記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1599日目 - 激流


今日の屋久島は、朝から雨になっている。
先日、沖縄が梅雨入りした。
昨日は、屋久島のすぐ下にある奄美大島が梅雨入り。
屋久島の梅雨入りも秒読み段階と言える。

ここ数日で40万円分ほどの水晶を購入した。
半分以上は、クレジット。
今月のカードの支払いは、35万円ほど。
どういうわけか、水晶をたーくさん買い込んでいる。

今年は、仕事が少ない。
なんとか食べていける程度。
水晶を買う余裕はない。
もちろん、貯金もない。

あるのは、水晶貯金だけ。
そうなると・・・
手元にある水晶を手放すしかない。
自宅には、たくさんの水晶がある。

連日連夜、水晶のサイトをチェックして、何年もかけて集めたもの。
どれもステキなものばかり。
まだ手放すつもりはなかったものも・・・
背に腹は替えられぬ?

手放そうと思ってピックアップすると、そこで何かが終わる。
多少の愛着はある。
しかし、基本的に執着はない。
別れる時は、水晶にとっては新たな旅立ち。

水晶祭りの準備をするのは、楽しい。
まずどれを出すかの選定。
それから、どのように組み合わせるかの選考。
写真を撮る時もワクワクする。

より美しく撮れれば、うれしい。
まるで美人のモデルさんを撮っているような気分?
なんとなくそれに近いかもしれない。
解説文を書くのも嫌ではない。

そうやって毎月水晶祭りをして、また新しい水晶を購入している。
かなり流れている。
新陳代謝が激しい。
ということは?

新鮮ということ。
常に新しいものが流入してるので、滞りがない。
まるで川の流れ?
水晶の流れ・・・

経済的には、いつも自転車操業。
最近は、綱渡り?
でも、慣れてしまえば、どうということもない。
注意深く進めば、綱渡りも楽しめるもの。

肉の身に入ってしまうと、先のことはわからない。
時代の流れは、わかる。
これからの社会の変化も、ある程度は予測がつく。
しかし、自分のことはわからない。

わからないから、スリルがあって楽しいとも言える。
怖がらないことだろうか。
怖がらないで、スリルを楽しむことだろうか。
目隠しゲームが一番楽しいのだから。

世の中の先行きも、だいぶ怪しくなってきた。
豚インフルエンザが流行り、関西では休校が相次いでいる。
これからどうなるのか。
時代は、予測を超えて展開している。

思いもかけないことが、これから更に起きてくるだろう。
しかし、それもすべて新しい時代が開くためのもの。
古い価値観が揺さぶられ、崩壊する時。
これまでの安全神話は、すべて崩れ去ってしまう。

古い価値観が崩壊し、新しい価値観が生まれる。
心も体も物も、すべてが一新される。
古いものにいつまでもしがみついていると、だんだん生き辛くなる。
古いものを手放して、身軽になることだろうか。

最も大切なことは、しなやかになること。
フレキシブルになること。
これまでの凝り固まった価値観を放棄すること。
すべて手放して、バンザイすること。

何も持てるものがなければ、何も怖くはない。
たくさん持っていると、失う恐怖が伴う。
手放せば手放すほど、楽に生きれる。
何もないのが、最も気楽。

あるものを楽しむ。
ある限り楽しむ。
なくなれば、忘れる。
いつまでも固執しない。

あっさりと生きることだろうか。
軽やかに生きることだろうか。
激震は、人を軽くするための揺さぶり。
時代と共に軽くなることだろうか。


『激動の 時代と共に 生きるには 古い価値観 手放すしかない』

『人類(ひとびと)の 執着洗い 流すため 激流となり 時代は進む』

『たくさんの 荷物を背負って いる限り 激流渡る ことはできない』

『手放して 身軽になって 軽やかに 流れに乗って 生きるしかない』

『持てるもの 手放しきれば 淡々と 時代と共に 流れていける』


これが日記を書き始めて1599日目の心境。


関連記事

コメント

神戸の役目・・・

>『激動の 時代と共に 生きるには 古い価値観 手放すしかない』

こういうことの始まりに、
なぜか神戸が選ばれる。

わかりやすい街なのかな。
シンプルな街ということかな。
こういう事態になっても、
暗さがないって感じがする。

激動の時代を乗り切るサンプルとなりうる街なのか?

そういうなか、神戸の人々は大丈夫という、
どこか楽観できる資質を感じる。

で、きっちり古い価値観を覆すパワーがあるように思う。


我が東京の雇い主が言った。
「神戸から手紙とか荷物を送ってこないように」・・・
何か、東京人でなくてよかったって思った。
小さくないか?思考が・・・。
まあ、護身術には優れていらっしゃるのかも知れない。

ガッツや神戸!!
震災の時の街の合言葉を思い出した。

Re:神戸の役目・・・(05/19)

えっちゃん

神戸は、神の戸=神の出入り口だから、いろんなことが神戸から始まるのかもしれませんね。
すべては、天の岩戸開きの一環でしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。