記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1530日目 - 屋久島移住六周年

今日の屋久島は、曇っている。
夕方からは、晴の予報。
なんとか満月が見れそう。
満月が出たら、水晶たちは月光浴。

今日から「屋久島ナチュラルヒーリング」のHPでは、魚座の水晶祭りが始まっている。
魚座らしい24組の水晶たちが登場している。
じつは、今日はもう一つ記念日がある。
それは・・・

屋久島へ来て、今日で満6年が経過した。
2003年3月11日に、屋久島に引っ越してきた。
それから、はや6年。
速い!

ワゴン車一台に積めるだけの荷物を持って、屋久島へやって来た。
来た時には、住む場所も仕事も決まっていなかった。
貯金が100万円ぐらいはあっただろうか。
もうあまり覚えていない。

しばらく民宿に泊まって、住むところを探した。
結局、今のところに落ち着いた。
住めば都!
今は、ここがとても気に入っている。

最初の1~2年は、ガイドの仕事もそれほどなかった。
知り合いが、少し来てくれた程度。
どこにも所属しないで、HPだけを頼りにスタートした。
HPには、かなり情熱を注いだ。

そのせいか、だんだんお客さんが増えていった。
今では、なんとか食べるのには困らなくなっている。
それだけでなく、水晶を買う余裕もある。
屋久島へ来て増えたのは、水晶だけ。

家が狭いので、何かを買ったら何かを処分しなければならない。
物の絶対量が限られる。
それも悪くはない。
そんなにたくさん持ってなくても、暮らしには困らない。

2005年の誕生日(1月2日)から、ブログで日記を書き始めた。
ちょうど生活が安定した頃だろうか。
それから、日記を書くのがメインの仕事となった。
ガイドよりも日記を書く方が、今の自分の為すべきこと。

日記を書くことによって、精神は整理された。
屋久島に来た当初とは、精神状態がまったく異なる。
2009年の誕生日を期して、とうとう神様になってしまった。
これは、半分は冗談・・・

しかし、半分は本当。
だから、神人。
神と人が半分ずつ。
見習いの神様=新人。

新人は、新人類。
新しくリニューアル。
アクエリアスバージョン。
神でもあり人でもある。

これまでのパーソナリティは、残っている。
だから、人としての継続性もある。
断絶はしていない。
しかし・・・

これまでとは、明らかに異なる。
個であり全体。
全体優先。
それが、個を活かす道。

個が真に活き活きとするのは、全体と共にある時。
全体のために生きる時。
個が個のためだけに生きるのは、自我。
それは、これまでの古いパターン。

もうそれは、時代遅れ。
自分さえよければいいというのは、地獄的な生き方。
一見楽そうに見えるが、最も苦しい生き方。
悲苦への一本道。

これからは、できるだけ持ちものを減らして、軽やかに生きる時代。
それは物質的なものに限らず、精神的なものも同じ。
心身共に軽くなる。
重たいものを、いつまでも引きずらない。

今、今で、完了させる。
今、今で整理整頓。
いつまでも引っ張らない。
あっさりと手放す。

いつも身軽。
いつもゼロ地点。
何もないのが、最も楽な生き方。
鼻歌でも歌いながら手ぶらで歩けばいい。

屋久島へ来て、自然と共に生きるようになった。
ガイドという仕事柄、いつも自然のなかに入っている。
森に親しみ、滝のミストを浴び、熱帯魚と遊ぶ。
日々、山と海と滝を眺めて暮らしている。

夜には、満天の星々。
広々とした野原からは、たくさんの虫の音。
雨の後には、虹。
もう何も言うことはない。

ほとんど不満はない。
ほぼすべて満たされている。
最近は、ネコもいる。
スリスリしてきて、とても可愛い。

当分は、屋久島暮らしが続きそう。
先のことは、わからない。
しかし、今のところ引っ越す予定はない。
ここで満足している。

先の保証はない。
それは、この世に限ったことではない。
宇宙全体が、何の保証もないところ。
必要なものは、自分でクリエイトする世界。

保証は、自分で創り出すもの。
自分が、自分に保証するもの。
他の人は、何も保証してくれない。
自分だけが、自分に対して保証できる。

その保証とは、自分の人生は自分でクリエイトするという気持ち。
そういう生き方が、自分にとっての最大の保証。
それ以外に確かなものはない。
それ以上に確かなものはない。

自分の望む人生を自分でクリエイトする。
それは単なる個としての望みではなく、全体と共に生きる個としての望み。
全体のために生きることが、自分自身にとっての幸せ。
それ以上の幸せはない。

そのことが真にわかることが、神になること。
そのように生きることが、神人。
個であり全体。
全体と共に個を生きる。


『何本の 虹を見たのか 屋久島で 自我を理解し 神となるまで』

『全体と 共に生きれば 心配も 不安も消えて ただ満たされる』


これが日記を書き始めて1530日目の心境。
関連記事

コメント

Re:1530日目 - 屋久島移住六周年(03/11)

ひとり行動してる時も「全体」と共にある
のでしょうか。瞑想してる時とか夢の中とか
そーゆー特別なときが「全体」ですか?

変な質問でごめんなさい。

無自性

縁起に依りて巡りたる

命の流れの集いにて

個の生かされしこの世かな

Re[1]:1530日目 - 屋久島移住六周年(03/11)

ゆりえさん
>ひとり行動してる時も「全体」と共にある
>のでしょうか。瞑想してる時とか夢の中とか
>そーゆー特別なときが「全体」ですか?
-----
いつでも、どこでも。
24時間、四六時中。
自分の都合のいい時だけ?
そんなことは、あり得ないでしょう。

よく分かりました~

思慮深くなる事を意図して生きます^^
(なるべく)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。