記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1498日目 - 神化


文明は、進化。
精神は、深化。
究極は、神化。

文明の進化とは、横へ進むこと。
精神の深化とは、縦へ深まること。
究極の神化とは、次元を超えて広がること。

文明の進化とは、物質的に豊かになること。
精神の深化とは、精神的に豊かになること。
究極の神化とは、神になること。


『文明は 進化するもの 精神は 深化しながら 神化するもの』

『個であって 全体である その時に 個性と調和 共に花咲く』

『神であり 人である時 肉体は 神の生き宮 モバイル神社』

『自(みずか)らが 神であるなら 殊更(ことさら)に 神社に出向く 必要もなし』

『静まれば 神は今ここ ゆるぎなし 不生不滅の 我は神なり』


これが日記を書き始めて1498日目の心境。

関連記事

コメント

神の居場所

>『自(みずか)らが 神であるなら 殊更(ことさら)に 神社に出向く 必要もなし』
そうですよね!
意識が外に向き、内側を置き去りにして求めるから…神頼みをしてしまうのでしょうね。
この短歌、ズーンときました。

Re:1498日目 - 神化(02/07)

肉体をもってここに存在していることで、物質的、精神的
豊かさの両方を感じることができるんですね。
(物質のほうは、今の文明の方向がどうなのか、思いますが。)

「無色透明」のブログを開き、日記を読むと意識が広がる
ような気がします。
神社に来て、光が差し込む森を歩くような爽やかさも感じます。

お返しの1句。
『この日記 しめす光の 方向へ 我も神なり 光なり』(字足らず)

背伸びをした1句でした。
失礼しました~・・・

神の意識

精神が深化していくにしたがって(私なりにですが)
深まりながら同時に広がっていく感覚を感じます。

無限の深まり、無限の広がりが自分の内にあるのを感じますが、
まだ肉体や 『私』 を保持しようとする思考が優位であろうとします。
それは、静かではない状態です。
ざわざわと 『私』 が動いています。
『私』 がある時、『私と神』 になっています。

『静まれば 神は今ここ ゆるぎなし 不生不滅の 我は神なり』

このようになるまで静まってみたいです。
次元を超えた広がり・・・
深化して無限へと意識を広げて、神の意識、『今ここ』 を生きたいと思います。

この世をば…

「この世をば 神代と思ふ 人こそ神」という
幕末の神道家井上正鉄の道歌を思い出しました。
今ここにすべては在る。そう気づける感受性を
深化させていけるかでしょうか。

「草も木も 人も獣も 鉱物も
 神の息吹に 満ちて輝く」
などと腰折れをひねってみました。
肉体人間の私としては、清浄な気に
満ちた良い神社に行くのは好きなのですね。(笑)

言葉

ダジャレのうまいkimiさんですが、
言葉の関連性をつむぎ合わせていくと、
副作用的に、
ダジャレも浮かんでくるんでしょうね。

言葉は言霊。
特に、日本語は太古の言葉を伝承しているらしい。
ムーの時代の言葉と言う人もいる。

進化、深化、神化・・・
これも偶然でなく、
当然の関連性があるんでしょうね。

神化は私にとって、雲の彼方か、虹の彼方のようですが、
せめて、
精神的深化、したいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。