記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1513日目 - 神の意志



『漆黒の 闇から光 躍り出て 千変万化の 宇宙始まる』

『美しき 星々見れば 神の意志 いずこにあるか 既に明らか』

『肉体に 拘泥すれば 遥かなる 宇宙のことは 何もわからず』

『身を捨てて 心宇宙に 遊ぶ時 この世の真実(まこと) おのずとわかる』

『神の意志 探っていけば 満天の いのち煌(きら)めく 星の輝き』


これが日記を書き始めて1513日目の心境。


関連記事

コメント

魂という意識

今日の短歌を読んでいると、
ふと、かぐや姫の話が頭をよぎった。
かぐや姫は宇宙人かな?
それとも、神の意志の化身かな・・・

先日からの疑問のえっちゃん解釈・・・
いのちというものが地球上から消えたら、
魂は何処へいくのだろう?
・・・何処へも行かないんだと思った。

宇宙中に満ち満ちている神の意思、
宇宙創造をした、大いなる意思、または意識は、
宇宙空間に充満している。

それが銀河にもなり、星たちになり、
地球にもなる。

地球には、神の意思を具現化する要素があった。
多様、多彩な宇宙という神の意思、
それを具現化する条件を持つ星となり得た地球・・・
だから、いのちが満ち溢れた。

神の意志が木のいのちと同化して、
木は成長し、子孫を残そうとする。

鳥のいのちと同化すれば、
せっせと巣作りををして卵をを生む。
鳥が空を飛ぶのは、
神の意志を具現化する、鳥なりの知恵。

人が、特別なように思えるのは、
人といういのちが、
たまたま、すごい脳を獲得したため、
神の意志と同化して、
多様多彩な創造が出来てしまったから・・・。

人の魂は、人のいのちと同化した、
神の意志、意識の化身。

地球にいのちが途絶えても、
神の意志は、意識はいつもここに満ちている。

神の意志、意識は、
自分の転がしたさいの目が、
次はどうでるかな・・・って楽しんでいるわけですね。

さて、えっちゃん解釈は如何に?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。