記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1642日目 - ナチュラルヒーリング


朝から木霊の森へ行く。
今日のお客さんは、アメリカ在住の日本人。
海外在住の日本人を案内することも時々ある。
幸か不幸か、外人さんはまだない。

今日のお客さんは、超スローペース。
途中で泣き出してしまうほど、緑の世界に感動。
じっくり佇(たたず)んだり横になったりして、木霊の森を堪能。
そのため、こちらはたくさん瞑想することができた。

沢の横にある大きな岩の上で瞑想する。
流れる水の振動が、岩に伝わる。
その振動は体に伝わり、脳に伝わる。
その微妙な振動が、全身を解放する。

すべての細胞が振動し、細動と細胞の間に詰まっていたものが解放される。
最も緊張しているのは、脳。
その脳も自然の振動によって、ゆっくりと解きほぐされていく。
しかし・・・

ほどいてもほどいても、脳の緊張は際限なく出てくる。
まだまだ芯の方には緊張が残っている感じ。
これまでの60年近い人生で溜め込んでしまった緊張。
思い返せば・・・

母乳を飲みたい時に飲めないストレス。
立ち上がろうとしては躓く緊張。
保育園や小学校など、新しい環境へ適応するための緊張。
新たな人間関係によるストレス。

試験の度に感じた緊張。
初めての挑戦の時に強いられる緊張。
教師や先輩によるプレッシャー。
学校、職場、転職、転居・・・

数え上げれば、数限りない緊張を経験している。
その緊張が、まだすべては解きほぐされていない。
まだまだ多くの緊張が潜在意識に残っている。
つまり、脳が緊張している。

滝や沢の自然な振動は、心身を解きほぐしてくれる。
緊張を緩め、本来のリラックスした状態に導いてくれる。
しかし、あまりの緊張の多さに愕然としてしまう。
このすべての緊張を解放できるのだろうか。

脳の中心部を解放している。
必要のない緊張を解きほぐしている。
緊張が緩めば、それだけしなやかに動ける。
何事に対しても柔軟に対応できる。

潜在的に緊張していることが、いろんなことにしなやかに対応するのを妨げる。
緊張とは、結局は自我。
自我が張りつめているから、ピリピリイライラする。
緊張が緩めば、すべてをそのまま受け入れられる。

昔は、滝で修業した。
それは、心身を浄めるのに効果があった。
それだけでなく、全身の緊張を緩めるのにも役に立ったに違いない。
しかし、今は修行する人は少ない。

自然の振動は、無理なく心身を解放してくれる。
ガイドをしながら、全身を解放している。
不思議な仕事をしている。
こちらが解放されれば、それがお客さんにも伝わる。

結果的に、お客さんも更に解放される。
木霊の森コースは、年々ゆったりペースになってきている。
まさにナチュラルヒーリング。
自然に癒してもらっている。

お客さんもガイドも、自然のなかで癒される。
本来のしなやかな心身へ回帰していく。
それが、今の仕事。
自然のなかで自然と共に生きる。


『流れゆく 水の振動 全身に 伝わる時に 解放起きる』

『ゆったりと 自然のなかを 歩く時 自然と共に 自然に還る』


これが日記を書き始めて1642日目の心境。
関連記事

コメント

Re:1642日目 - ナチュラルヒーリング

脳の緊張=自我 という所にハッとしつつも何故か納得している自分が居ます。その緊張にしがみつきながらも、息苦しくそこから抜け出そうとあれこれ画策し、そのため余計に緊張の種を抱え込んでいるのが普通の自我のドラマなのだな~。「する」事を止めてただその意識の仕組みに気付くことだけなんだなぁ

今朝、びっくりした!!

今の私の仕事はとても高齢者の方のお世話。
横から見れば、
ノンビリ仕事に見えるかもしれないくらい、
雇い主はよく昼寝をする。
そのぶん、夜はよく目が覚めて、
私も夜中3度くらい起きてお世話をする。

でも、ずっと緊張はしているのだと、
今朝、とてもよくわかった。

夜中に、ちょっとした物音に反応していた私が、
夜、別の人が対応してくれて、
私は起きなくていいんだと思ったら、
なんと、
夜11時から、あくる朝7時まで、
完璧に寝入ってしまった。
一切の物音にも反応せずに・・・。

のらくろえっちゃんも、
すごい緊張の日々を過ごしてたんだと驚いた。

今夜は、私が対応すんだけど、
脳は緊張してくれるかなあ・・・・心配。

緊張のほぐし方

休みの日は、
緊張の職場を離れるため、
気晴らしに出かける・・・。

でも、街中を散策するのはそれなりに疲れてしまう。
やはり、
>『ゆったりと 自然のなかを 歩く時 自然と共に 自然に還る』

これがいいですね。
奥多摩の森林ボランティアは体力仕事。
間伐の時は直径20~30センチくらいの樹を鋸で切り倒し、
3メートルくらいに切り分けて、
山に平行にその丸太をまとめる・・・・
生木は重い。

でも、そんな山仕事も、
疲れが爽快で気持ちは晴れやかです。

自然の癒しに包まれての山仕事は、
最高の緊張のほぐし方です。
わたしにとって・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。