記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1600日目 - 水晶の浄化


今日の屋久島は、朝から快晴。
あまりにも気持ちがいいので、水晶の浄化に行く。
早い時間なので、誰もいない。
ほとんど波がなく、海は静か。

海水は、澄みきっていた。
しかし、泳ぐにはまだ冷たい。
川は水量が少なく、川幅が半減していた。
五月にしては、極端に雨の少ない屋久島。

しかし、水が枯れるということはない。
山の方では、少しは降っている。
いつもと違う場所に水晶を浸ける。
いつもの場所は、水深が浅かった。

今日持って行ったのは、新しく届いたもの。
あまりたくさんはないので、短時間で終了。
一緒に新しいサンダルも浄化。
履いたまま海と川に入れば、自然に浄化される。

人間も少し浄化。
岩の上で、しばし瞑想。
瞑想すれば、「私」は消える。
ただ透明な水が流れているだけ。

今日から新しい水晶が続々と届く予定。
実は、昨夜も大きな水晶を買った。
15cmを超えるシトリンカテドラル。
お金がないのに、なぜ買うの?

こういうレベルの水晶は、年間1~2個しか出ない。
出た時に買っておかないと、いくらお金があっても買えなくなってしまう。
いい水晶というのは、縁。
お金があるだけでは、買えない。

ここのところすばらしい水晶が、次々とアップされている。
そのため、お金がないにもかかわらず買っている。
これだけ集中して買うのも珍しい。
今月の購入額は、軽く50万円を超えている。

たぶん、何かが変わる予兆だろう。
これだけ水晶を買うというのは。
逆に言うと、これだけ集中してすばらしい水晶が届くというのは・・・
変わり目ということだろうか。

今年も、もうすぐ半年が過ぎようとしている。
今年は、大きく変わる年。
スリムになり、シェイプアップする時。
前半は、それほど贅肉が落ちなかった。

これから、心身共にシェイプアップ。
心身をクリスタル化する。
無色透明。
人間臭さが、更に薄れていく。

人間臭さとは、この世的ということ。
この世的ということは、物質的ということ。
物質的ということは、肉体ベースということ。
肉体ベースということは、自己保存ベースということ。

それが、悪いということではない。
それも十分体験すればいい。
しかし、十二分に体験したら、いつまでも引きずらないことだろうか。
理解して、完了させる。

完了して、次へ進む。
次々と進む。
無限に進む。
終わりはない。

永遠に進んでいる。
だから、今を味わう。
未来のために今を使えば、永遠に追いつかない。
それでは、自分の尻尾を追いかけ回す犬。

永遠に進み続ける。
ということは、今しかないということ。
今を味わい、楽しむしかない。
未来のために今を犠牲にしない。

犠牲にした時は、戻ってはこない。
未来を見据えて、今を楽しむことだろうか。
未来の夢のために、今を充実して生きることだろうか。
永遠に今しかないのだから。

今日は、一年間待って巡り会えるかどうかというほどのクリアーな水晶が届くことになっている。
それが、2010年のkimi宅を支える水晶になるだろうか。
さて、どんなものが届くか。
楽しみに待つことにしよう。


『クリアーな 水晶見れば 心身も クリアーになる 見ているだけで』


これが日記を書き始めて1600日目の心境。



関連記事

コメント

1600回記念♪

神様からのプレゼントかな?
特別素敵な水晶が届くのは・・・。

1600回の日記を、
2センチ厚さくらいの500ページの文庫本にすれば、
ひとつの日記を4ページ平均とすると・・・
12冊以上!!
屋久島の写真ページも差し込めば、
15冊以上・・・なかなかのものですね。

ハードカバーの単行本で、kimi日記全集なんていうのを、
ズラ~って並べれば、
各家庭で眠ってそうな百科事典の全集もたじろぐ、
壮観な眺めになりそうですね。

☆1600回日記☆
本当にありがとうございます♪

いのちの島=・・・を読んで

最近、雇い主がつけているテレビをよく見ます。
日々、世界の混乱を見せ付けられています。

そんな時、
いのちの島=屋久島の最新記事、
kimiさんのLight News Letter No5 を読んで、
(2000年8月1日発行)
私の思考は渦を巻き始めました。

>いまは本質にそぐわないものはどんどん消去されていく時代ですから、
>よく本質を見つめ、自分の霊性を高めていくことが、
>ひいてはあなたに関係の深い魂を救っていくことにもなるわけです。
>自分の本質を見極め、霊性を高めていくこと ― >それはけっして独りよがりではなく、
>自分を高めることが周りを高めることになるのです。
                       人類の本質って何だろう?

今、世界を混沌に引きずり落とす、
軍事力の競い合い、
自然破壊、
劣悪な文化に踊らされる若者達、
独りよがりな欲望の渦に巻き込まれていく人、人、人・・・

これらこそが本質なら、
まさに今、
愛、思いやり、調和、自然への畏敬の念・・・
そういうものがそぎ落とされていく。
そして、
ひたすら破滅への飛び込みに身を投じる人、人、人・・・

そんな風に思えてしまう世界の混沌の渦。
知らず知らずに足もとが砂地獄のように崩れていき、
踏みしめるべき大地を見失う・・・

人は、自らを見つめ、
自らの中に、
愛、思いやり、調和、自然へ畏敬の念を、
見出すことが出来るのだろうか・・・

ますます迷える人類の魂・・・
私たちは人類として明日をむかえられるのだろうか・・・

踏みしめるべく大地は、
こころへの流浪の旅の果てに、
果てしなく広がっているのだろうか・・・

kimiモーゼに率いられて、
乾ききった岩山を越えていく流浪の民という私達・・・

迷いに足を引きずられる私には、
神のイカズチが振り落とされるのだろうか・・・

混乱が私を襲う・・・。

こんにちは

新しい水晶との出会いがとっても早いのですね。
私は1年?2年前?くらいの、kimiさんの一年の動き
グランディングでしたっけ?
それをひたすらしている気がします。

そぎ落としながらもまだまだ、どっしりと。
何かがあっても揺れない。
(実際あまりにもまだ揺れてるが、ひーん
揺れているのが自分になってる時が多いが、ひーーーん)
バランスよく。
そして、やっと、その後思い切り、
そぎ落としをどんどんして、やっとクリアがみえてくるんだろうかなあ?

まだまだクリアな感覚は、実はイマイチよくわかりません。
一瞬スッキリと見えて、すぐ次の雲に入ってしまう感じな感覚です。

でも透明さをようやく見たいという感じにはなんとかなってきました(笑)
透明が怖くてたまらなかったころとは、それでもどこかが変化しているのかなあ~。

この前、うつらうつらしていて、
なんでかわかりませんが、日本の中でとっても透明な水晶のそばにいたい、
もう限りなくクリアーな、水晶!が見たい!
と、めらめらと思いが湧き出た先に
いくつかの、日本の土地の下にある水晶?とkimiさんが出てきました(爆)

うーん、透明な水晶を感じに、ここに来ることができて、ありがたやです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。