記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1587日目 - 意識の自由


今日の屋久島は、青空が広がっている。
山々もくっきりと見えている。
海の方は、少し靄(もや)っている。
暖かい。

昨日は、水晶の浄化に行った。
海も川も、もうそんなに冷たくはない。
日差しが強く、半袖半ズボンでも、まったく寒くなかった。
むしろ、水に浸かるのが心地よいくらいだった。

冬の間は、水晶の浄化も月に一回程度。
水晶祭りの直前のみ。
しかし、これからは頻繁に行くことになる。
気分転換にもなる。

海と川に浸かると、やはりスッキリする。
溜まっていたものが、洗い流される。
自宅から車で五分もかからない。
パソコンで詰まった時には、リフレッシュできる。

人は、肉体の中に入ってはいない。
ただ浸透しているだけ。
オーバーシャドー。
懸かっているだけ。

肉体よりも繊細な幽体が、肉体を包んでいる。
肉体に覆い被さって浸透している。
そうすることによって、肉体機関をコントロールしている。
肉体とは、別のもの。

しかし、その幽体も、幽体よりも更に繊細な霊体に包まれている。
霊体は、幽体を包んで浸透している。
その霊体も、神体に包まれている。
まったく同じ構造。

それが、何層も何層も重なっている。
一番外側は?
神の領域だろうか。
無限の領域。

その多重構造で、人はできあがっている。
人は、肉体にあらず。
肉体に宿借りしているようなもの。
まさにヤドカリと同じ。

肉体を通して、物質次元を体験している。
肉体を通して、物質次元を創造している。
肉体に懸かることによって、物質次元を体験できる。
しかし、肉体そのものではない。

ただ懸かっているだけ。
だから、いつでも意識は自由。
どこへでも飛翔できる。
肉体からフリー。

しかし、普通は自分のことを肉体そのものと思い込んでいる。
肉体と共に今生の意識が成長するため。
しかし、意識は肉体とは異なる。
肉体の死後も持続する。

意識は、旅人。
肉体を離れれば、また別の旅が始まる。
幽体の体験をし、霊体の体験をする。
神体の体験をし、宇宙の体験をする。

肉体に縛られないで生きることだろうか。
意識の自由を確立することだろうか。
それは、理屈ではない。
頭で理解するものでもない。

実際に、肉体から自由になること。
意識の力を取り戻すこと。
意識によって、望むものをクリエイトすること。
物質次元を超えること。

意識のフォーカスを、肉体から別のものへ移す。
肉体オンリーで生きない。
肉体を包み込むように生きる。
ふんわりと生きる。

ゆるやかに、ふわっと。
軽ーく、跳ねるように。
やわらかく、しなるように。
力を抜いて生きる。

肉体ベースから、肉体を超えたものへ。
物質次元から、物質を超えたものへ。
自由でしなやかな意識の次元。
固定のない光の次元。


『ミイラ取り ミイラとなって 本来の 光忘れて この世さ迷う』


『肉体に 囚われないで のびやかに 意識のままに 自由に生きる』


これが日記を書き始めて1587日目の心境。


関連記事

コメント

懸かる

以前の日記で、「肉体ベースから霊性ベースへ」と読みました。
(霊性ベース、ではなかったかもしれません)

その頃と、今日の日記の「懸かる」「浸透する」。

kimiさんの現在が変わられたんだなぁと感じます。
単に言葉の違いを超えて、文章の向こうのkimiさんの変化というか。

そのように層になっているのですか。
肉体ともう一つ、ならわかります。
時々、肉体がとてもわずらわしく窮屈で、重くてたまらないと感じます。
(体重の問題もありますが。。。)
そういう時は、自分が肉体に入りきっていない、
きちっと合っていないのだと思い、
グラウンディングするようにしていました。
そうすると焦点は合い、居心地は良くはなります。

懸かる・・・浸透している・・・肉体を包み込むように・・

kimiさんは自由意志で、肉体を離れたり、
移動したり出来そうですね。

>それは、理屈ではない。
>頭で理解するものでもない。

本当にそうなのでしょうね。
そうなってみたら、どんな意識で居るのだろう。

入れ子人形のように、
多重で生きているのなら、
kimiさんの見ている大きな世界も、
個人の感情の生活の、小さな出来事も、
全て今同時に在るのですね?

それは失うということではなくて、
拡がるのですね?

今日の日記は、読んでいるだけで疑似体験するように思いました。

Re:1587日目 - 意識の自由(05/07)

ゆるやかに、ふわっと。
>軽ーく、跳ねるように。
>やわらかく、しなるように。
>力を抜いて生きる。

うわーん、一生ものの課題のような気がします(>_<)

>一番外側は?
一番内側ではないのですか… ?

メンテナンス

意識は肉体とは別物で、
単にヤドカリの貝殻のようなものだとしても・・・
意識がどれほど自由の羽を持っていたとしても・・・
意識が居候している肉体の管理をしないわけにはいかない。

せっかくの面白い体験の出来る肉体貝殻というか、
肉体スーツというか・・・
(スパイダーマンの蜘蛛の巣模様のスーツみたいやなあ)
これを酷使すると、そこここ色々ほつれだす。

もう半世紀以上愛用してるので、
きしみも出てきてる。

意識は空も飛ぶ勢いなんだけど、
肉体の方は、
山道もゼイゼイ、
腰も伸縮がぎこちない。
整体メンテナンスも施しているけど、
なかなか追いつかない・・・

でも、意識が常駐している心の方は、
最近はかなり元気を維持してます。
心は使用年数に関係なく、
半世紀以上使用している今も、
いつでもリフレッシュが可能です。

これはどうやら意識と心が癒着していて、
意識に心のメンテナンスをかなりおっかぶせているからかも・・・

心がお世話になってる分、
意識もすっかり肉体化してきて、
宇宙も自由に駆け巡る羽が、
そうとう膠着状態になってるようです。

まあ、身体部分をツギハギながらも使用中は、
心は意識さんにおんぶしてもらって、
地面の当たりをふわふわ楽しく飛び跳ねていることにしましよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。