記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1558日目 - 循環社会


屋久島も本格的に暖かくなっている。
朝、水晶の浄化に行く。
明日から始まる牡羊座の水晶祭りに出るものたち。
そして、新しく届いたものたち。

川と海が合流する海岸には、誰もいなかった。
帰りそびれた雁が一羽、岩の上に止まっていた。
海水は、思ったよりも冷たかった。
まだとても泳げるような状態ではなかった。

川は、当然、海よりも冷たい。
しかし、海で冷たさに慣れたので、さほど感じない。
人の感覚は、相対的なもの。
絶対感覚ではない。

基本的には、体温をベースに暖かいとか冷たいとか感じるのだろう。
しかし、その体温も個人差がある。
それに、直前に何を感じたかによって、直後のものの感じも変わってくる。
絶対的な基準ではない。

海と川で浄化すると、水晶は見違えるように美しくなった。
自宅でタオルで拭きながら、一本一本確認する。
本当にきれいになっている。
驚くほどピカピカになっている。

この状態で写真を撮れば、更に美しく写るだろう。
しかし、写真より実物の方が美しい方が、届いた時に嬉しい。
だから、写真はほどほどでいい。
今回は太陽が出なかったので、あまり美しい写真は撮れなかった。

実物相応に、そこそこ美しく撮れている。
全般的に実物の方が美しいだろう。
今回の水晶祭りに出ているのは、21組。
もうしばらくは、水晶祭りも続きそう。

水晶も長い間見ていると、もういいかなという感じになる。
そうしたら、次のところへ行ってもらう。
そこそこ新しい水晶も届いている。
ゆっくり循環している。

四季も循環。
地球も循環。
太陽系も循環。
宇宙は、みんな回っている。

お金も循環。
その循環が滞ると、不景気になる。
一部に偏ると、経済がおかしくなる。
みんなで回していれば、何も問題はない。

人出が余っているのであれば、その人手を使って何か建設的なことをすればいい。
物が売れずに余っているのだったら、それを政府が購入して必要な人に配ればいい。
人も物もある。
あるのに、必要としている人のところには届かない。

何かが根本的におかしい。
もう資本主義経済は、限界に近づいている。
これまで野放しにしてきたものが、自滅しようとしている。
経済至上主義から別の何かへ転換する必要がある。

自然と共に、ゆっくり暮らす。
みんなが幸せになる。
一部の人だけが裕福になる社会を変革する必要がある。
そのためには、一人一人の人生に対する深い理解が必要となる。

単に物を平等に分配しても、何も問題は解決しない。
それは、悪平等。
共産主義の失敗に学ぶ必要がある。
人は、パンのみで生きるものにあらず。

しかし、そうかといって精神一点張りでも、イスラム過激派になってしまう。
妄信、狂信の時代は終わっている。
時代のトレンドは、理解。
クリアーな意識。

自分自身を理解し、社会を理解し、宇宙を理解する。
理解ベース。
真に深く理解されれば、生きる道も定まる。
自分勝手が許されることはあり得ない。

共に生きるが、基本テーゼ。
弱肉強食は、動物次元。
その次元で生きると、際限のない争いになる。
動物は、必要以上の殺戮はしない。

ところが、人は思考力があるために、恐怖の無限連鎖に陥る。
それが果てしない闘争社会を生み出す。
まだ理性は、本能を克服できていない。
より正確に言えば、本能と合体した思考に負けている。

人類は、まだ思考ベース。
本能と合体した思考ベース。
霊性と合体した理性ベースではない。
まだまだこれから・・・


『循環を 止めてしまえば 滞(とどこお)る 物も体も 心も同じ』


これが日記を書き始めて1558日目の心境。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。