記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1831日目 - 大日如来


今日の屋久島は、曇。
愛子岳の山頂は、わずかに雪が積もっている。
寒い屋久島が続いている。
水晶がらみで次のようなメールをもらった。


「そうそう、一昨日の夜のことです。
この日はお布団に入って、ブランドバーグDTを手に握っていました。
目を瞑ると、星雲が浮かぶきれいな宇宙空間が見えてきて、今日は何が見えるのかな?なんて思っていると・・・

kimiさんが瞑想していらっしゃる姿が見えてきました。
宇宙空間で、微動だにせず、こんな静けさがあるのだろうかというほどの、無限の静けさを湛えて、瞑想していらっしゃいました。
私は、『水晶を通してkimiさんを感じて見ているのかしら・・・』 と思いました。

『すごい』 と思いました。
この静かな深い、そして大きいエネルギーは何だろう・・・
どこまで静かで、どこまで深くて、どこまで大きいのだろう・・・
この包容感とkimiさんから遍く広がる光(不思議なことに光が見えているわけではないのですが、光がわかります)、すごいなあ・・・と、感動を超えて、静かにそのエネルギーを見て(感じて)いました。

そのエネルギーを感じているだけで、私の内が静けさと深さと大きさに満たされていくのがわかりました。
至福でした。

しばらくすると、瞑想するkimiさんの姿と同時に、大日如来の姿が見えてきました。
印を組み、静かに宇宙空間に座っていらっしゃる如来。
kimiさんのエネルギーと、大日如来のエネルギーがかぶったのかしら・・・
不思議に、私の目には、kimiさんと大日如来、同じように宇宙空間の同じ場所に座っていらっしゃる姿が、透過するでもなく重なるわけでもなく、同時に見えます。

これが、三次元ではない見え方の不思議なところです。
眠りはじめにいつも見えてくるビジョンなどは、いくつもの世界、次元が同時に見えたり、何人もの人の声が同時に聞こえてきますが、こちらの意識は何の混乱もなく、それらをあたりまえのように見て、聞いています。
不思議ですね。

あの大きな深いエネルギーは、大日如来と同じものなのかしら・・・
そんなことを思いながら、いつの間にか眠りについていました。」


大日如来のエネルギーは、同心円のように力強く広がっている。
それは、まるで波紋のように遍(あまね)く浸透している。
ものすごく強烈なエネルギーが、尽きることなくあふれ出ている。
大きな大きなエネルギー。

大いなるエネルギーが存在する。
しかも、深く静か。
無限の包容力を持っている。
遍くすべてを包み込んでいる。

そういう次元もある。
一方で、小さな人間という次元もある。
小さな肉体に縛られ、過去の経験に縛られた不自由な空間。
目の前だけしか見えない限られた世界。

人は、そういう世界で生きている。
しかし、人の奥には、無限の可能性が宿っている。
この三次元では計り知れない多層多次元の世界がある。
そういう世界からエネルギーが届いている。

この世に生きる人をサポートするために、様々なエネルギーが届いている。
水晶は、それを増幅して見せてくれる。
水晶の波動と縁のある世界が展開する。
それは、三次元の意識では見たこともない世界。

しかし、そういう世界を見ることによって、意識は広がっていく。
三次元限定の意識が、ゆるやかに外れていく。
物質オンリーに縛られた意識が、物質次元を超えて自由に羽ばたく。
やがて、多次元的な意識に変容していく。

同じ人から、次のようなメールも届いている。


「自分の見えるものや体験するものが、私を真(深)からリラックスさせてくれます。
『私』 を超えたところへ繋げてくれます。

この物質、時間の世界を出ると、ほんとうに無限の無限の世界があるのですね。
そこは、すべてのすべてを自由に在らしめて、それらすべてを包容し慈しんでいる世界ですね。
世界という言葉も、おかしいですね。
空間・・・言葉でうまく言えませんが。

そしてそれを感じると、私自身が、私を出て自由になり、すべてを包容し包み込む、大きな大きな存在であることをわかります。
限定された三次元意識が緩むと、こんなに広がった愛の意識になるのですね。
・・・なんて、わかったようなことを書いていますが、そのように感じさせてくれるビジョンやエネルギーに、心から感謝しています。

また、見たこと感じたことを書くことによって、私のなかのそれらを感知するエネルギーも、さらに密度の高いものになります。
いつも、私のその作業にお付き合いいただくkimiさんにも、心から感謝しています。

次元の違う世界や、またエネルギーを言葉にするのはとても大変で、うまく説明できなくて、いつも長文になってしまいます。
kimiさんにメールを送ったあと、『は~、もしかしてただの妄想ビジョンを長々と書いて送ってしまったのかも・・・申し訳ないな・・・ 』なんて、毎回必ずプチ反省意識に陥ります。

でも、kimiさんにメールの内容に一言触れていただくと、私のなかでまたエネルギーが動き出します。
日記でビジョンに解説を加えていただくと、なるほど、そうか・・・と、自分自身わかっていなかったことが光になり浮かび上がり、ビジョンもエネルギーも更に深く理解できます。」


ビジョンは、必要があって現れる。
そのビジョンを見ることによって、その人の意識が変容するためにセットされている。
それは、約束事。
地上に生まれたら、どういうサポートがあるか事前に決められている。

ビジョンを見る、見ないは、個人差がある。
あまり見ない人もいる。
それは、それでいい。
それぞれ約束事は、異なる。

その人に合った出来事が起きる。
それを十二分に体験することだろうか。
そして、深く理解することだろうか。
他の人の体験を羨んでもしかたがない。

自分の人生を大切に生きる。
目の前に起きてくることを疎かにしない。
一つ一つ丁寧に対処していく。
それが、自分の人生を開いていく。

たまには、夢を見るのもいい。
たまには、ビジョンを見るのもいい。
小さな意識の枠が外れる。
大きな本来の意識へ戻れる。

しかし、最も大切なことは、今を真剣に生きること。
今ここが、すべて。
自分の体験が、すべて。
自分自身を通して人生を理解していく。

大日如来は、すべての衆生を抱きしめている。
無限の慈愛で、無条件に抱擁している。
ただただ慈しみのエネルギーが、あふれている。
何も求めてはいない。

大日如来は、何もしゃべらない。
ただ静かに座っている。
尽きることのない慈愛で、すべてを見守っている。
大日如来に見守られ、衆生は生きている。

誰も見守ってくれる人はいない?
みんなに見捨てられた?
そんなことはない。
そんなことは、けっしてない。

この世の人が誰ひとり振り向かなくても、大日如来は常にやさしく見守っている。
見放すことはない。
いつも変わらぬ静かな慈愛のエネルギーを放っている。
すべての人を深く包み込み、限りなく慈しんでいる。


『透き通る 静けさのなか どこまでも 遍(あまね)く慈愛 満ち満ちている』

『静まれば 大日如来の エネルギー 自分自身に 浸透している』


これが日記を書き始めて1831日目の心境。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。