記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1711日目 - 水晶を感じて(2)


(1711日目の続き)


以上が、送られてきたメールです。
一部短縮して掲載しました。

闇と恐怖におおわれた地球から、光と愛の地球への転換!
そのための動きが、いろいろあるようですね。
この地上だけでなく、宇宙的にも動きがあります。
それらの結果として、地球は新しく生まれ変わろうとしています。

もうリバースするのは、時間の問題です。
間違いなく新しい地球になるでしょう。
これからが、クライマックスですね。
その際に、水晶は役に立つでしょう。

『多くの闇や恐怖があります。
光で囲い、そのなかへ愛の雫を落としましょう。
すべては愛と光に変換されます。』
という女神様の話がありました。

それは、この世的にも応用できそうですね。
自分のなかで闇や恐怖を感じた時、それらを光で包み、愛の雫を落としてあげるといいでしょう。
そうすれば、その闇や恐怖は光や愛に変わっていきます。
実際に自分で試してみてください。

それは、イメージのなかの作業です。
その際に、ピンクのローズクオーツが役に立つのですね。
ローズクオーツは、愛の象徴。
いつも見つめていると、愛の感じがわかるのですよ。

やさしい、やさしいエネルギーです。
本当に母のようなエネルギー。
まさにすべてを包んで癒す慈母観音のエネルギーですね。
ローズクオーツは、そういうエネルギーを持っているのです。

別にローズクオーツに宣伝を頼まれたわけではありません。
ローズクオーツは、そんなことを頼んだりはしません。
ただ静かに愛の波動を放っているだけです。
それこそが、見返りを求めない無償の愛ですね。

水晶は、今は地球のアセンションをサポートするために存在しているような感じですね。
アトランティスなどの太古の時代から、水晶は人類の役に立ってきました。
これからますますその役割が大きくなるでしょう。
水晶というのは、本当にすばらしい存在です。


『闇・恐怖 光で包み 一滴の 愛の雫(しずく)を 落とせば消える』


これが日記を書き始めて1711日目の心境です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。