記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1443日目 - 2008~2009~2010

ここのところ、また寒くなっている。
寒くなると、ネコが家のなかに入りたがる。
家に入れると、寝てばかりいる。
そんなんで楽しいの?

今回の水晶祭りは、リクエストが少ない。
これまでで一番少ないのではないだろうか。
年末なので、みんな忙しいのだろうか。
もうしばらく様子を見ることにしよう。

こちらの2008年の水晶は、レムリアンシードとシトリンだった。
レムリアンシードは、高さが17cmぐらいの淡い肌色。
雷に当たったライトニング水晶。
上から下まで、ほぼ透き通っている。

大きな剥離跡があるのだが、これが不思議な形をしている。
まるで多次元への入口のような・・・
やさしくて、やわらかい。
美しい水晶。

シトリンの方は、色が濃い。
スモーキーシトリンと言った方が正確かもしれない。
高さが13cm、幅が7cmもある。
かなり大きい。

このシトリンの特徴は、透明感と照り。
最高の照りをしている。
このサイズで、この照りは貴重。
非常に美しい水晶。

今年は、とても安定していた。
意識が、思考を超えた次元にほぼ固定された。
多少のことでは動じない。
時として感情や思考も動くが、すぐに安定した状態に戻る。

安定した状態とは、クリアーで見守っている状態。
意識の中心は、ほぼ後頭部に固定されている。
顔の方に動くことは、あまりない。
全体を見渡している感じ。

今年は、この状態が確立した。
それには、この二つの水晶も寄与しているだろう。
両方とも、とても安定したエネルギー。
存在感があって、落ち着いている。

それだけでなく、透明でクリアーでもある。
まさに2008年にぴったしの水晶。
これらによって、ほぼパーフェクトに今年の目的を達成できたのではないだろうか。
別に意識していたわけではないが、結果的にそうなっている。

2009年の水晶も既に二本準備されている。
それらは、両方ともカテドラル。
一方は、21cmを超えて透明。
他方は、19cmの薄いスモーキー。

両方とも2008年の水晶とは対照的。
極めてスリム。
やさしいという感じではなく、厳しい。
安定ではなく、急激な変化をもたらす水晶。

2009年は、急(9)激な変化が起きるだろう。
変化に一段と加速度がつく。
激変と呼べるほどの変化になるに違いない。
もちろん、個人差はあるだろうが・・・

時代は、切迫してきている。
そんなに悠長にやっていられる時代ではない。
急激な変化が求められている。
社会も個人も。

2009年は、変化がますます加速する。
誰の目にも激変と写る。
世界が劇的に変わり始める。
時代の動きは、もう止めようがない。

実は、既に2010年の水晶も届いている。
それは、最後の秘境と言われたインドのラダックのヒマラヤ水晶。
ラダックの水晶は、あまり日本には入ってきていない。
ほんの数ヶ所のサイトでアップされただけ。

しかも、美しいものをアップしたサイトは、アッという間に完売になった。
何度か再入荷したが、そのつど飛ぶように売れてしまった。
2010年の水晶になったものは、そのなかでも最高のもの。
普通では、まずお目にかかれないレベルのもの。

高さは、13cmほど。
幅が6cm近くある。
かなり大きい。
それだけでなく・・・

最高の透明感を持っている。
照りも抜群。
その透明感の質は、もう言葉にできないほど。
レコードキーパーやトライゴーニックもたくさん付いている。

ガネーシュヒマールのヒマラヤ水晶は、峻厳という感じ。
父性の象徴。
しかし、ラダックのヒマラヤ水晶は、やさしい。
透き通るように透明であるにもかかわらず、母性的なエネルギーも秘めている。

大きく包み込むような包容力。
一方で、カテドラルにもなっている。
父性と母性の両方を併せ持つ水晶。
ほぼ完璧。

これが、こちらにとっては2010年の水晶。
それは、完成を意味している。
2010年には、今生で目指した地点まで到達する。
今生の目標の達成。

2010年は、ちょうど60歳。
十干十二支が一回りした還暦。
赤いチャンチャンコでも着て、お祝いするのだろうか。
人間卒業。

そこで死ぬことはないだろうが、普通の人間的な感性はなくなるだろう。
世俗完了。
2010年は、自分にとっては終わりの年。
ということは、別の何かの始まりの年。

それが何かは、まだわからない。
人間ではない何か。
人間を超えた何か。
これまでとはまったく違う生の有様(ありよう)。

2010年の水晶は、本当にすばらしい。
淡いピンクのやさしさとカテドラルの厳しさを併せ持っている。
上から下まで透明。
深い深い透明・・・

天にも通じ、しっかりとグランディングもしている。
もう言うことなし。
完璧!
完成!

水晶というのは、面白い。
今の自分に必要なものが、自然に集まる。
未来を見通してやって来る。
実にすばらしい!

もちろん、年の水晶だけが重要なわけではない。
他にもたくさんの水晶たちがサポートしてくれている。
実際、2009年も他に4本のカテドラルクオーツがサポートすることになっている。
年の後半になれば、2010年と繋ぐ水晶も準備されている。

しかし、年の水晶がメインであり、その年を象徴している。
他は、みんなサポート。
これまでも、たくさんの水晶がサポートしてくれた。
これからも、きっと多くの水晶がサポートしてくれることだろう。

水晶は、今生を生きる際のサポート隊。
ありがたいことではある。
役割が終わったものは、順次手放していく。
また別のところで新たな役割を果たすために・・・

時代もクライマックスに近づいている。
個人的にもクライマックスが近い。
もう意識は安定している。
後は、必要のないものを削ぎ落とすだけ。

来年は、その削ぎ落としが最高潮に達する。
必要のないものは、すべて手放す。
物質的にも、肉体的にも、精神的にも。
そのために水晶がスタンバイしている。

時代は、パーフェクトに進んでいる。
もう間違いなく時代は転換する。
はっきりと方向性が見えている。
何も心配はいらない。


『必要な 波動を傍(そば)で 響かせて 水晶たちは 変化促す』

『人の世で 生きるサポート してくれる 水晶たちは 小さき神々』

『激変は 必要のない ものをみな 削ぎ落とすため やって来るもの』

『日頃から 手放すことが 激変を 未然に防ぐ 最良の道』


これが日記を書き始めて1443日目の心境。

関連記事

コメント

私の2010年の水晶ってある?

私の屋久島の知り合いがkimiさん宅で、
素晴らしい水晶に出会ったと言う。
それが日記に書かれている、2010年の水晶かも知れないし、
違うかも知れない。
どちらにしても、彼女は異次元に誘われるごとくの感覚に包まれたらしい。

それは、どんな感じなんだろう?

ぴあのさんのコメントや、
kimiさんから届いた水晶に対して喜びメールされるみなさんの、
日記に紹介された声を聞くと、
神秘的な美しさや波動に鋭敏な感性を感じます。

私はといえば、
面白いとか愛嬌があるとか、
透明感がキレイとか…、
表面的感想しかわからない。

それに、ヒマラヤ水晶のキーンと澄み渡る透明感に憧れていつつも、
最近リクエストして届くのは、スモーキーで土臭い水晶で、
それがかなり気に入っていってます。
そして、それは何か意味があるのか?と思考を巡らす思い込み人間の極めつけとなります。

私は宇宙からやってきた魂の人でなく、
アフリカの大地の土くれで作られた地球土着の魂の人なんじゃないか…と、
思考がはじき出したこの事と、
土臭い水晶の繋がりに納得しているわけです。
だから、激変する地球の明日をクールに見守るだけではさみしくて、
別に、何の波紋も生み出せないながら、
ああだこうだと、
何処にも届かない小石を投げている気がしま す…

なんていう、土着の地球人魂に酔いしれている、
超思い込みえっちゃんには、
水晶の神秘は届かないのかも知れないなあ…。

kimiさんの存在

kimiさんの安定感は、こちらにも多大な影響があることを感じています。

日記からや、流れてくるエネルギーや、それから、光のエネルギーを
伴ってやってきてくれる水晶たち、それらにより、自分自身がどんどん
深化、純化していくのを感じます。

そして、それと同時に私には、kimiさんご自身の安定とそのkimiさんの存在、
kimiさんの存在の源から溢れ出てくるエネルギーが、計り知れなく深くこちらに
浸透してくることをも、細やかという言葉を超えたバイブレーションを伴い、
感じさせていただいています。

そして、それは、私の内に、どれほどの光の変化を起こしてくれているか・・・
そのことを、私の深い意識が、私の深奥が、静寂の光のなかでしっかりと
感じています。

kimiさんがそこにいてくださることに、 ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。