記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1517日目 - 原点



『移りゆく 色は幻 ひとときの この世の花が 咲いているだけ』

『移りゆく 色の世界に 囚われて 苦しみという 重荷を背負う』

『表層の 色の世界に いる限り 振り回されて 一喜一憂』

『人はみな イメージの中 色の内 己が世界で 生きているだけ』

『移りゆく 色の世界は ひとときの 姿楽しむ 仮初(かりそめ)の宿』


『移りゆく 色の世界に 原点を 置けば心に やすらぎはない』

『何もない 空の世界に 原点を 置けば心が 揺らぐことなし』

『何もない プラス・マイナス ゼロ地点 それがすべての 原点となる』

『何もない 今ここゼロが 空ベース すべてのすべて 神の原点』

『原点が 色から空へ 移る時 人から神へ 意識が変わる』


『原点を 探っていけば 今ここの プラス・マイナス ゼロが始まり』

『今ここは プラス・マイナス ゼロ地点 創造宇宙 始まる以前』

『何もない 今ここゼロが 究極の すべてのすべて 元のまた元』


『移りゆく 色の世界の その奥に 変わることなき 空が息づく』

『何もない 空の世界は 様々な 色の世界を 透(す)り抜けて在る』

『何もない ただ何もない 心地よさ 澄みきり渡る 空があるのみ』

『何もない ところにいれば 様々な 色の世界を 楽しめるもの』

『何もない 空の静寂(しじま)に 鶯(うぐいす)の 鳴き声響き 春の風吹く』


これが日記を書き始めて1517日目の心境。

関連記事

コメント

Re:1517日目 - 原点(02/26)

『移りゆく 色の世界の その奥に 変わることなき 空が息づく』

この短歌が一番好きです。。

ほんとうに心地よさそう・・・

>『何もない ただ何もない 心地よさ 澄みきり渡る 空があるのみ』

心が澄みきった空の中に、
霧が晴れるように広がっていく感じがします。

原点・・・
今、余計なものをそぎ落とした、
もとのもとへ帰っていく時なんですね。

今まで、甘さやボリュームをプラスすることが、
美味しさに繋がると思われていた食べ物や飲み物の世界も、
広告などを見ると、
OFFだとか、カットだとか、
マイナスして素材に近づくことが美味しいなどと書いてある。

人も、身も心もシンプルがいい・・・。

もとのもと、そのものがすばらしい。

>『何もない 今ここゼロが 究極の すべてのすべて 元のまた元』

シンプルの極めつけ、ゼロがなんと、
すべてのすべてなんですね。

心が満ちていくような気がします。


色は変われど、今日の空。

移りゆく季節になかに、自分を映し、

色の無常のなかで、変わらぬ真実を探し求め、

昨日の自分に別れを告げる、今日一日の旅の空。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。