記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1823日目 - 基本の基本



今日の屋久島は、強い風が吹いている。
時々は雨も降っており、寒い。
海は、大荒れ。
高速船もフェリーも欠航。

しかし、郵便局へ行く途中で虹を見た。
今年最後の虹。
白波の目立つ海に淡い虹が架かっていた。
今年もめでたしめでたしということだろうか。

今年は、変化の年。
政権が代わり、政治も変化し始めた。
すべてが加速度的に変化している。
エネルギー的には、ずいぶん明るくなった。

来年は、更に加速度がつく。
もう何も心配はいらない。
あれこれ気を病む必要は、まったくない。
光に向かって一目散に進むのみ。

年末に感じることは、極めてシンプル。
落ち着いて話を聞き、落ち着いて話をする。
相手の言うことを冷静に受けとめ、自分の伝えたいことを冷静に話す。
単純なことだが、それに尽きる気がする。

相手の言うことを素直に聞くことは、意外と難しい。
自分の利害得失に絡むと、すぐに感情が反応する。
思い込みやトラウマが、黙ってはいない。
最後まで冷静に聞くことは、至難の業。

自分の言いたいことを冷静に話すのも難しい。
こんなことを言ったら何と思われるだろうか。
自分がどう思われるかが気になると、なかなか冷静には話せない。
静かに冷静に話すことは、意外と難しい。

冷静に人の話を聞き、冷静に自分の話をする。
極めて基本的なこと。
ところが、これができる人は意外と少ない。
ついつい感情的になってしまう。

冷静に話を聞くためには、自分の利害得失を超える必要がある。
意識のポイントが自己中心的なところにあれば、すぐに反発が起きる。
自我が反応するのを見守るところにいないと、人の話を最後まで冷静に聞くことはできない。
自分の思い込みやトラウマが刺激されると、自動的に反応する。

そして、反応から話をすることのいかに多いことか。
反発や反応から話をすれば、冷静な話ができるはずがない。
相手にどう思われるかばかりを気にしていても、冷静な話はできない。
自意識が強ければ強いほど、自己中心的で思い込みの激しい話となる。

冷静に話を聞き、冷静に話をする。
そんな単純なことが、意外とできない。
それは、小さな自我を超えて初めてできること。
自我の反応に振り回されない状態になって、初めて可能となる。

基本は、極めて単純。
自分自身を見守るしかない。
反応する自分を見守る。
反応しているのに気づいて、冷静さに戻る。

相手が伝えたいことを、深く理解する。
自分が伝えたいことを、心静かに話す。
その両方ができるようになれば、心は安定する。
いつもそのような状態であれば、もう何も言うことはない。

霊的でなくても、スピリチュアルでなくても、常に冷静であること。
冷静は、霊性に通じる。
真に心が静まれば、黙っていてもスピリチュアルになる。
冷静は、やがて霊静となる。

静かに話を聞き、静かに話をする。
自分を勘定に入れずに、客観的に話を聞き、客観的に話をする。
冷静によく話し合う。
お互いに納得できるよう話し合う。

急がないで、ゆっくり進む。
落ち着いて話し合う。
お互いが納得のいくところを探る。
静かに時間をおいて話し合う。

それは、日常でできること。
修行もいらなければ、精神世界のセミナーもいらない。
日々の生きる場所が、修行場。
最も厳しい修行場。

特別なことをしなくても、日常が最上の修行場。
別に修行と構えることもない。
日々切磋琢磨。
日々精進。

日々自分を見つめ、自分を理解する。
日々自分を見守り、自分を超える。
小さな自分に負けないで、見守り続ける。
過去の自分に振り回されないで、今を冷静に生きる。

こんな簡単なことが、なかなかできない。
こんな簡単なことが、できるようになればいいだけ。
いついかなる時も冷静であればいいだけ。
そうすれば、やがて霊聖となる。


『冷静に 話を聞いて 冷静に 話をすれば いいだけのこと』

『冷静に 話聞くには 自我という 小さな枠を 超える必要』

『自我超える 道はシンプル 見守って 自我に気づいて 冷静になる』


これが日記を書き始めて1823日目の心境。

関連記事

コメント

Re:1823日目 - 基本の基本(12/31)

読み進むにつれて。。なぜか目頭が熱くなりました。。
藍の一番苦手なところを突かれた思いです。。

何かトラブルと。。
人の話を冷静に聞けない。。
自分の思うことを冷静に話せない。。

感情と感情のぶつかり合い。。
藍は何度、こんな愚かなことをしてきたでしょうか。。

何度もこの日記を読み返したい思いです。。
2009年、最後の日に、すばらしい日記をありがとうございます。。
謝謝☆

新年

本当ですね、日々、目の前、すべてが修行場、
そう感じた一年だったなあ。

真剣に生きると、どこにもいかなくても、
すべてが洗い流され
日々生まれ変わるようになるのかな。


修行場といえども、
本当はとっても楽になる道なのですよね。

本当に自身が楽になっていく。
一日一日が新しくすばらしいものになっていく。

自分がないとすべてがやわらかく、やさしく触れていくだけ。

ガツガツしていて、ゴツゴツぶつかっていて、自分が今までとっても辛かった。

聞くというのは本当、ものすごい冷静さが必要ですよね、
私は今まで、いかに自分世界で聞いていたんだろうなあ。

反応そのもので、飛び出してしまったり、自分の感情に燃え燃えな世界に入っていることが
多々ありました。

自分が話すことは、まだドキドキし、震えている声で話す姿をよく感じています^^

でも少し、まっすぐ、反応に染まらず話すことができるようになったかな。


新しい年になりました。

今年ますます加速していく新しい流れの中で、
より深く静かにやわらかく生きていこうと思います。

Re:1823日目 - 基本の基本

霊静(しづか)さに 満ちる 気づきの
光かな

青い鳥

自分の心に住んでいた幸せの青い鳥。

静かな心になると羽をひろげる青い鳥が見える。

心を感情で波立たせると見失う青い鳥。

冷静な澄んだ心に青い鳥は軽やかに羽ばたく・・・。

日々のすべてが愛しくなる今日の日記。

私の日々も、輝き始めた気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。