記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1542日目 - 幼児


昨日の朝は、嵐のような天気だった。
そのため、飛行機が二便欠航した。
11時35分発の飛行機で帰る予定だったお客さんは、帰れなくなった。
急遽、船に変更。

しかし、三連休の最終日で高速船も満員。
空いていたのは、フェリーだけ。
やむなく、四時間かかるフェリーで帰ることに。
屋久島では珍しいことではないが・・・

飛行機が欠航すると、たいへんな騒ぎになる。
次の便が空いていればいいが、欠航が出るとすぐに満席となる。
高速船も予約が取れなくなり、困ってしまう。
嵐や台風の度に、そういう事態が起きる。

こちらは何度も経験しているので、慌てることはない。
しかし、お客さんは初めてなので、どうしたらいいのかわからなくなる。
屋久島の飛行機は、よく欠航する。
何とかならないものだろうか・・・

12時のフェリーでお客さんを送り出して、帰路に就く。
帰り道、春分の日にオープンしたドラッグストアーに行く。
屋久島では、一番大きな店。
店内も目を見張るほど美しかった。

品揃えも多く、まるで都会にいるような感じ。
屋久島には珍しく、たくさんの人が来ていた。
この三連休で、屋久島中の人が来たのではないだろうか。
総人口一万四千人弱の島の大半の人が来たに違いない。

しかし、商品そのものは、そんなに安くはなかった。
ただ広告の品は、格別安かった。
それほどほしいものもなく、山積みになっていた格安のものだけを少し購入した。
その店内で・・・

多くの幼児を見かけた。
こんなに屋久島には小さな子がいたの?
と思うくらい、たくさんの子供がいた。
ちょうど日曜日だったので、家族連れで来ていた。

その子供たちのきれいなこと!
お肌はもちろん、エネルギーもピュアー。
見ているだけで、気持ちがいい。
男の子も女の子も、みんな可愛い。

これだけきれいな子供たちが生まれていれば、地球は大丈夫だろう。
そう思った。
この子たちが大人になる頃には、地球も大きく変わっているだろう。
新しい時代に生きる子供たち。

子供たちは、希望の星。
見ているだけで未来が明るくなる。
店内の商品を見るより、子供たちの方に気持ちが向く。
ただ見ているだけで幸せ。

子供は、いい。
邪気がなくて、いい。
抱きしめたくなるぐらい、いい。
自然に近寄りたくなる。


『新しい 時代を担う 子供たち きれいなままで 真っ直ぐ育て』


これが日記を書き始めて1542日目の心境。

関連記事

コメント

大人が問題?

せっかくのピュアな幼児を、
傷だらけのいびつな子供に仕立て上げる大人。

世界中で、
歪められていく無防備な心が悲鳴をあげている。

自我の塊の大人に、どうぞ屈しないでほしい。

人類の子供は、
自立できるまで学びが必要なのです。
その学びが恐怖であったり、
歪みであったりすると・・・・

どうぞ世界中の幼児たちよ、
ピュアなままでいてください!                                                                                                                                                                                     

教育理念

クルシュナムーティスクールでは、

教師が生徒達との信頼関係を築くことを通じて、

生徒が愛情豊かな人間関係を学ぶ事を第一とし、

学業はその為の材料や手段としての、

第二義的な意味に過ぎないらしい。が、

学業でも優秀な人材が育ってゆくと言う。

社会問題の大半が、人間関係の軋轢に原因がある

ことを考えてみると、子供にとっても、

社会にとっても、教育とは何なのか、

改めて考えてみてもいいかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。