記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1710日目 - 乙女座の愛


屋久島は、まだ30度を超える日々が続いている。
しかし、突然雨が降ることも多くなった。
夏から秋へ、ゆるやかに変わりつつある。
夜は、虫の音が涼しい。

「屋久島ナチュラルヒーリング」のHPでは、水晶祭りが開かれている。
今回は、乙女座の水晶祭り。
牡羊座から始まった人生は、乙女座で前半の終りとなる。
次の天秤座からは、徐々に個から全体へシフトしていく。

牡羊座では、この世に誕生する。
肉体次元での生きるか死ぬかの戦いが始まる。
牡羊座は、サバイバルゲーム。
この世に生き残るために必死に生きようとする意志や情熱を表す。

牡牛座では、肉体的には安定する。
双葉が、芽吹く頃。
未来へ向かっての希望と明るさに満ちている。
しっかりと大地に根を張り、地道に努力を積み重ねていく時期。

双子座になると、好奇心が目覚める。
いろんなものに興味を示す。
この世のものが、すべて珍しい。
この世に生れてきた興奮で、ワクワクしている時期。

蟹座になると、感情が目覚める。
人の世の多くの感情を体験する。
この世は、一喜一憂、喜怒哀楽の世界。
人生が、一段と豊かになっていく時期。

獅子座になると、自我が確立する。
自分を強く意識するようになる。
自己の中心が確立し、何事も自我ベースで生きるようになる。
自分がどう見られるかが、何よりも重要になる時期。

そして、乙女座となる。
自我が確立すれば、次は恋に目覚める。
異性が気になり、異性との関係のなかで自分を成長させていく。
絶えず異性のことを考える夢見る乙女となる。

それと同時に冷静な思考力も発達する。
それが、学問や科学の基礎となる。
物事を細かく分析し、冷静に判断する。
几帳面で整頓された秩序となる。

乙女座の守護星は、水星。
水星は、知性の星。
純粋な思考力の象徴。
乙女座の冷静な思考力を表している。

冷静な思考力や分析力を表すのは、ブルー。
濃いブルー。
紺碧や群青や藍色。
石では、サファイヤやラピスラズリやアズライト。

恋する乙女は、ローズクオーツ。
愛と美。
女性性の象徴。
やさしさと美しさ。

ローズクオーツは、本来の愛の自分へ還るサポートをしてくれる。
ただ見ているだけでもいい。
ネックレスやブレスレットにして身に付けてもいい。
やさしいピンク色が、人をやさしくさせる。

傷ついた心も、ローズクオーツを見ていれば自然に癒される。
怒りや憎しみの感情も、ローズクオーツによって鎮まっていく。
ローズクオーツという石が持っている波動が、人をやさしく包む。
やさしさに包まれれば、人もやさしくなる。

ローズクオーツは、本来の愛の自分へ還るためのアイテム。
一人1個は持っていてもおかしくない水晶。
いや、最低1個は持っていたい水晶。
それは、女性に限らない。

今、男性に求められているのも、やさしさ。
男性にとってもローズクオーツは、たいへん役に立つ。
男性性が女性性に包まれて、バランスが取れる。
攻撃的ではなくなり、平和的になる。

女性は、ローズクオーツを見ているだけで肌が潤う。
ローズクオーツには、女性ホルモンを活性化させる働きがある。
心も体も潤う。
ローズクオーツは、最大の潤いである愛にリンクしている。

愛は、無限の潤い。
愛は、無上の潤い。
愛は、人を根底から癒す。
愛は、人を幸せにする。

もっと自分のなかにある愛を目覚めさせたかったら、ローズクオーツと一緒にいるといい。
じっと見つめているだけでもいいし、ブレスレットにしてもいい。
枕元に置いてもいいし、握りしめて寝てもいい。
ハートの位置にローズクオーツを置けば、ハートがあたたかくなる。

愛は、乙女座に限らない。
12星座の最後に位置する魚座こそ、愛の星座。
終局は、無償の愛。
すべてのものに対する無条件の愛。

乙女座の愛は、まだ個人的な愛。
無償の愛に至るプロセス。
個人的な愛を経て、無条件の愛となる。
多くの愛の経験の果てに、無条件の愛が待っている。

それは、所有しない愛。
ただ愛するだけの愛。
一切の自我が入らない愛。
ただハートからあふれ出す個別性のない愛。

そういう愛への糸口として乙女座の愛がある。
自分のなかに眠る無限の愛への入口。
ハートを開き、愛を解き放つスタート地点。
限りない愛の世界に入るきっかけ。


『限りない 無償の愛に 会うために 恋する乙女 愛の始まり』

『乙女座は 愛の始まり 手にすれば 愛が芽生える ローズクオーツ』

『たくさんの 愛の体験 経るなかで 無償の愛は 静かに開く』


これが日記を書き始めて1710日目の心境。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。