記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1615日目 - 流動


ここのところ、ずっと水晶祭りの準備をしていた。
毎日毎日、水晶たちを眺めていた。
水晶は、見れば見るほど美しくなる。
これまで気づかなかった美しさに、改めて気づく。

水晶は、まるで美しさを形にしたようなもの。
美しさをフリーズさせたかのよう。
水晶の結晶とは、まさに美の結晶。
美しさが結晶している姿。

鉱物は、美しさを固定するためのもの。
変わらぬ美しさを長く楽しむことができる。
しかし、人はそうではない。
美しい容姿は、長続きはしない。

人は、固定の存在ではない。
人は、流動の存在。
その証拠に、人体の7割ほどは水。
水は、流動性の象徴みたいなもの。

人は、人体構造からしても、日々、しなやかに生きるようにできている。
毎日の出来事に柔軟に対処して生きるようにできている。
人の存在は、流動がメイン。
けっして固定ではない。

人の美しさは、流動のなかにある。
鉱物のように固定のなかにはない。
水のようにしなやかに動くことが、人の美しさ。
時に応じて変化するのが、人の美。

いつも同じパターンでは、鉱物と似ている。
老化すると、体は硬くなる。
赤ちゃんの体は、しなやか。
老化するにつれて、鉱物に近づいていく。

心も同じ。
人の本来の心は、しなやかなもの。
石頭は、老化の証拠。
固定化、物質化へのプロセス。

人体という一定の形を保ちながらも、内部では刻々変化している。
鉱物質の骨であれ、生きている限りは日々変化している。
細胞も新陳代謝を繰り返している。
血液は、留まることを知らない。

何かを成し遂げたら、次に移る。
次々に新しいものにチャレンジする。
流動とは、そのようなこと。
それが、人の本来性。

人の成り立ちは、液体が中心。
しかし、わずかに気体の部分もある。
それは、肺のなかの空気。
呼吸によって、絶えず出入りしている。

空気とは、空の気。
空とは、何もない次元。
色とは異なる変化のない次元。
流動性とは、まったく無縁の世界。

食べものがなくても、数ヵ月は生きられる。
水がなくても、数週間は生きられる。
しかし、空気がなければ、数分ともたない。
空気こそが、命にとって最も必要なもの。

空こそが、人の根底を支えるもの。
それは、空気と同じように見ることも触ることもできない。
所有することもできない。
ただ共に在るだけ。

そういう空をベースとして、人はしなやかに生きるもの。
色の世界は、変化の世界。
空の世界は、不変の世界。
不変をベースに変化の世界を生きる。

固定とは、こだわりや執着。
そういうものが強いと、物質的な生となる。
物質に呑み込まれ、しなやかさをなくす。
それは、本来の人の生ではない。

人とは、空をベースにしなやかに色の世界を生きるもの。
深く息をしながら、躍動的に生きるもの。
日々新たに現実創造しながら生きればいい。
しなやかに、しなやかに生きればいい。


『しなやかに 生きる姿が 本来の 人の生き方 絶えず流動』

『固まれば 鉱物となり 物質の 地球に還る プロセスとなる』

『囚われる ことなく生きる 心身は 常にしなやか 滞(とどこお)りなし』


これが日記を書き始めて1615日目の心境。



関連記事

コメント

Re:1615日目 - 流動(06/04)

水晶の美しさと共に、
よどまない、流れるような「生」を感じました。
とても清々しいですね。

季節の中で見せてくれる、
自然の美しさと一緒に、心に響き渡るようです。
水晶祭りが楽しみです。

しなやかに☆

無意識に過ごしていると、しなやかな流れの中にいることに気づかずに、
今この瞬間を滞らせてしまいますね。
内なる意識、自然たち、水晶やkimiさんから発せられるメッセージ。
どんな時も、しなやかさを感じとれるはずなのに、
目の前に起こることに囚われて、見過ごしてしまいがちです(*^-^*)
柔らかな光を発せられるように、
日々の体験旅行を一歩一歩、深く感じて進んでいきます。
追伸:たろうくんの名でご縁いただいた愛する皆様、
ご無沙汰しておりました。
"たろうくん"を卒業し、"tomo"として、
命いっぱいに今を過ごしています。
姿を登場させることは、あまりないですが、
同じ空のしたで、いつも手を振っています(*^-^*)
この場をお借りして、愛の発信ヾ(^▽^)ノをさせていただき、
ありがとうございました。

Re:1615日目 - 流動(06/04)

たろうくん。。もといtomoさん、お久しぶりです。
お元気そうでなによりです。。
この地球上に変わらずにあるたろうくんの愛を感じましたよ~。。
同じ空を見上げていると思うと嬉しいです。。

鉱物の美しさは。。イマイチ分かりにくい藍ですが
日々変わりゆく季節のうつろいや。。木々草花。。鳥のさえずり。。
そのようなものに美しさを感じる毎日です。。

いい名前ですね♪

tomo・・・
友であり、共であり、伴であり、供であり・・・
誰かと繋がっている名前ですね。

小さな繋がり・・・
大きな繋がりへの最初の握手。

いつも、誰にでも、ごく自然に・・・
そっと差し伸べてくれるような小さな手、
でもほんのりあったかい手・・・
そんなイメージの名前ですね。

と・MO

えっちゃんさん

とも。。。活字にしては二字ですが、確かに連れ添いトモう想いは様々。。。
あらためてその深さに感入りました。
温かいものですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。