記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1561日目 - 生き方の基本


今日の屋久島は、晴れている。
しかし、雲も多い。
山々は、頂上まで見えている。
海は波もなく、鳥がその上を飛んでいる。

青空は、果てしない。
どこまで行っても、青空。
飛行機に乗れば、どこまでも青い空を見ることができる。
飛行機に乗らないでも、快晴であれば空はどこまでも青い。

青空は、変わらない。
ところが、その下にある雲は常に変化している。
変化のスピードは、異なる。
しかし、移り変わるのが雲の常態。

青空をベースにすれば、安定する。
雲をベースにすれば、常に変化に見舞われる。
安定しているのもいい。
変化があるのもいい。

安定だけでは、退屈してしまう。
変化だけでは、落ち着かない。
安定と変化が共にあれば、理想的だろうか。
安定しながら変化を楽しむ。

肉体人間にベースを置けば、たかだか百年の命。
百年前後で消滅してしまう。
いくら財産やお金があっても、いつ没落するかわからない。
頑健な体も、戦争や交通事故には無力。

形あるものは、壊れる。
それが、この世の定め。
この世にあるもので変化しないものはない。
無常こそが、この世の定法。

色の世界は、無常。
目に見える世界は、常に変化変滅。
そういうものをベースに生きれば、心やすらぐことはない。
虚しさだけが心に残る。

一方、空の世界は変わらない。
始まりも終わりもない。
そういう意味では、安定している。
まさに安心立命の境地。

しかし、空だけでは、退屈してしまう。
生きているという実感がない。
ダイナミックな充実感がない。
変化がない生は、生きているとは言えない。

やはり、色の世界が恋しくなる。
あんなに儚い世界なのに、色の変化は魅力がいっぱい。
心の安定もほしい。
それと同時に、ワクワクするような変化もほしい。

人は、その両方を同時に手にすることができる。
その両方を同時に手にした時に、初めて人としての存在が完結する。
人とは、まさに色と空によってできあがっている存在。
神そのものに他ならない。

青空に片足を置く。
そちらが、ベース。
もう一方の足は、雲の上。
自由に動かせる。

あるいは、下半身を青空に置く。
上半身は、雲のなか。
そうすれば、安定しながら自由に動ける。
空にありながら色を楽しめる。

自分を全開にすれば、何も囚われがなくなる。
すべては流れる。
最高に心地よい。
もう何もいらなくなる。

しかし、それでは生きてはいけない。
生きていくには、衣食住がいる。
そういうものの一つ一つにも意識を配る必要がある。
この世のことを学び、生きる術(すべ)を身につける必要がある。

しかし、そういう生きる手段にだけ意識が向くと、生きるのが苦となる。
生きる手段も必要だが、それはあくまで手段。
生きる基本を忘れてはいけない。
空をベースに色を楽しむこと。

生活が大変な時、それに成りきれば、苦しみの人生となる。
生活が大変でも、それを楽しめば、苦しみはない。
ベースをどこに置くか。
色の方か、空の方か。

色に成りきれば、先の見えない苦しみの生。
空をベースに色を生きれば、変化を楽しめる。
未来のことはわからない。
それが変化する色の世界。

しかし、そのベースには常に変わらぬ空がある。
空をベースにしている限り、色の変化に翻弄されることはない。
変わらぬ空をベースに生きることだろうか。
常に変化する色に囚われないで生きることだろうか。

青空をベースに、変わりゆく雲を楽しむ。
雲の変化が、現実創造。
自分の望む現実を創造して楽しめばいい。
雲のように、どのような現実も創造できる。

現実とは、雲のように常に変化しているもの。
だから、囚われないこと。
変化するものに囚われれば、苦しみが生じる。
変化と共に変化を楽しむしかない。

空をベースに色を生きる。
青空をバックに雲を眺める。
静のなかで動を楽しむ。
それが、生き方の基本。


『変わりゆく ものに執着 する時に 苦しみという 思い生まれる』

『変化する 色にベースを 置く限り 安心立命 夢のまた夢』

『変わらざる ものにベースを 置かないと 無常の風に 翻弄される』

『現実を 望みのままに 創るのも 色の世界の 一場の夢』

『夢と知り この世のことを 楽しめば 夢が醒めても 驚きはせぬ』

『移りゆく 色の世界に 身を置いて 変わらぬ空に 心留める』


これが日記を書き始めて1561日目の心境。

関連記事

コメント

Re:1561日目 - 生き方の基本(04/11)

ナチュラルのほうにコメントして。。初めて今日の日記を読んで
つぼに入りました。。

きょうの日記は。。まさに青空にきれいな雲が織りなして
桜の花が散るゆくのを眺めているような。。
そんな。。爽やかな気持ちになりました。。

変化を楽しむ。。
ベースは空にある。。

生きるために苦しむのは愚かだな~と思うこの頃でしたが。。
生きることを楽しんで。。苦しいこともエンジョイしていけたら
どんなに素敵かしら。。と思いました。。

けっこう介護のお仕事は。。辛いことも多く。。
最近、辞めたいな~なんって思っていましたが。。

基本。。最初の気持ちに還る。。。
お仕事が楽しい!って気持ちで。。やっぱり続けていこうって
きょうの日記を読んで思えました。。
よ~~く考えたら。。好きなお仕事だから。。
お仕事に感謝して。。。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。