記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1862日目 - 雪のように・・・


昨日は、久しぶりに裸足で砂浜を歩きました。
いつもは永田いなか浜ですが、昨日は永田前浜の方を歩きました。
永田前浜は、誰もいません。
目の前にそびえる永田岳には、少し雪が残っていました。

海水はまだ冷たかったのですが、裸足で砂浜を歩いたせいか、なんとなくスッキリしました。
夜になって、その効果が現われました。
ハートからあふれる愛のエネルギーに満たされました。
幸せ感に満たされて至福のひとときを過ごしていたら、次のようなメールが届きました。


「昨年末から体調が優れず、様々な身体の現象が起きています。
何もしていないのに、全身が痛くてたまらなかったり、とにかく眠くて仕方がなかったり、症状が様々で、その中で正気を保って生活するのが大変なくらいでした。

あとりちゃの痛みもこんなだろうか・・・
私のこんな人生の一コマだけじゃなくて、あとりちゃんはずっと痛いんだよな・・・
とか、あとりちゃんが気になって仕方がない日々でもあったりします。

昨日まで、そのような状況でもがいていたのですが、kimiさんのところから届いた水晶たちを目の前にして、静かに瞑想をしていたら、その痛みなどを感じながらも、徐々にその痛みと分離した中で、すべての中に融合した存在になっている事を感じました。
私はここにあるのですが、同時にすべての一つという感じなのですが、言葉に表すのは少し難しいです。

以前から少しずつ進化している、この水晶さんたちですが、昨日は一斉に輝きを増した気がしたのは、ベルさんの水晶を浄化されていらっしゃったからなのでしょうか。
一緒にこちらの水晶もバージョンアップされたように想います。

また、こちらの気象状況もかなりの浄化に拍車をかけたように想います。
冬の浄化威力は、台風以上に凄いと感じています。
研ぎすまされた冬の浄化された空気は、夢の中でしか体感できないような空間とほぼ同じような感覚です。

この自然界の偉大な営みと、水晶さんたちの偉大で深い落ち着きはらった存在感は、どんなに乱れ、ぶれてしまった状態であっても、そこにたどりつくと、地に足をつけ、自分の軸を見いだす事ができます。
静かにそこにある事が、何よりも深い至福となります。

kimiさんの水晶遠隔調整は、2012年のアセンションに向けて刻々と変化していく人々に、大きなパワーとなるように感じます。
水晶とkimiさんが繋がっていること、そのものが、私達の新たな気づきや成長へと導いてくれるように思えてなりません。
もしよろしければ、続けて頂けたら嬉しく想います。

本州の端っこで、水晶を立てて、せっかくのこのエネルギーを繋いでいきたいと想います。」


北陸地方では、26年ぶりの大雪とか。
大雪が降れば、いろいろ不便なこともあるでしょう。
しかし、大いなる浄化であることも確かです。
すべてをまっさらに戻していく雪ですね。

ワシントンでも大雪が降ったり、カリフォルニアでも洪水が起きたりしています。
ハイチでは、大地震がありました。
これからも天変地異は続いていくでしょう。
しかし、どれもこれも浄化です。

地球が本来の状態に戻るためのプロセスです。
それは、心身の浄化とリンクしています。
訳のわからない痛みが全身を襲ったりします。
それは、特定の人だけに起きていることではありません。

全身に詰まっていたものを解放しているのです。
これまで心身に積もったチリやホコリを一斉に体外に出そうとしています。
延々と続いた人類のカルマを解放しようとしているのです。
魂が生まれ変わる度に積み重ねてきたものを清算している過程です。

今回の水瓶座の水晶が届いた日、ぴあのさんもダウンしました。
その件について、次のようなメールが届きました。


「あまりの症状のひどさに、少し怖くて・・・
光の存在のビジョンのなかで、信頼するようにと言われたのに・・・
kimiさんからのメールで、少し気力が持ち直しました。

水晶が届くまで、元気だったんです。
水晶を感じていたら、数分のうちに、ドドド・・・っと体の具合がヘンになってきました。

その数分のうちに、頭がぐるぐるしてきて、一気に風邪の症状が襲ってきて、喉も一気に痛くなってきて、鼻づまりに・・・
まるで、数日かけて風邪の症状が出るのを数分に短縮されたようでした。
あんなことってありえません。
もう、何これ?って、一気に症状が出て来る私の体にびっくりするやら・・・

前の日から風邪を引いていたんですね。
それが、その時にわかりました。
それで、木曜の前の晩から三叉神経痛が起こっていたんです。
風邪が痛みを誘発していたようです。

その後は、風邪の症状がかなりつらく、体がなんとも言えず、まいりました。
それと、三叉神経痛、これが激痛なんです。
たまに、数年に一回ひどい三叉神経痛になるのですが・・・
かなりひどくて、痛くて痛くて、ほんとうにまいっています。

でも、すべてを信頼します。
水晶を感じていた時に、不思議なビジョンが見えました。
また、そんなこともメールさせていただきたいです。

それから、今日の夕方、うとうとしていたら、女の人が私のそばで、『だいじょうぶ?』
と言って、背中をやさしくマッサージしてくれました。
その手の感触が、なんともいえず心地よく、あんな心地いいマッサージを受けたのは、はじめての体験です。
体がとろけるようでした。

一体誰だったのでしょうか。
誰?と、意識がこちらに戻ると、その人はいなくなり、またうとうとすると、背中をやさしくマッサージしてくれます。
それで、また、え?と思い、意識が戻るといなくなる・・・
不思議な体験でした。

あの感触は、とても三次元の手の感触じゃなかったです。
奇跡のマッサージとでもいうか・・・
夫に言ったら、私のなかの女神様じゃないかなんて、素敵な答えを・・・
でもほんとうに、女神様のようでした。
は~~ また、お会いしたいです。その女の人・・・」


捨てる神あれば、拾う神あり?
まあ、捨てる神はいないと思いますが。
常にサポートが働いているということですね。
でも・・・

あまりの激痛に、ふと不安になってしまいます。
それが、肉を持つ人間の性(さが)でしょうか。
あれほど光の存在に信頼するように言われていたのに・・・
不安や恐怖が光の本体から遠ざけると言われていたのに・・・

人は、肉体の苦痛のなかで、本来の光を見失いがちです。
肉体にばかり意識が向いてしまうのですね。
肉体に限らず、天変地異などの現象に振り回されます。
どうしても環境に左右されやすいのです。

肉体を持てば、それもやむを得ないことかもしれません。
しかし・・・
それで終わってしまえば、アセンションはあり得ません。
これまでの人類史が続くだけです。

天変地異も肉体の苦痛も、すべて浄化のプロセスです。
浄化とは、積もり積もったチリやホコリを大掃除することです。
本来のピカピカの状態に戻すことですね。
雪のように真っ白な状態に還るのです。

周りの現象に振り回されないことでしょうか。
天変地異にも肉体の状態にも・・・
周りの現象に振り回されれば、これまでと変わりません。
ただ乗り越えるしかないのです。

これまでの人類と同じ生き方をするのか。
それとも、新しい生き方にシフトするのか。
それが、試されているだけです。
もちろん、新しい生き方をするために今回は生まれてきています。

激痛は、激痛を超えるために起きます。
積もり積もっていたものを清算するための大掃除です。
大掃除をすれば家がスッキリするように、地球も心身も整理整頓されます。
ただ、その際に少し骨が折れるだけです。

その骨の折れ方は、人によって異なります。
たくさんガラクタが溜まっていると、家の掃除も大変です。
溜め込んでいるものが多ければ、苦痛も激しくなります。
溜まっているものが少なければ、楽に掃除ができるでしょう。

今、心身の大掃除をしている人は、幸せです。
なぜなら、早ければ早いほど楽だから。
後になればなるほど、大変になります。
ツケが溜まってしまうのですね。

溜まってしまったものは、いずれ清算しなければなりません。
早い方が楽に決まっています。
遅くなると、半強制的に清算させられることになります。
まるで借金取りに追われるかのように・・・

あとりさんからも、たまに電話があります。
あまりの激痛に一人では耐えられない時に。
そういう時は、誰かに相談するといいかもしれませんね。
但し、こういうことがわかる人に。

そうでないと、ただ医者に行くように言われるだけです。
でも、医者に診てもらっても原因はわかりません。
検査漬けにされたり、痛み止めの薬を処方されるのが関の山です。
これまでの常識では理解できない現象です。

地球も肉体も精神も、波動を上げようとしています。
より精妙になろうとしているのです。
起きている現象は、それに伴うものです。
それは、現在の科学では理解できないことです。

せいぜいこの日記でも読むことでしょうか。
そうすれば、これから目指す方向が明確になるでしょう。
すべては、光へ向かっています。
ただそのプロセスに、痛みが伴うだけです。

その痛みに目を奪われて、自分を見失わないことです。
現象に翻弄されて、方向を見失わないことです。
今の時代状況を、しっかりと自覚することです。
すべては、光へ向かっています。

水晶が届いて具合が悪くなるのは、大浄化が起きているからです。
それだけの浄化が起きるからこそ、すばらしいビジョンも見えるのです。
心身の浄化が進むにつれて、精妙なビジョンになってきています。
これまでの美しいビジョンは、激痛を超えた結果です。

あのような美しいビジョンに憧れる人もいるかもしれません。
しかし、そのためには人に言えない苦労もあるのです。
ぴあのさんも、あとりさんも、北国からメールをくれた人も、激痛を超えて浄化されています。
彼女たち以外にも、同じようなプロセスを辿っている人は多いでしょう。

このような現象は、大なり小なり多くの人に起きているはずです。
痛みを伴って浄化されています。
人類全体がそうなのです。
地球も例外ではありません。

すべてが、シフトしようとしています。
大きな宇宙の流れです。
それは銀河系の流れであり、太陽系の流れです。
地球も人類も、その流れと共に生きているのです。

これから更に激しく光へ向かいます。
方向は、確定しています。
これから、光がいや増すばかりです。
眩しい光が、雪のように降ってくるでしょう。

どうぞ光と共に光の道を歩いてください。
それが、一人一人の真の願いです。
この世に生れてきた願いであり、魂の願いでもあります。
それは、個の魂を超えたグループソウルの願いでもあるのです。

実は、それはグループソウルをも超えています。
光へ向かうのは、宇宙の願いです。
すべてが、より精妙なバイブレーションへと深化しています。
更なる美しい世界へ向かっているのです。


『冬の夜に 雪降るように 光舞う 心身共に 浄め抜くため』

『雪降りて 一夜明ければ 銀世界 すべて浄まる 光り輝く』

『心身も 地球もすべて 大浄化 光へ向かう 痛みを超えて』

『激痛や 天変地異に 負けないで 光へ向かい 生きてゆくのみ』


これが日記を書き始めて1862日目の心境。
関連記事

コメント

Re:1862日目 - 雪のように・・・(02/08)

身体の痛みはないのですが。。こころの痛みが続いております。。

それも身内内に起こることが次から次へと。。

自分の心の中が、阿修羅のようになり。。自分でも信じがたいような
怒りと憎しみでいっぱいになります。

いままでの自分の理性というタガが、まるで外れてしまったように。。怒涛のような
裡から沸き起こる醜い心で瞬間瞬間振り回されてゆくようです。。

いまは大好きだった歌を聞いても。。心が弾みません。。
後悔ばかりが起こってきます。。

いままで見て見ないふりをしてきたことが。。いまここで
ちゃんと
考えなさい。。と言われているような気持ちです。

これも。。浄化の一つなのでしょうか。。?

>これまでの人類と同じ生き方をするのか。
>それとも、新しい生き方にシフトするのか。
>それが、試されているだけです。
>もちろん、新しい生き方をするために今回は生まれてきています

そうなんですか。。
でも、いままでと違う生き方って。。
よくわかりません。。まだ。。

理性で生きるということでしょうか。。?

薬漬けだけど・・・

年末に小さな傷を化膿させてしまい、
正月開けには足がぶよぶよに腫れて、
やっと医者に行って抗生剤をもらったけど、
まったく直らなくて、
一月末に神戸に帰って抗生剤の点滴をしたら、
アレルギーを起こし、
それを抑える点滴で10日ぐらいかかって、
何とか昨日東京へもどり、
やっと職場復帰しました。

まだ目の周りなどところどころ皮膚がザラザラ、
目がゴロゴロ、
身体は何となくだるい状態。
もともとの足は、
腫れこそ引いているけどまだ炎症のなごりあり。

こんなふうに、
薬による対処療法しかなす術がなかった私ですが、
それでも目いっぱいわが身と向き合う日々。
まだ進行形ですが、
今私は、この事態をとても肯定的に感じています。

一気に38度以上に熱が出たり、
体中痒くて眠れなかったことが遠い昔の出来事のように感じて、
不思議とこの薬漬けの二週間ほどが、
ゆりかごに揺られて守られている幼児のように、
あたたかい気持ちに満たされていたのです。

自分を優しく見守れたこと、
家族に優しく見守られたこと・・・・
それが私を幸せにしてくれたのかな?

私は今、
何の特別なスピリチュアルな感性がなくても、
私たちは大きな宇宙の流れに乗っているのだと感じられます。
すべては為るべくしてなり、
個のそれぞれの行き先に惑わされることがあったとしても、
個を超えた大きな流れに揺られるゆりかごの幼児のように、
大きなやすらぎも存在すると思えるのです。

逆に言えば、
個のあくせくは、大きな流れに抗し得ないという居直りかもしれません。

でも、大の字になって波に身を任せれば、
不思議とやすらぎが感じれたという、
今、ちょっと幸せなえっちゃんです。

Re:1862日目 - 雪のように・・・(02/08)

>このような現象は、大なり小なり多くの人に起き>ているはずです。
>痛みを伴って浄化されています。
>人類全体がそうなのです。
>地球も例外ではありません。

大きな音を聞いたり疲れると耳が痛く病院へ行き
ました。
結果は低音難聴。メニエール病の一歩手前のよう
です。
一週間お薬を飲んで再検査です。

とっさに疲れやストレスに弱い自分を責め始めまし
たが、思い直しリラックス~♪
自分を優しく包もうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。