静かに秋が深まり、冬が近づいています。
水晶たちは、いつも変わりなく存在しています。
静かに波動を発している感じです。
それぞれに個性があり、それぞれの宇宙とリンクしています。


『遥かなる 多次元宇宙と リンクして 深い叡智を 宿す水晶』


これが日記を書き始めて1421日目の心境です。


関連記事

コメント

宇宙の叡智

メールをされた方の感じられた世界を一緒に感じさせていただいていると、
私の意識がゆるやかに広がり、聡明さを伴った光に包まれ、私もその宇宙、
その星の世界にリンクさせていただいている、確かにそのような感覚を受けました。

素敵な、大聖堂のような風格と威厳を持ったカテドラルでしたものね。
そして、やさしくて、やわらかくて・・・
写真で、何度も感じさせていただきました。

水晶たち、それぞれが、それぞれの宇宙とリンクしているなんて、
それを感じられたら、どんなにすばらしいでしょう。

今縁あって私のところに来てくれている石たち、それらの石たちに繋がる
宇宙を感じてみます。
そう意識しはじめたとたん、何か石たちが発してきているような・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。