記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1743日目 - 瞑想=花


昨日は、久しぶりに木霊の森へ行った。
台風明けの森は、たくさんの枝が落ちていた。
それだけでなく、多くのドングリもあった。
杉の葉の香りがしていた。

一番驚いたのは、ハートマークがなくなっていたこと。
ハートマークとは、ハートの形をしたキノコ。
何度か「屋久島ナチュラルヒーリング」のHPのトップ写真で紹介したことがある。
木霊の森のアクセントの一つだった。

そのハートマークが付いていた木が、見事に折れていた。
元々枯れてはいたが、こんなに早く折れるとは思ってもいなかった。
木霊の森の観光資源が、一つ減ってしまった。
森は、刻々に姿を変える。

お客さんは、4人。
一度に昼寝できないので、交代でやってもらった。
その間、こちらは瞑想。
長い間、瞑想することができた。

瞑想しながら感じたことは・・・
人は、花のようなもの。
頭の上が、花びらのように開く。
尾てい骨は、地球深くに根を張っている。

静かに瞑想していると、自分が花になったような気になる。
頭は、花びらのように全開。
宇宙からのエネルギーが、ドーンと入って来る。
同時に、地球からのエネルギーも天に向かって解放される。

人は、元々花だったのだろうか。
植物だった時があるのだろうか。
静かに動かなければ、花と変わらない。
森のなかに咲く花となる。

沢は、水量が多かった。
台風の後は、雨は降っていない。
台風の雨が、まだ流れているのだろうか。
森の保水力のすばらしさ。

誰もいない森をゆっくり歩く。
美しい森を堪能する。
屋久島の自然そのものを満喫する。
森の霊気が、全身を包む。


『静けさの 森で瞑想 する人は 大地(つち)に根を張り 宇宙(そら)に花咲く』


これが日記を書き始めて1743日目の心境。

関連記事

コメント

Re:1743日目 - 瞑想=花(10/12)

クリシュナムルティが ”FLOWERING”
といっていたのはそういう意味だったのか!!

まあそれはさておき、瞑想することについて教えられました。ただ在ることの充溢。

いいなあ・・・・花だって?

地球が生まれて・・・
海と陸が出来て、植物が繁茂して、
それに伴って微生物も存在して・・・
やがて人に繋がる生物の流れ。

かって花だったかも知れないなんて、
嬉しくなるなあ。

私は樹だって嬉しい。

樹なんて、何十年も何百年も瞑想してるんですね。

私が瞑想出来ずにいるのは、
せっかく動物である「人」に生まれたからには、
頭も身体もとにかく動かしていたいのかも知れない。
一番動かしているのは、
食べる、しゃべるがフル回転の口ですけど・・・。

それでも、
時には花や樹になって、
天地とひとつに繋がりたいですね。

開花

この日記を読んで、昨夜寝る前、花の瞑想をしてみました。
森のなかでの瞑想ではなく、ベッドの上の瞑想でしたが、
頭の上が花びらのように開く・・・ そこへエネルギーがすーっと
降りてきました。
(ドーンではなかったですが)
(神々しい光のエネルギーで、とても美しかったです)

一枚一枚の花びらが光を受けて輝き、私のなかにエネルギーが
すーっと入っていき、同時に地中からもエネルギーが上がってきて、
光が融合し、・・・そんな感覚を感じながらそのまま眠りにつきました。

今朝、目覚める一瞬前、「すべては愛の花、・・・開く」 という声が聞こえました。
その、一瞬のメッセージの一瞬の時間に、生きとし生けるすべてのもの、
目に映るすべてのもの、目に映らないすべてのもの、集中固定化された世界の
すべてのものから、次元を超えて無限に広がる世界まで、すべてのすべてが
愛の花であるという感覚が、私のなかで湧き起こりました。

そのとたん、同時に、私の意識が、360度に解放される感覚を覚えました。
たぶん、そのメッセージのエネルギーのサポートにより、私という愛の花が開き、
すべてのすべてに宿る愛の花々と共鳴し、ひとつになったのでしょう。

残念ながら、その感覚は、起きてしまうと夢となりましたが・・・
そのような体験ができたこと、貴重なことであったと思います。
美しい、普遍の愛と共鳴することのできた体験でした。
そしてそのきっかけを与えてくださったkimiさんの瞑想、この日記に感謝します。

お花にはなれなくても。。。^^;

森の苔とか。。。欲を言えば 新芽とか

になりたいものです♪ 無心で ただずむ

のっていいですね。

キノコの役目

テレビでキノコ博士が言ってました。
キノコは落ち葉や朽ちた樹を分解するために生えるとか。
森は、
キノコによって掃除されたり、
キノコによる落ち葉などの分解で土を肥やしてもらったりしてるんですね。
森はキノコで輪廻転生されていくともいえるんですね。

すべての存在に大きな意味があるということ・・・かな。
たとえ、誰の目に触れるというようなことでなくとも。

存在自体が大きな自然の流れの、
輪廻転生、新旧交代、変化、破壊、再生を担っている・・・。
ハートマークのキノコ、
愛をもって朽ちつつある枝の最後に付き合ってたんですね。

せっせと地球の現環境を食いつぶし破壊する人間。
人間の愚行もそういう流れの破壊部分を担っているのかも。
新しい地球のために?
人間の存在もまんざらでない?

キノコと同じ?
キノコより不器用・・・かな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。