記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1485日目 - 雲の上


『透き通る 意識は常に 雲の上 青空だけの 光の世界』

『下界では 土砂降りのなか ずぶ濡れに なって救いを 探し求める』

『不安から 何かにすがり しがみつく しがみつくたび 不安がつのる』

『妄想が 不安をつくり 扇動し 心乱れて やすらぎはなし』

『様々な 不安・動揺 心配の 想念(おもい)がつくる 幻想(マーヤ)の世界』

『幻の 想念(おもい)のなかに 埋没し 絡(から)め捕られて 自分失う』

『霊静さ 欠片(かけら)もなくて 情念の 世界のなかで 酔いしれるのみ』


『情念の 世界を抜けて さわやかな 風吹き抜ける 大空へ舞う』

『人類の 想念(おもい)を超えて 曇りなき 青空だけの 領域へ行く』

『透き通る ただ透き通る 雲の上 アクエリアスの 透明な青』

『クリアーと いう言葉すら 意味がない 澄みきり切って 想念(おもい)浮かばず』

『イメージも 言葉も色も 何もなし ただ限りなく 澄んでいるだけ』

『透き通る 意識が少し ゆるむ時 イメージ浮かび 想念(おもい)が浮かぶ』

『真実の アセンションとは 雲の上 想念(おもい)を超えた 光の意識』

『人類の 想念(おもい)を超えて 雲の上 ただ透き通る 意識あるのみ』


これが日記を書き始めて1485日目の心境。

関連記事

コメント

透明な青

今日のこちらの青空は、それはそれはきれいでした。
その青は、この世のものではないようにさえ思えました。
まさに、『透明な青』 という言葉がぴったり。
そのような青空によく出会いますが、今日の空は格別でした。
おなもみも、「きれいな空」 とつぶやいていました。

今日の短歌を読んで、その澄み渡った青空が思い出されました。
その空は、次元の違う世界であったように思います。
この地上にいて、次元の違う青空を見ていたのでしょうか・・・
そんなふうにさえ、思えます。

すみません・・・ちょっとコメント、ズレちゃいました。(>_<)

ただ透き通る意識、光の意識、
感じさせていただく短歌をありがとうございます。
透き通る意識、自分のなかにあるのですね。

ちょっとさみしいなあ・・・

>『透き通る ただ透き通る 雲の上 アクエリアスの 透明な青』

>『クリアーと いう言葉すら 意味がない 澄みきり切って 想念(おもい)浮かばず』

>『イメージも 言葉も色も 何もなし ただ限りなく 澄んでいるだけ』

ちょっとさみしすぎるから、
時にはゆるんでみるのもどうかな・・・

>『透き通る 意識が少し ゆるむ時 イメージ浮かび 想念(おもい)が浮かぶ』

イメージや想念をちょっと楽しんで・・・

>『情念の 世界を抜けて さわやかな 風吹き抜ける 大空へ舞う』

大空へ舞う、この進行形状態が最高♪・・・ですね。

そういえば・・・

開高健さんの、
お酒のエッセイの中にあった言葉、
「いい酒は水の如し」
水の如しだけど、水ではない。
あくまでも、混沌とした酒なのです。

こういうのがいいなあ。

あれやこれやの想念の世界にいるんだけど、
意識は雲の上。
透明な大空の如し・・・。

アセンションは遠いかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。