記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1673日目 - 時代の風


暑い日が続いている屋久島。
ノウゼンカズラの赤い花が咲いている。
子供の頃、自宅にあったのでよく覚えている。
大きな縁台の上で、夕涼みしながらスイカを食べた。

まだ冷蔵庫がなく、井戸に浸けてスイカを冷やしていた。
生活は豊かではなかったが、ゆったりとした時間が流れていた。
自然がたくさんあった。
今のように排気ガスはなかった。

皆既日食が過ぎて、何かが変わったようだ。
空気感が違う気がする。
なんとなくクリアー。
透き通るような透明感がある。

意識も自然も一段とクリアーになった。
クリアーになった分、光と闇がはっきりしてきた。
より鮮明に目の前に現われている。
人のなかに内在していたものが、どんどん光に照らし出されている。

一人一人のなかの光と闇が、浮かび上がっている。
社会の光と闇も、これから更にはっきりしてくるだろう。
奥の奥まで光が届きつつある。
潜在意識の奥にしまわれていたものが、表に出ようとしている。

個人的にも社会的にも、光が浸透している。
自然のなかにも光が沁み渡っている。
地球上のすべてに対して、より光が強くなっている。
この流れは、強くなることはあっても弱くなることはあり得ない。

自分のなかを直視することだろうか。
すべてを曝(さら)け出すことだろうか。
もう隠し事はできない。
すべてをオープンにするしかない。

隠し事をすれば、暗くなる。
光が当たらないので、ジメジメする。
重たくなり、息苦しくなる。
すべて手放すしかない。

自分のなかに光が浸透する。
光が突き抜ける時、自分のなかが明らかになる。
自分のなかの光も闇も浮かび上がる。
それらを見守り、手放す。

良いも悪いもない。
いつまでも重たいものを持っていない。
重たいものを背負っていると、急激な時代の流れのなかで溺れてしまう。
時代と共に生きるには、身軽である必要がある。

これから更に軽くなる。
これから更に明るくなる。
これから更にオープンになる。
これから更に自由になる。

何も持たずに身軽になって生きる。
必要なものは、必要な時にやってくる。
望めば、実現する。
波動が速くなれば、すべてそのようになる。

クリアーな世界が開こうとしている。
透明感にあふれた時代が開く。
風が吹き抜けるような清々しい地球になる。
重たい地球は終わる。


『吹き抜ける 風は透明 光色 すべてを照らし 闇を消し去る』

『持てるもの 風にまかせて 手放せば 体のなかを 風吹き抜ける』

『何もない 自分のものは 何もない 自分のなかを 風吹き抜ける』


これが日記を書き始めて1673日目の心境。

関連記事

コメント

Re:1673日目 - 時代の風

あ~何てクリアな空気でしょう。。 
先ほどちょうど、「隠さずにまんまでいこう」と決心していたところでした。 
ありがとうございます。 

な~~んもないけど・・・

>『何もない 自分のものは 何もない 自分のなかを 風吹き抜ける』

でも、吹き抜ける風を感じる心がある。
それだけで、
たっぷり心地よく、
たっぷりうれしい。

時に、
吹きすぎる風がひんやりと感じられることがあっても、
それすらもありがたいなあ。

心を澱ませる事なく生きていられるなら・・・。

爽やか!

日記を読むと爽やかな風が自分の中を
吹き抜けていきました。
ありがとうございます!

執着すれば重く苦しい・・・
ということがしっかり理解できれば
それらを手放すことができるのでしょうか。

今ここで見守り手放していきたいと思います♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。