記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1437日目 - 今この瞬間の意識

冬になり、雨の多い日が続いている。
山は、見えたり見えなかったり。
海も、荒れている日が多い。
今日は、それほど寒くはない。

人は、過去ベースで生きている。
人は、ほとんど過去でできている。
今の姿は、過去の結果とも言える。
生まれ育った過去の結果として、今がある。

過去の成育歴を見れば、その人がわかる。
過去の経験や経歴を見れば、ある程度の推測はつく。
人の意識は、過去によって構成されている。
過去が、今を規定している。

人は、自分の過去を背負って生きている。
過去の結果と共に生きている。
良くも悪くも、人は過去の記憶によって成り立っている。
それ以外に構成要素はない。

今出てくる言葉も発想も、過去の結果。
過去のデーターバンクから飛び出してくる。
目の前の状況に過去が反応する。
あるいは、過去のデーターと照合すると言ってもいいかもしれない。

人は、過去ベースで生きている。
しかし、過去だけでは生きられない。
今の状況と過去とを照合しながら生きている。
常に今と過去を比較しながら生きている。

物事がゆっくりと流れていた時代は、過去の経験が役に立った。
しかし、激動の時代になると、過去の経験が役に立つとは限らない。
自分の経験で処理できる間はいい。
しかし、経験が役に立たなくなると、人は困惑する。

どうしていいかわからない。
何をやったらいいのか途方に暮れる。
行動の指針を失くす。
これまでは、過去の経験が行動の指針だった。

一昔前は、銀行が倒産するなど考えられなかった。
つい先頃までは、みんなが年金を信頼していた。
アメリカのビッグ3が経営危機に瀕すると予想した人が、10年前にいただろうか。
これほどまでに食品偽装が蔓延っていたと思っていた人が、どれほどいるだろうか。

これから更に想定外のことが起きてくる。
原因不明の病気が蔓延する可能性がある。
天候異変に伴う天変地異は、更に増加する。
テロや戦争も後を絶たず、難民は増え続ける。

過去の経験が役に立たない時代になろうとしている。
世界的な金融危機は、まだまだ続く。
最終的には、政府でさえ当てにできなくなるかもしれない。
これまでの権威が、次々と崩壊していく。

そういう時代にあって、どのように生きていくか。
過去が役に立たない時代に遭遇して、いかに生きるか。
もう過去ベースでは、生きられない。
過去ベースで生きていたら、時代に取り残されてしまう。

人は、過去が役に立たなくなったら、どのように生きるのだろうか。
過去のデーターが、みんなゴミとなったら・・・
何を拠り所として生きるのだろうか。
何か頼れるものはあるのだろうか。

『これからの時代はどうなるか』
『これからの生き方』
その手の本が売れているらしい。
時代が混迷すると、そのような本が売れるようになる。

これからの指針を求めて、多くの人が何かにすがる。
しかし、すがったものが正しいという保証はない。
先のことはわからない。
その時になってみなければ、本当のところはわからない。

では、どうやって日々を生きたらいいのだろうか。
最終的に頼れるものは?
それは、何だろう。
最後の最後に頼れるものは・・・

それは、自分の感性だろうか。
しかし、感性も過去の経験からできているのでは?
そうではないとは、言いきれない。
多分に過去の影響を受けている。

グライダーで飛ぶ時は、常に風の流れを気にしている必要がある。
常に注意深くないと、墜落してしまう。
海が荒れている時も同じ。
緊急事態が起きれば、万全の注意力で進むしかない。

慎重に見極める。
一歩一歩手探りで、確かめながら進む。
不注意に進めば、事故に繋がる。
注意力全開で進むしかない。

今この瞬間の意識は、過去とは関係がない。
次の瞬間、過去と照合する。
過去を参照し、発言し行動する。
しかし・・・

それが早過ぎると、思わぬ陥穽(かんせい)に陥る。
早とちりという落とし穴。
過去のデーターから類推すると、現実とのズレが生じる。
自分の思い込みが、いつも通用するとは限らない。

事実を深く確かめる必要がある。
しっかり見極める。
そうしないと、誤解してしまう。
誤解とは、思い込みの別名。

事実を正確に把握する。
正確さがないと、命取りになる。
緊急事態では、その危険性が高まる。
冷静に瞬時に事態を見極める必要がある。

全身の注意力を持って目の前の事態を直視する。
イージーでは、生き残れない。
真剣に注意して生きないと、間違いを犯す。
日々注意深く生きる必要がある。

時代の流れを見極める。
事態の推移を注意深く見守る。
見ること。
深く見極めること。

過去の経験が役に立たなくなった時に唯一頼れるものは、見ること。
見極めること。
その注意力。
その透徹な意識の力。

今この瞬間の意識。
その透明で透き通るような意識。
過去に影響されない純粋な意識。
その意識が、新しい時代を生きる意識。

それは・・・
日々、注意深く生きることから培われる。
今ここを真剣に生きることから育つ。
イージーに生きていたのでは、芽生えない。

真剣に、こまやかに、注意深く見つめる。
見極める。
見抜く。
深く深く見つめていく。

見るという意識は、光。
真剣に見れば見るほど、意識の光は強くなる。
意識が輝いていく。
静かに深く見極めていくことだろうか。

それが、過去が役に立たなくなる時代に唯一頼りになるもの。
頼りになるのは、経験でも本でもない。
まして、救世主であろうはずがない。
自分を救えるものは、自分以外にはいない。

人に救ってもらっても、本当に救われることはない。
ただの一時凌ぎ。
そんな生き方をしていたら、意識は鈍くなる一方。
自分の意識を研ぎ澄ますしかないのに・・・

自分の羅針盤を磨く。
人に頼るのをやめ、自分の注意力を研磨する。
透き通るような透明な意識にする。
過去の混じらないクリアーな意識にする。

それが、新しい時代を生き抜いていく意識となる。
もう過去の意識では対応できない。
過去の経験は、手放すしかない。
そんなものは、どんどん役に立たなくなっていく。

時代は、ますます進んでいる。
波動は、更に高くなる。
変化は、一段と加速する。
そんな時代に、過去はほとんど役に立たなくなる。

ただ、今の意識だけが、道を切り開く。
本に書かれてある一般論は、役に立たない。
刻々に変化する目の前の状況に間に合わない。
変化の激しい時代は、瞬間・瞬間の気づきが求められる。

マスコミも何の役にも立たない。
それは誰かが取捨選択した情報。
古い意識のマスコミ人を通ってきた情報。
過去に色濃く色づけされた情報。

表面だけの情報は、ほとんど何の貢献もしない。
ただ不安を煽(あお)り、動揺させるだけ。
世の混迷に拍車をかけるだけ。
そこには、真がない。

意識の表層で生きている人たちから発せられるものに、真は期待できない。
深く生きている人からしか、真実は流れてこない。
真の生き方は、真の生き方をしている人からしか流れ出さない。
それを受け止めるには、自分も真の生き方をする必要がある。

そろそろ表層の生き方をやめる時だろうか。
マスコミが煽ってきた表面的な生き方を見直す必要がある。
いつまでそんな生き方をしているのだろうか。
もう時代遅れの生き方しかマスコミは流せない。

根底に流れる真実は、マスコミから流れてくることはない。
それは、自分の深い意識で感じるしかない。
それには、自分を研ぎ澄ますしかない。
表層的な生き方をやめるしかない。

深く生きることだろうか。
真剣に生きることだろうか。
真実に生きることだろうか。
それのみが新しい時代に繋がる生き方となる。

表面的に世間的に生きても、さしたる意味はない。
人類の共同無意識に呑み込まれるのが関の山。
それでは、これまでのような浅はかな人類史を繰り返すだけ。
もうそれは終わる時を迎えている。

今この瞬間の意識を深めていくことだろうか。
過去ではなく、今の意識を。
この何もない透明な意識を深く感じることだろうか。
この無限に透き通る意識と共に生きることだろうか。

新しい時代は、新しい意識を必要とする。
過去に縛られた古い意識の出番はない。
幻想と思い込みに満ちた意識に居場所はない。
クリアーで透き通る意識だけが、次の時代を担っていける。

自分自身を見つめ、意識を研ぎ澄ますことだろうか。
よけいなものを削ぎ落とし、今ここを生きることだろうか。
いつまでも過去に拘泥しないで、何もない生き方を始めることだろうか。
色ではなく、空に軸足を置きかえることだろうか。

今この瞬間の意識は、空。
何もない空。
無限に広がる空。
どこまでも透き通る空。


『何もない この透き通る 今ここの 意識が次の 時代を開く』

『今ここを 見極め抜いて 今ここを 生き抜く道を 見い出していく』


これが日記を書き始めて1437日目の心境。
関連記事

コメント

注意深く見つめる

kimiさん いつも読ませていただくたび自分の陥っていることに気付かされています。
ありがとうございます。

この記事、読みながら声に出してしまいました。ノートに書き移させて頂きます。

う~~ん。。。。

過去は 役にたたない。。。
わかっているようでまだ、つい振り返って確認したり、手本を探す自分の姿がありますね。。
>過去の経験が役に立たなくなった時に唯一頼れるものは、見ること。
なんか こう、日々瞬間は 白刃の「真剣」勝負!たる澄んだ眼を、しんけんに養わなければいけないんだな。。という気が あらためてします。
勉強になりました。。。
ありがとうございます。

Re:1437日目 - 今この瞬間の意識(12/09)

まだ藍は。。何ものかに依存しようとしてしまう癖があります。。
自分自身ほど頼りない存在に感じられてしまいます。。
窮地に追い込まれたときに。。思わず、そんな弱い自分が出没します。。

真の自分に目覚めていないというか。。
自信が持てないというか。。

でも瞬間瞬間。。見つめることならできそうです。。
まずはそこから。。です。。

今ここの意識

今日、やっと読んだのですけど、この日記・・・
日記から発せられる、ストレートにくる光が、次の時代の意識に否応なく
引き上げてくれる、
・・・引き上げてくれるというのは、言葉が違うかしら、
う~んと・・・ (考え中)

自分のなかの真の意識にストレートに光が入ってくるというか・・・
・・・ああ、うまく説明できません。(滅)

とにかく、ものすごい光で目覚めを促すこの日記の言葉たち、
行間に込められたエネルギーに、半端ではない力強さを感じ、
有無を言わされる隙もなく、受け取らせていただきました。

ますます強くなる時代の光を感じ、それに伴うkimiさんの光の強さを感じ、
感応するこちらの意識の目覚めも、これまで以上の開花のスピードを
感じます。

時代が、そうならざるをえない意識をつくっているのも感慨深いです。
ここで、注意深く澄ませている意識、見極めの力、そしてすべてを
天から見通し包み込む見守りの目を、常に自分に浸透させているか
どうかで、光の道が見えるかどうかが、決まりますね。

光の道というのは、光の意識ですね。
これからは今まで以上に、全身全霊で、今ここ、今ここを生き切っていく
エネルギーが必要になってきますね。
気合、入れます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。