記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1659日目 - 真の願いと自我の願い


晴天が続いている屋久島。
天気が良いと・・・
夜もすばらしい。
毎晩、天の川が見える。

天の川は、無数の星々の集合体。
まさに夜空に浮かぶ銀色の河。
悠久の光の煌めき。
それは、気が遠くなるほど美しい。

昨日の日記に対して、いろんなコメントが寄せられた。
真の願いと自我の願い。
それは、どのように違うのだろうか。
どうやって見分けるのだろうか。

真の願いは、魂の願い。
今生の意識の願いだけではない。
今生の意識と魂の意識が一体となった願い。
それが真実の願い。

この世で実現したいもの。
今生に生れてきた目的。
それは、多少の困難で揺らぐようなものではない。
どうあっても実現したい夢。

一方の自我の願いは、どうだろうか。
自分の思うようになると喜ぶ。
思うようにならないと落胆する。
まさに一喜一憂。

この世的なものに惹かれる。
カッコいいかどうか。
お金になるかどうか。
幸せになれそうかどうか。

地位、名誉、財産、幸福・・・
すべて社会的に認められた価値。
自分がどのように思われるか。
自分がいかに認められるか。

注目を浴び、賞賛される。
羨ましがられ、自慢できる。
見下されることなく、尊敬の眼差しで見られる。
親戚や知り合いからも尊重される。

自我の願いは、意識が外側に向いている。
いつも自分がどのように見られるかが気にかかる。
自分のことが何よりも大切。
外側の状況に振り回される。

自我の願いは、意識の表層の願い。
それは、社会的影響によってできあがったもの。
成長過程の価値観が投影されたもの。
生まれ育った環境によって左右されるもの。

しかし、真の願いは、そうではない。
深い深い願い。
生まれ出る前からの願い。
内側から湧き上がってくる願い。

本当に真の願いを生きている時は、深い喜びがある。
心から充実している。
このために生れて来たという充足感がある。
魂と自分が一つになっている。

真の願いを生きることだろうか。
魂の願いを生きることだろうか。
この世に生れてきた目的を生きることだろうか。
それが最も充実した生き方なのだから。

表層の自我で生きれば、一喜一憂、喜怒哀楽。
外側に振り回される人生。
外側をベースに生きるか、内側をベースに生きるか。
この世的な価値を生きるか、この世を超えた価値を生きるか。

真に自分が望んでいるものは何か。
今の生き方でいいのか。
この方向で間違っていないのか。
常に自分に問いかけることだろうか。

問題は、相手ではない。
夫でもなく、恋人でもない。
好きな人でもなく、恋い焦がれる人でもない。
問題は、自分自身。

自分の生き方が、すべて。
自分の生き方が問われているだけ。
自分は、どのように生きたいのか。
ただそれを明確にすること。

そして、それが明確になったら、それを生きる。
相手がどうだからと、自分が揺さぶられない。
自分を生きる。
相手に左右されるのではなく。

自分の生き方を明確にすれば、相手はそれに沿ってくれる。
沿ってくれなければ、縁がないということ。
あるいは、時期が来ていないということ。
生まれてくる時に契(ちぎ)りを交わしている相手であれば、きっと応じてくれる。

いずれにしても、相手ではない。
自分の生き方をいかに明確にするか。
それがすべて。
それが明確であれば、それに沿って事態は展開する。

自分がクリエイトする自分の人生。
自分の生きる方針を明確にすることだろうか。
自我の方針ではなく、魂の方針に気づくことだろうか。
真に魂が願っていることに気づくことだろうか。

それには・・・
常に自分自身に問いかけること。
これでいいのか。
自分は本当は何をしたいのか。


『こまやかに 自分自身を 点検し 真の願いを 見つけ出す夏』

『外側に 振り回されず 内側の 真の願いを 見届ける時』

『外側は 真の願いを 見つけ出す ための触媒 縁でしかない』

『外側に 左右されずに 内側の 願いこの世に 花開かせる』

『魂と 一つになって 真実の 願いこの世に 花開かせる』

『真実の 願いは神や 魂と 一つになって 宇宙創造』

『掛け値なし 今目の前の 現実が 自分自身の 宇宙創造』


これが日記を書き始めて1659日目の心境。

関連記事

コメント

感謝します

Kimiさん コメントをありがとうございました。
皆さんに対するコメントを読みながら涙が溢れ止まりませんでした。Kimiさんの深く暖かい意識、無条件の愛に感動したのでしょうか。心から感謝しています。

涙で執着していたものが流れていったのでしょうか。とてもすっきりしています。

>『こまやかに 自分自身を 点検し 真の願いを 見つけ出す夏』

夏休みの宿題のようでわくわくします♪
真の願いを見つけ出し、そのように生きたいと思います。水晶祭りで縁があった水晶たちも暖かくサポートしてくれることでしょうね♪
心から感謝します!Kimiさん、ありがとうございます!!!

消去法

アラスカに行きたい!
屋久島に行きたい!
オーロラを見たい!

私の願いは真の願いかな?

どうしてもか?
・・・と自分に問うてみる。
何を差し置いてでも・・・・かな?
う~~~ん・・・それほどでもないか・・・
と消去していくと、
つまるところ、
安らかな心で生きること・・・という感じか。

大自然に包まれて、
この宇宙の大きな流れに身を任せ、
感謝とやすらぎでこころ満たす・・・。

安らかな満たされたこころのリズム。
それは宇宙のリズム。
宇宙の呼吸。

私たちが生きることそのもの・・・
そのことこそが、
宇宙の調和を担っている。

>『掛け値なし 今目の前の 現実が 自分自身の 宇宙創造』

私たちが、調和した安らかな生き方を見出し、
実践することが、
宇宙の調和を維持する小さなパワー・・・。

そして、沢山のいのちが生み出す大きなパワーとなって、
この美しい宇宙を日々創造し続ける・・・。

この地球の混乱は、宇宙の呼吸を乱すかも知れない。
私たちが安らかなるこころで宇宙とともに深呼吸して、
美しく調和した宇宙の次の瞬間の担い手となる。

真の願い・・・
それぐらいシンプルで壮大なものかも知れない。

Re:1659日目 - 真の願いと自我の願い(07/18)

真の願いを体現されていらっしゃる方を見ると、
魂が震えるくらいの感動をします。
それは、きっと、
たった一人の願いだけに留まらない願いなのではないか...
と、感じさせられます。
真の願いというのは、
すべての魂に共鳴する、
宇宙のおおもとの、願いに繋がっているのではないでしょうか?
たとえその「願い」とやらが、
たった一人の個人的レベルのように見えていても、
自我を超えた、真の願いというのは、
そういう万物を震わせる、波動があるのだと感じます。

どんな事があっても揺らがない真の願いは、
宇宙そのものなのかも知れませんね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。