記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1512日目 - 光のなかで



『魂の 故郷(ふるさと)なくし 安定を 求め続けて 所有に走る』

『安定を 求めて所有 することが 喪失という 悲しみを生む』

『持てるもの すべて手放し 楽になる 何もなければ 苦しみもなし』

『持てるもの 手放しきれば 怖くない 持っているから 怖くなるもの』

『何もない 境地に立てば 何もかも 目の前にある 求めなくても』

『持てるもの すべて手放し 空になり 光に満ちた 心身となる』

『心身の 波動を更に 引き上げて 光のなかで 光を生きる』


これが日記を書き始めて1512日目の心境。

関連記事

コメント

捨てる!

>『持てるもの すべて手放し 空になり 光に満ちた 心身となる』

おととい母が一ヶ月ぶりに仮退院し、実家に一泊して掃除してきました。
結局、掃除、食料調達、調理で力尽きてしまいましたが(^^

久しぶりに実家を新しい目で見回しながら、

「捨てたい。全部これ捨てたい」と思いました。

「お父さんのもの、全部捨ててもいい?懐かしい古い奴も」
「うん、そうして!そうしたいとずっと思ってたの」
「『夏羽織一枚残して死んだ』って、カッコいいわよね」

まだやってもいないですが、
その時、母の期待に満ちた顔と、何も無くなったオンボロ家と、私の心が
三つ重なって、同一のものに感じられました。
その時・・・

宇宙の一陣の風が吹き渡った、という感じがしました。

そこは死ぬものも、死んだ者も生きてる者も、
過去も未来も同時に・・・

今ここに、ギューっと点になって重なり
全部失われず揃っているという、不思議な感じがしました。

家が空っぽになると心が同機する。
連動しているのですね。
頭の中ですでに、これとあれを袋に入れ、紐で縛って・・・などと青写真が組まれ、
頭の中では、すっかすかの家が誕生しました。

これから実家に帰るたびに、少しづつ束ねて捨てていこうと思います。

昔読んだ本にも・・・

20年前に「神さまはハーレーに乗って」という小説を読みました。

人生に行き詰まって幸せを求めるヒロインの元に、
「自分は神さまだ」という暴走族みたいな男が現れて、指南をするという話です。

神さまは宿題と称して、ヒロインに次々と課題を与えます。
幸せになるための勉強だと言って。

20年前なので、ただ面白さで読んだだけでしたが、
その神さまの課題に

「植木の鉢の植え替えをする。毎日世話をする」
「家中のものを捨てる」

というのがありました。

痩せたらいつか再び着れるだろうドレス、ジーンズ。
いつか読んで賢くなるだろう全集。
幸せだった過去の自慢の記念品・・・

神さまは情け容赦なく「廃棄処分」の袋に放り込んでいたのを思い出しました。
今思えばその本、スピリチュアルな本だったのですね^^

今日は一日寝て暮らしますが、
明日、自分の本と漫画と手芸作品を一気に捨てようと思います。
きっと風がすーっと通るかもしれないです(^^)

捨てる→すっきり→スペース

風が吹く、のですね(^-^)v

いいなあ・・・ベルストーリー♪

読み終わったら、
何故か、そよ風が心を通り抜けていきました。

私の意図に関係なく、
生活基盤を捨てざるを得ない状況にいますが、
私の神様が与えた宿題かも・・・ですね。

その割りに、チマチマ物が残っていますが、
これは、自分で重たい腰を持ち上げて、
ゴミ袋の口を開けることにしましょうか・・・
やれやれ・・・。

ありがとう、ベルさん♪

ステップ

えっちゃんへ

小説の話、読んでくださりありがとうございます(^^)
そよ風を感じてくださった、嬉しいです!

えっちゃん、お仕事を辞められるのですね。
「神さま」がやってきて、手引きされているのかもしれないですね。

えっちゃんの状況を何も知らずに、決して言える事ではないですが・・・

向こうからやってくるもの、起こってくることは、
きっと必ず、「もっといい何か」に連れてってくれるのだと感じます。

私は↑で高らかに宣言したものの、ちっとも進まず・・・。
部屋の前に、心の中にあるゴミ屋敷を見てしまい、
そのドアの前で脱力している始末です。
お手上げ。
どうも、私一人では片付けられない、バンザイしたい気持ちでおります。

でも、階段を一段上がったらきっと、一段分見晴らしがよくなるのですよね。
足をかけて、エイヤっとふんばる時はしんどいですが。

えっちゃんはむしろ、階段よりもエレベーターが来たのでしょうか。
乗り込んでドアが閉まったら、どこへ連れて行かれるか。

そんな不安と勇気のエレベーターですね。
でもきっと、階段で上るよりも
はるかにステキな場所に行けるかもしれない。

もしかしたら、階段はつながってない場所かもしれない。

私もゴミ屋敷にめげずに頑張ります。
えっちゃんも、新しい生活にどうぞ元気で乗り込まれますよう。

お互い頑張りましょう~(^□^)//

いつも声をかけてくれてありがとう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。