記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1544日目 - シナプス


知り合いからメールが届いた。
絶食絶水していたら、脳のシナプスが繋がったとのこと。
これまで断絶していたシナプスが、回復しつつあるとの報告。
めでたいことではある。

脳のシナプスは、刺激によって発達していく。
いろいろ関係づけられることによって、広がっていく。
しかし、精神が不安定になると、健全に発達しにくくなる。
特に幼少期の不安定な家庭環境は、脳のシナプスの発達を妨げる。

それを復活させるのは、なかなか骨が折れる。
不可能ではないが、簡単でもない。
それほど、幼少期というのは影響力甚大。
胎内にいる時は、更に強い影響を受ける。

幼児は、家庭環境のなかで育っていく。
両親が喧嘩をしたり不和になったりすれば、幼児の精神は混乱する。
それが、脳のシナプスを断絶させる。
一人ぼっちにされる不安も、脳の健全な発達を阻害する。

子供は、両親の深い愛情のなかで育つのが理想。
健全な成長のためには、あたたかい家庭が必要。
それが満たされないと、いろんなところに歪みが生じる。
その歪みは、成長した後の人生に多大な影響を及ぼす。

基本的なシナプスは、幼少期に形成される。
老化するにつれて、だんだんと切断されていく。
最後は、脳軟化状態となる。
そのシナプスを再結合させるには・・・

断食するのも一つの方法。
断食することによって危機的状況となり、生命力が格段に高まる。
その結果、幼児期のようにシナプスが繋がることもある。
しかし、年中断食しているわけにもいかない。

シナプスを繋げる別の方法は、自分自身を見つめること。
自分の意識状態を見守る。
脳のなかを深く感じてみる。
違和感のある部分と共にいる。

そういう作業を続けていると、脳は再活性化を始める。
脳は動き出し、軟化することはない。
頭を使わないから、軟化する。
頭を使うと共に、頭のなかを感じること。

脳は、生きている。
生きている限り、変化する。
エネルギーを注ぎさえすれば、動き出す。
エネルギーが足りないから、退化していく。

脳を感じ、脳にエネルギーを注ぐことだろうか。
そうすれば、脳は再活性化する。
脳は、甦る。
それは、自分自身の体験から断言できる。

クリシュナムルティを学び始める前の脳と、学び始めた後の脳では、脳の状態がぜんぜん違っている。
クリシュナムルティを学ぶとは、自分自身を見つめること。
自分自身を見つめることによって、脳は活性化する。
自分の意識状態を見つめれば、意識にエネルギーが注がれる。

エネルギーが満ちると、脳も活性化する。
やがて、脳は動き出す。
本来の状態に戻ろうとする。
潜在する可能性を発揮しようとする。

脳は、進化し続ける。
特にこれからの時代は、脳の進化は加速される。
人類は、まだ脳の3%しか使っていないと言われている。
これから、脳はどんどん進化していく。

歳を取っても諦めないことだろうか。
諦めたら、そこですべてが終わってしまう。
諦めない限り、いつまでも進化し続ける。
それが、生体というもの。

いのちとは、無限の存在。
自己限定している意識が、無限のいのちを有限にしているだけ。
人は、無限の存在。
無限の可能性を持つもの。

死ぬまで進化し続ける。
死んだ後も進化し続ける。
存在する限り進化し続ける。
永遠に進化し続ける。

それが、人という存在。
神の子という存在。
神は、無限の進化。
人も、無限の進化。


『脳内に 意識を向けて エネルギー 届けば脳は 活性化する』

『不可能と 思い込むから せっかくの 無限の力 発揮できない』

『自(みずか)らの 自己限定を 外す時 人は無限の 存在となる』

『進化する 無限の動(色)と 進化せぬ 無限の静(空)が 宇宙の原理』


これが日記を書き始めて1544日目の心境。


☆ 「1543日目 - 教育」も同時にアップしました。
関連記事

コメント

Re:1544日目 - シナプス(03/25)

幼少期の頃、いろんなタイプの人間をかなり細かく作って逃げたんです。かなり暴動のタイプも作りました。
別に家庭がどうとかではないのですよ。ただ個人的に、私が生まれたときから、逃げることしか考えない人だったので(笑)

服装もしっかりと決めて黒ずくめ、そういうキャラクターがはやっていたので、趣味まで設定していたようです。すっかり忘れていたんですが。

腹もからっぽで、頭痛がすごくして、朦朧として居る中、静かにいたときに、その人格のいくつかが鮮明に現れて、理解して、消えたと同時に電撃的に
頭がつながりました。少しだけ、今まで理解できなかった勉強もいけそうです。

初めて、その部分が壊れていることに気づきました。いつも深くいることに尽きるのですね。

設定、は本当自分を不自由にさせるのですね。
沢山の設定をしてしまったのは自分自身、
自分自身で見つめて、光を注ぎ、その先の宇宙に出会うしかないのか・・。

宇宙が無限に進化している、そのうずと広大さを感じたとき、
私の体は光の船のような気がしました。
宇宙を旅する光の船。光の船で無限を進むような。

光で包むイメージをここにきて、紆余曲折したあと、ようやくできるようになり、
毎日なんとか、できうる限りのイメージはするのですが、その時は、光で包むイメージより前に、自分の体の奥が光なんだって、そう感じました。

宇宙を旅する光の船みたいで、とっても自由であたたかかったです。
宇宙と一体、体と一体、細胞と一体、光と一体のような・・。

愛は全てをつなげて、全てを活性化するのですね。

体を勘違いしていたようです。
肉体を餌食にしている、自我の餌食に。まだ、あらゆるところで、そういう気配がみえますが、まあ、へたれながらぼちぼちいきます。
ありがとうございました。

頼もしいお言葉♪

>歳を取っても諦めないことだろうか。
>諦めたら、そこですべてが終わってしまう。
>諦めない限り、いつまでも進化し続ける。
>それが、生体というもの。

まだ私も進化の途上なんですね。
うれしいです♪

今、92歳の方をお世話する仕事をしています。
ややもすると、
1人頑張ることで繋ぎ止めていたシナプスを引き止める手を緩めつつあるのは、
私が傍にいることで安堵しつつあるのかもしれません。

いいのか、悪いのか・・・
でも、もういいのかも知れませんね、
肩の力を抜いてみるのも・・・。

思考能力はかなりご健在です。
けれど緑内障で最近ほとんど視力を失くされ、
わずかに感知する光も、日々遠のきつつあるようです。
その不安が、一気にシナプスの手綱を握る気力を萎えさせていくようです。

この方に、
思考することをやめなさいと言われたのですが、
あいかわらず、あれこれ想いをめぐらす私は、
まあ、これが私の脳活性化対策かなって思っています。

森林ボランティアで、
山仕事能力が向上しない事を憂えていると、
リーダーが事も無げに、
退化してるよ!・・・って。

せめて、思考急行で脳内を走り続けていくしかないかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。