記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1459日目 - 神殿

一昨日から三日続けて、引越しの手伝いをしている。
引越し先は、屋久島の南の方にある平内というところ。
自宅とは、まるで気候が違う。
こちらは雨が降っていても、平内は晴れている。

同じ屋久島なのに、気温が五度ほど高い。
南向きに大きな窓があるので、まるでサンルーム。
窓の前は、広い庭。
その下は、畑になっている。

畑の先には、ほんの少しだけ屋根が見える。
その先にあるのは、広々とした海。
家から海が一望できる。
北側には、山並み。

東側には、小さな川が流れている。
その上は急な崖なので、人家は見えない。
隣家が接しているのは、西側だけ。
と言っても、20~30mは離れている。

ほとんど周りに人家のない一軒家。
環境抜群。
しかも、暖かい。
本当に南の島という雰囲気。

こちらが住んでいるところは、冬場は雨が多くて寒い。
平内は、晴の日が多くて暖かい。
まるで裏日本と表日本ぐらいの差がある。
同じ屋久島でも、場所によって気候がまったく異なる。

大きな家で、全部で四部屋もある。
12畳の洋和室、10畳の和室、6畳の洋室と6畳の和室。
広い台所に広い風呂場、トイレまで広い。
庭も広く、その上、車庫まで付いている。

南側と北側は、大きな空き地になっている。
暖かくて、眺望が良くて、隣が離れていて・・・
文句のつけようのない最高の場所。
ところが、女性が一人で暮らすとなると・・・

ちょっと広過ぎる。
その結果、淋しい・・・
なんとも贅沢な話だが、実際、一人では広過ぎる。
掃除をするのも、戸締りをするのも大変。

そういう訳で、「居候する?」という話になった。
最初に見た時は、「居候させてくれる?」だったのが、立場が逆転。
変われば変わるもの。
さてさて・・・

彼女とは、過去世から深い縁がある。
何度も父娘や兄妹をやっている。
彼女は、ある過去世のビジョンを見たらしい。
それは、父親であるこちらが縛り首になっている光景。

彼女はまだ幼く、母親と二人で変わり果てた父親の姿を目にした。
その時、とても淋しい思いをした様子。
それが、父親に対する未完了感として残ってしまった。
そういうことで、今生、再会することとなった。

そういう意味では、しばらく一緒に暮らしてもいいのかもしれない。
平内は冬の間は暖かいので、一緒に住んでもいいかとも思う。
しかし、夏場は暑そう。
今住んでいるところは、夏場はわりと涼しい。

今のところには、六年間住んでいる。
いつもいるとわからないが、他のところに行ってみると、自宅が客観的にわかる。
ここは、すごいことになっていた。
エネルギー状態が、まるで違っていた。

平内の家は、普通のところ。
どこにでもある世俗という感じ。
ところが、自宅は・・・
既に世俗ではなかった。

光に満ちていた。
ほとんど神殿に近かった。
たくさんの水晶があるからだろうか。
それとも、四年間、日記を書き続けてきたからだろうか。

いずれにしても、その波動は既に世俗を超えていた。
極めてクリアーな空間。
澄み切ったエネルギー場。
光が満ち満ちていた。

ここを出るのは、もったいない気もする。
でも、冬場は平内に住むのも悪くはない。
ガイドのシーズンが始まっても、本当は平内の方が便利がいい。
というのは、お客さんが泊まる宿が南の方に多いから。

ここからでは、迎えに行って、山へ行って、送って行って、また戻ってくる必要がある。
長い長いドライブとなる。
屋久島へ来た当初は、そのうちに南の方に引越したいと思っていた。
そういう意味では、理想的な場所。

しかし、六年間、ここに住んでいる間に、ここも気に入ってしまった。
ここは風が強いところなので、常に気が新鮮。
とてもクリアー。
それに自宅の地下には天然の水晶まで埋まっている。

ここは、屋久島の最も東に位置する。
東と南を行ったり来たりするという方法もある。
まだ決めかねている。
平内の方に泊まってみてから決めることになるのだろう。

新しい家にADSLが付くには、もう少し時間がかかる。
パソコンができるようにならない限り、転居という選択肢はあり得ない。
今最も為すべきことは、日記を書くこと。
それには、パソコンが必要不可欠。

日記を書くということをメインに、他のことを決めるしかない。
最低でもあと二年は、日記を書くだろう。
その後のことは、わからない。
今は、日記ベースで生きるのみ。


『気がつけば 自宅は既に 別世界 光に満ちた 光の神殿』


これが日記を書き始めて1459日目の心境。
関連記事

コメント

今年もお世話になりました

神殿ですか・・・
すごいですね。

日記を読みながら、大晦日の駆け込み大掃除をした我が家を見回してみました。
神殿にはほど遠すぎですが、この家なりにきれいなエネルギーで、気に入っています。
でも、もっとクリアーにしていかなければ というのは身にしみて感じます。

どちらにいらしても、光のエネルギーを届けてくだされば、
それでいいです。

今年も大変お世話になりました。
また来年も、よろしくお願いいたします。

皆さん 良いお年を

 どうもご無沙汰しておりました。今年からまた
光のkimiさんの日記が読めるようになり、PC上で
光のセミナーが受けられるようになったみたいでした。また来年の展開を楽しみにしています。
kimiさん、皆さん、光に満ちた良い新年を
迎えられんことを!

訂正です。

先ほどのコメント「皆さん良いお年を」の名前に訂正です。
風の彷徨者です。失礼いたしました。

kimi神殿

やっぱり、
kimiさんには神殿がお似合いじゃあないでしょうか。
寒いのも、風の強いのも、神殿らしくていいじゃあないですか。

何か、孤高の人って感じもお似合いのような。

前世にご縁のおありの方は他にも大勢いらっしゃるのでは?
そんな方達は、やはり神殿に一人暮らすkimiさんに会いに行きたいと思うんじゃあないでしょうか?

明けましておめでとうございま~す!

こんにちは。水晶が置いてあると部屋の中が清浄な気で満たされますよねぇ~♪(正確に言うと周りを囲むと・・か?(それほど増えてしまいました。どうしよう))

パソコンは電話回線以外のがあったらいいですね。(あったっけ?)

どちらに住まわれても、また神殿が出来上がることでしょうね。

ところで過去ってほんとに自分でわかるのですねぇ~(←過去にこだわりすぎ)
素直であるとわかるときがあるようですが、残念ながら今はちょこっとしかわかりません。

あともうちょっとだな。むん!がんばろう。

ではよいお年となりますように。


ゆめまくら

Re:1459日目 - 神殿(12/31)

自宅が光に満ちて神殿みたいとは
素敵ですね~☆

きっとkimiさんも素敵な方なのでしょうね。
今朝 なんとKimiさんの夢を見ました。
そういえば去年もお正月にみたような・・・
どちらもkimiさんが指導者で私は弟子という感じなのですが、kimiさんがすごく優しいというか無限の愛の方なのです。

お年玉をいただいたみたいですね。
ありがとうございます。

過去からの縁とは不思議なものですね。
未完了感がある場合また出会うよう
自分でプログラムして生まれてくるの
でしょうか?

プログラムしてきたのであれば、未完了の
感情、思いを今回はすっきり手放せると
良いですね♪





Re:1459日目 - 神殿(12/31)

素敵ですね。。
Kimiさんが。。したいようにされればよいと思いますよ~。。
お引越し。。素敵です。。
いままでの住環境と断然違ってきますよね!
同居人のいる生活。。どうでしょうか。。
なんだか、わくわくしますね♪
Kimiさんが。。また違った意味でひとまわりも違ってくるような予感がします。。

おめでおとうございます。

はじめまして皆様。今までコメントしてこなかったんですが、感動しておもわず書き込みさせていただきます。

過去生で縁があった方たちがたくさんいるなかで、屋久島でこうしてまた出会い、住まいも近い、なんだか本当に素晴らしいめぐりあわせですね。

どこにすんでも
Kimiさんはkimiさんですよね(*^^*)
居候も素敵ですね!!

私は四国のド田舎にすんでいるので、こういう話をきくとうらやましいなぁ、と思います。

お互いの家を行ったり・・、楽しい暮らしが始まりそうですね!!

・・・いいなぁ

シェアハウス

とってもいい家ですね!
ひろくて、気持ちよさそうです☆

よいですね
今まで、いろんな集団だったり、あやしいのもありましたが、近くにいると、
エネルギーがとってもお互い響きますよね。

今は、ケアしたりして、汚したり、悪臭だし~
自分が精一杯な分、全体を感じることができず、
気を抜くとなかなか調和が取れないですが、
前より私の思い込みを落とすことで、自然さが増してきました。
なかなかいい勉強ですね。
最終的には、自分を落としきらないと、本当の調和はないでしょうが。
はれひれ、いつになるやら。

個人的には、一人で住んでいるのが楽ですが、
経験上、シェアハウスはとっても発見がいっぱいありました。
お互い、のびていくことがありますよね。

最後に一緒にシェアして住まわせてもらった人

気づいたら即実行するエネルギーの強さとか、
知恵とか、うじうじの私にとても影響がありました。

本当に気づくと即実行する力!その現実が来る力。
すばらしかったなぁ。

相手はいつのまにオーガニック食と私以上の超エコになっていたし。
地域のお年寄りを助けたり(笑)
お互い何も強制もなかったのですが、不思議なものです。
シェアの相手のその人の姪っ子もなんだか変わってきたりして。
影響ってあるんだなあ、と感じました。

身近なスペースにいると、不思議とエネルギーの交流がありますよね☆

これがコミュニティとか地球全体の動きも
常に感じられるとこまで広がるとすごいですけれど!

シェアハウスもなかなかいいものです。

正月ダイジェスト

周りが自然に変わっていくのに、私だけ固まっているんですね。私とであって、私の動きを見ていて、自然に、周りをケアしたりするようになるルームメイトはすごいな。なのに、私だけずっと固まっている。お正月三が日は、全て、見栄のために周りを巻き込んだり、動物や自然との人との戦いや、快楽に酔いしれてどこまでも腐敗したり、ずっと小さいころから何十年も見てきた夢ですが、でもでも、最近少し見なかったのです!
が・・今年の初め地獄シリーズ全種目を何分おきに見続けました。ホラーとサスペンスをひさびさ全部見た気分・・・。遠くで飢えている人がいても、私自身は、私を存続させるために、始終力を入れている。社会的によいことをしてきても、動機が存続させるため、ツケがたまりにたまっていますね。飽和状態です。
この三が日で、私の状態、全て見た気分です^-^見せてもらってよかった。
ここに書かせてもらえてよかったです。
どうしても、今ここに長くいられず、過去の記憶を取りに帰って、それをつかんで安住しようとする癖があります。
それも、いやな記憶をつかみに帰ってしまう。悩みをわざわざとりに帰ってしまう。目に見えるものを分析することからスタートしてしまう。分析に、個に、出来事に、自分に負けたくないです。ずっとホームワーク時みたいな集中力ですごしたい!です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。