記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1798日目 - 光のネットワーク(2)


(昨日の続きです)


「息子の原石さんを机の上に置いて、両手で包んで、その上に額をのせてエネルギーを感じていました。
宇宙に美しい輝きを放つ光のエネルギーが、手前(私のほう)から向こうへ、光のラインを描いているのが見えてきました。
宇宙空間を突き抜けるかのような勢いで、すごい速度で、エネルギーがコイル状に回転しながら、まっすぐ向こうへ。
まるで光輝くエネルギーのトンネルのようでした。

次に、石を感じている私に、やさしい黄金色の光が降りてきました。
光は、私を筒状に包みこみます。
天と地が光のパイプで繋がり、私はそのパイプのなかにいます。

その光のパイプ(エネルギー)のなかは、空気の層のようなものが明らかにパイプの外と違いました。
絶対的な愛と浄化の光の空間。
すべてが浄まる空間。

ふと、この降りてきている光を広げられないかしら、と思いました。
私をすっぽりと包んでいる光のパイプ、この光のパイプを広げられたら・・・
光が、ここからお隣まで広がらないかしら、向こうの幼稚園で遊んでいる子供たちのところまで広がらないかしら(園児たちの楽しそうな声が聞こえてきます)。
たくさんの家々、人達、道に咲く花、木々に、光が届いて包まれたら、光の空間になれば、どんなに素敵かしら・・・

そんなことを思いながら、光を広げようとしてみました。
でも光はなかなか広がらず、そうしていると突然場面が切り替わりました。
そして、不思議なビジョンが見えてきました。

暗い広大な空間に、無数の点が点在する網目が見えてきました。
白く小さく輝く無数の点は、すべてライン(網目)で繋がっていました。
巨大なネット。
気の遠くなりそうなほどの、大きなネットです。

何だろう?と思いましたが、すぐに、その小さな光は、人々の個々の光だとわかりました。
私は、私の意識は私だけのものではない、すべての人々とこうして繋がっているのだと、視覚を通して実感しました。

個々の光を繋いでいるラインは、すべての人々の意識が行き交っています。
もちろん、闇の想念、ネガティブな想念、それらの意識も行き交います。
個は個ではなく、ネットを通して流れてくる想念や意識に、気づかなくとも影響を受けているようでした。

見えるネットの一番手前が、私の光でした。
私の光は、白く光が立ち上がっていて、大きく輝いていました。
(あの~、自分を自画自賛しているような書き方ですが、これは、その時私が光のエネルギーのなかにいる状態でしたので光が大きかった、と付け加えておきます)

その、大きく輝く光を見て、気づいたこと・・・
私の光が小さいと、流れてくるあらゆる想念をそのまま受けて、受けたものをまたそのまま流してしまう。
でも、光が大きければ、流れてくるもので浄化が必要なものは、そのまま光のなかで光に転換されます。
私はどんなネガティブな想念にも影響されないし、それらを浄化することができる。
そして、私から流れるのは、光。

受けたネガティブな想念はそこで光に転換されるので、もう古い想念はネットを流れてはいきません。
だから、大きな光がネットのあちこちにあることで、少しずつではありますが、流れる光の意識が増えていくのですね。
(光が大きければ大きいほど、浄化がクリアーに行われ、流れる光も大きいです)
そして、だんだんとグリッドが輝いていき、個々の光も大きくなっていくのです。

ネットを見渡すと、私の光などよりはるかに大きく輝く光が、あちら、こちら、存在していることに気づきました。
たぶん、アセンションに導く役目を大きく担った方々の、それぞれの光でしょうか。
kimiさんの光もありました。
とても大きく輝いていましたよ。

一際大きく輝く光から流れてくるエネルギーは、私の光が大きければ大きいほど(器が大きいほど)、多く受け取ることができるのでしょう。
私の普段の意識では、自分の光を大きくすることは難しいかもしれません。
でも、水晶のサポートによって、光のエネルギーに包まれ、私自身の内なる光が大きく輝き、光のネットワークを結んでいく一端を担えること、それは何も難しいことではなく可能だということを、ビジョンを通して感じました。

そのうちに、何のサポートがなくても、私自身の内なる光がそのまま輝ける、そういう時がくるのでしょう。
それまでは、水晶さん、それからkimiさんに、大きな力添えをいただきたいと思います。

光のライン(ネット)のビジョンから、また意識が光のパイプに包まれている私に戻ってきました。
光は、やはり広げることはできません。
でも、ここで、私の意識が大きく光り輝くこと、それが光を広げていくことなのだと思いました。
光を満たすお手伝いができるよう、邁進していきたいと思いました。
まずは、私。
私はすべてと繋がっているのだから・・・

ここまで感じて、超眠気が襲ってきて、そのままこてっと寝てしまいました。
途中目が覚めて、続きのビジョンを見たのですが・・・
また寝てしまい・・・忘れてしまいました。

ビジョンの説明も、いつもわかりづらくてすみません。
なかなか、エネルギー的なことや、見える映像が言葉で伝えられなくて・・・
読んでいただくの、申し訳ないですが、いつもありがとうございます。」



スケールの大きなビジョンですね。
人類全体を見渡すビジョンです。
すべての人々は、繋がっているのですね。
エネルギー的に繋がっているのです。

人類は、個々別々でもあり、ひとつでもあります。
それは、宇宙の構造とまったく同じですね。
個であり全体であるのです。
色であり空でもあるのです。

ですから、本当は自分だけということはあり得ません。
常に人類全体と繋がっているのです。
お互いに影響し合っているのですね。
だから、共に生きるしかないのですよ。

自分が発する想念が、人類全体に影響を与えます。
自分も、他の人々の意識の影響を受けます。
そうやって、人類は生きているのです。
別の次元から見ると、それがはっきりわかるのですね。

光のネットワークの所々に、大きな光の存在がいるようですね。
そこを通ると、濁った光がピュアーな光になって出てきます。
人類の想念を浄化しているのですね。
光が小さいと、濁ったままの光を再生産することになります。

大きな光とは、光の源に近い光ということですね。
だから、ネガティブな想念に影響されないのです。
小さな光とは、意識の表層で生きている人々です。
だから、ネガティブな想念の影響を受けるのです。

自分の光を大きくしたかったら、深く生きることですね。
深く生きるとは、自分自身であること。
どこまでも自分自身であること。
深い深い本来の自分自身であることです。

自分の本質を自覚して生きることですね。
この世的な意識だけで生きないことですよ。
この世的なものに翻弄されて、自分の本質を見失わないことです。
真実の自分を生きることです。

自分自身の光を生きるのに、水晶は役に立ってくれそうですね。
こんなビジョンを見せてくれるのですから。
もちろん、人によってサポートの仕方は異なるでしょう。
その人に最も必要な形でサポートしてくれることでしょう。

自分自身の光を広げること。
それが、人類に最も貢献できることです。
それは、何も難しいことではありません。
ただ自分自身を生きればいいだけです。

自分に正直に。
自分に誠実に。
真に自分が望むように。
自分の真実を生きればいいだけです。

誰でもできることです。
ただ、肉体的な恐怖に負けなければ。
本能と思考がドッキングした欲望に翻弄されなければ。
この世的なものに支配されなければ。

自分という主体を確立し、この世的なものは活用することです。
感覚や感情や思考に翻弄されず、それらを見守ることです。
自分自身を理解し、自我を超えていくことです。
自分のなかに光の柱を立てることですね。


『感覚や 感情・思考 超えていく すべて見守り 光確立』

『揺るぎない 光であれば ネガティブな 想念浄め 光広げる』


これが日記を書き始めて1798日目の心境。

関連記事

コメント

ごめんなさい、そしてありがとう

kimiさん、こんばんは。
今日の日記で、しっかりとヒント……というよりも答えですね、頂きました。本当にありがとうございます。
まだまだ固い殻に閉ざされている私の魂ですが、真のところでは、今日の言葉たちを受け止められた気がします。「深実」に触れることができました。
蠍座の水晶さんと、それを受け取りこのレポートを書かれた方にもお礼が言いたいです。どうもありがとうございます。

私を含め、悩める方々にたくさんの希望の光が降り注ぎますように☆

こんばんは

読み進めるうちになんだかとめどなくおいおいと涙がでてしまいました。
私の中にある、痛み、人の染みついた、抜けない染み、痛みみたいなもの。
そういうものをはっきりと浮き立たせ、そういうものが涙として出来る感じ。

伝えてくださって本当ありがとうございます。
これが光が流れるということ。
浄化し光に転換している。光を流してくださっている。

私は自身の想念、集団想念やさまざまな邪念快楽狂気、やっぱりおどろおどろしたものにまだまかれることも多いし、
私自身が同化してしまったりします。

やっぱり、自分を見つめてから果てしなくでてくる物は、変わらずに毎日あります。

気づかずにいれば、現実を見るし、そして、周りもそうやって総動員で出している気がします。
それはとても暗く、その衝動にじっとじっと留まります。

誰が何を言ったって、この痛みと暗いものは無視できず、おいていくこともできず、蓋もできず、どうともならず、・・・
それはもう、さんざん今までやってきたのだから・・・。

ただただ見守り、果てしなく度胸?とおおきな気持ちなようなもので留まりながらいるけれど、


でも、それらがありつつも、向かいたいのは、自身からは、精一杯の今見えうる進める範囲の澄んだもので進みたいと思っています。

それだけは譲るわけにはいかず。
明け渡すわけにはいかず・・・。

過去想念はたかが過去でつくられただけのもので。
つらくかんじるけれど・・・。
もうそれを頼りに現実を作るのはおしまいにしたい。

にごったものを再生産しないように、本当に自身を見てそう感じています。
なんだかわからない文章になってしまったけれど、ありがとうございました。

そう

そして、不思議ですね。
幸せのようなやわらかさで包まれるのですね。

人々が抱えてきたたくさんの染み付いた痛み、
抜けない染み、見たくなかったもの、持ちきれないものが、
そうやって包まれていく。

本当、みなが幸せに包まれてこそ、ですね。
みんなで共同作業になっているのがいいですね。
それが私の奥で・・・頭で判断できない幸せを感じます。

宇宙はひとつだってこと。
ひとつが生きているような。そんな感じ。

でもって、読ませていただいて、非常に私の腹が痛いのは、やっぱり腹黒を浄化しているような気がします^-^;;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。