記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1834日目 - 水瓶座の時代


ここのところ、連日、水瓶座の水晶祭りの準備をしている。
今回は、ブルー系が多い。
その代表格は、アクアマリンとラリマー。
これまでにないほどの数が登場する。

アクアマリンもラリマーも、極めて水瓶座的。
では、水瓶座とは、どのような星座だろうか。
守護星は、天王星。
変革の星。

天王星は、時代や世代に影響を及ぼす。
まさに、アクエリアス(水瓶座)の時代の幕開けを告げる星。
今こそが、紛れもなくアクエリアスの時代の始まりの時。
新しい時代のスタート。

それでは、新しい時代とは、どのような時代だうか。
それは、差別のない世界。
それぞれの個性を尊重し、その存在を等しく認める時代。
対等であり平等。

水瓶座の180度対極にあるのは、獅子座。
獅子座は、王侯貴族の星。
王であり、女王であり、師。
つまり、縦の関係。

対する水瓶座は、横の関係。
みな同じ立場。
友達であり、仲間。
共に手を取り合って進む関係。

自分のなかの上下意識や差別意識を取り払う時。
そういうものを手放し、真に対等になる時。
同じ地平に立ち、共に助け合って進む時。
個であると共に、みんなも大事にする時。

違いで差別せず、個性として尊重する。
自分のなかの差別意識が消える時、真の意味の対等や平等が実現する。
自己中心である限り、相手よりも優位に立とうとする。
上から見下そうとする。

そういう意識を手放すには、深い人間理解が必要となる。
なぜ平等であり、対等なのか。
人は、何によって成り立っているのか。
共に生きるとは、どういうことか。

どこまでも透き通る波動。
それが、水瓶座のマーク。
その波の形は個性を表し、二本あるのは対等や平等を表す。
個性を持って、共に生きる時代。

アクアマリンもラリマーも、水晶ではない。
純粋にブルー系の水晶はない。
ピンクや黄色の水晶はあっても、ブルーの水晶はない。
なんとも不思議なことではある。

今回登場する水晶は、超クリアー系が多い。
すばらしく透明。
目を見張るほど透明。
それらは、心身をピュアーに浄化してくれる。

余計なものを削ぎ落とし、シンプルにしてくれる。
差別意識や上下意識などの古いものを洗い浄めてくれる。
重たいものを手放し、軽やかにしてくれる。
透き通るような意識に導いてくれる。

アクエリアスの時代は、まさにクリアーなクリスタルの時代でもある。
透き通るような意識が、アクエリアスの時代には似合っている。
どこまでも限りなく澄み渡る意識。
それは自分という狭い枠を超え、限りなく広がっていく。


『澄み渡る 意識の先は 限りなく 宇宙(すべて)と共に 時代を生きる』


これが日記を書き始めて1834日目の心境。


関連記事

コメント

そうかなあ・・・

アクエリアスの時代と、
いわゆる星座によるタイプと違うのかなあ・・・。

私の知るみずがめ座の人たちは、
平等意識あるかなあ・・・。
また、お金持ちが多いから余計思うんだけど、
すごい上から目線の人たちだったけど・・・

で、私はしし座だけど、
割と平等意識あると思ってるけどなあ・・・
思い込みかなあ・・・。
自分が貧乏だからかな?

もしかして権力を手にすると、
わがまま暴君になるのかなあ・・・・

貧乏であっても、
すでにそうかなあ?

何にしても平等意識の時代はいいなあ。
平等・・・難しいけどね。
誰もが満足するってあり得ないのかもなあ。
意識の転換でなりうるかなあ。

みんな平和に暮らしたいと、
一人一人に聞くとそういうと思う。
ところがどうしたことでしょう?
この争いの耐えない犯罪の多い世界・・・。

日本人も一人一人は善良であっても、
戦争に巻き込まれると、
残忍なエゴイストになれた。

人は、どういう状況にあっても、
澄み渡る意識の人になりうるのだろうか・・・。
そうありたいものですね。

誤変換

争いが絶えないを、
争いが耐えないに変換してた。失礼しました。

>どこまでも限りなく澄み渡る意識。
>それは自分という狭い枠を超え、限りなく広がっていく。

昨日の荒天はどこへやら・・・
澄み渡る抜けるような青空を見ていると、
自分という狭い枠、超えられるかもしれない・・・
なんてふと思ってしまった。

100年早いかなあ・・・
100年後、人類存在してるかなあ・・・。

自分の中の差別

本当の真の平等やかかわり・・・
実は、頭で考えて、勉強しても、事例を見ても
話を聞いてもちっともちっとも、見えてこなかったのが、
自身の中を見ていくことでの少しずつ見えてきた実感なのですが・・

今日、また大きな自分の壁に気づきました。
そこまでいくのはしんどくって、堂々巡りで、
とまっていたけれど、、
今日はその先まで光を通せたというか、勇気と共に
静かに居ながらも深く気づけました。

あんなに感じて見つめていたときはつらかったのに、
どう考えたっておかしいし、理不尽で、不幸で
具合も悪いし、苦しかったのに、
今は本当に楽になっています。

今日はひとつ根深い大きな溝に壁に気づきました^-^
ああ、ここから言葉を発していたことがいくつあったでしょう。
気づけば思い込みの中で当たり前のように言ってました。

ああ、光のこの場のサポートに感謝します。


きっと、どんどんクリアになっていく中で、
どんどん楽になれますね。
本当に人が楽になる時代ですよね。

共に手を取り合う時代
向かっていきます。

もうきっと、理不尽も、不幸もない。
外だけを見ればいくらでもあるけれど、今だってあるけれど、
外も内もなくなれば、何もない。

あるのは本当に等しい全てだけ。
壁をどんどんと取っていきますね。

言葉は平等の中で広がる言葉を放って生きたい。
動くことは広がりの中で動いていきたい。
うふふ、今日ひとつ年をとる私は、勇気とチャレンジの中、新しいスタートです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。