記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1863日目 - 光の水晶ネットワーク(2)


雨が降ったり止んだりしている。
太陽も顔を出している。
そうすると・・・
そう、虹が架かっている。

朝から大きな虹が架かった。
昨夜の大雨で、落(おとす)の滝があふれんばかりになっている。
朝陽に輝く滝は、美しい。
雨に洗われて、山々の緑も輝いている。

水瓶座の水晶祭りの水晶たちの行き先が、すべて決まった。
完売は、半年ぶり。
獅子座の水晶祭り以来。
なかなか気持ちがいい。

水晶の調整をしたことを書いたら、それに関するメールを二人の方からもらった。
(1861日目 - 光の水晶ネットワーク)


「kimiさんは、ムーの時代、石を宇宙中の交信に使っていたから、そういう力をたくさんもっていらっしゃるんだと思います。
けっして、利益や個人的なものに使う人ではなかったですから。

遠隔の日記を少し見させてもらって、なんだか涙が出てきたんです。
それで、そのことを思い出しました。
前、ムーのことはお伝えしたことありましたよね。
本当かどうかはわからないですが。

水晶の調節をしたことは、私のところの水晶にも影響していると思いますよ。
kimiさんは石をも使えるし、物に光を宿らせていく力もあります。
それは、kimiさんご自身の過去世の力もたくさんあるのでしょうか。
そんな気がします。」


ムーの時代、この屋久島に住んでいたのではないだろうか。
だからこそ、今、ナチュラルヒーリングのための専用フィールドを与えてもらっているような気がする。
過去世から何度も屋久島とは縁がある。
屋久島だけでなく、水晶とも。

過去世から何度も何度も水晶と関わっているから、水晶が好きで好きでたまらない。
それは、理屈を超えている。
無条件に好き!
ただ見ているだけで幸せ。

これまでの過去世で培ってきたものを、今生ではすべて発揮することになるだろう。
水晶による光のネットワークも、古代にもあったもの。
ムーの時代にも、それで宇宙と交信していた。
全地球とも交信していた。

それが、復活するということだろう。
その当時は、儀式的にやっていた。
まさに神事のように。
しかし、今はそういう時代ではない。

もっと気軽にやる時代。
軽やかにやればいい。
心静かにやればいい。
深く深くやればいい。

その先にあるものは、全地球的光のネットワーク。
水晶があることによって、その場所が光り輝く。
それが全地球的規模で同時に起きれば・・・
天変地異をも超えるものとなる。

過去のネガティブなものを解放し、新たな地平を開くものとなっていく。
ネガティブなものに呑み込まれないポジティブなエネルギーの開放。
人の本来持っている光を開放する。
そのことに関して、次のようなメールが届いている。


「光の水晶ネットワーク、いつか一斉に光を送る時がくるような気がしますね。
昨日の日記を読んでいて、そのようなビジョンが見えました。

水晶どうしの交流、交信は、時空を超えています。
そのビジョンの光は、次元上昇装置のようにも見え、また、この次元を包む強力なバリアの光のようにも見えました。

kimiさんからすごい光が放射されていて、水晶グリッドがすごい光で輝いていました。
そして、エネルギーがそのグリッドを駆け巡っていました。
きれいなビジョンでした。
強烈ですごかったです。」


全地球的規模の水晶グリッド。
地上のエネルギーポイントのネットワーク。
そのすべてに一斉に光が流れる。
アセンションのために。

そういう時がくるのかもしれない。
そういう準備をしているのかもしれない。
いずれにしろ、新しい時代を開くために生れてきたのだから。
無意識のうちに、着々と準備が整っているに違いない。

それは、水晶だけに限らない。
この日記を書くことによって、意識の目覚めも促してきた。
それが、何よりも重要なこと。
そういうものが相まって、アセンションに繋がるだろう。

方向性は、はっきりしている。
何をやっても、その方向へ向かう。
無意識にやることさえ、その方向を向いている。
全人生が、光の方向を向いている。


『水晶と 光で覆う 全地球 闇に負けない 光を開く』


これが日記を書き始めて1863日目の心境。


関連記事

コメント

水晶が石に帰る・・・

私の部屋の出窓に、
ごろごろっと水晶たちが並んでいる。

どうしたことか、キラキラとやって来た水晶たちが、
我が出窓でどんどんただの石のようになる。

光のネットワークという任務を担ってるはずではないのか?

それぞれ、日々任務を忘却しつつ、ジワジワとくすんでいく。

でも、それでいいのかも知れない。

水晶も、のんびり胡坐をかいてごろごろ出来るほうが気楽だろう。
まあ、水晶に張り切っていただかなくても、
今の私は極楽トンボ。

あんまり悩むこともなくなったのは、
もしかして水晶たちのおかげなのかも知れないけど・・・
私の闇を吸い取ってくすんでしまってるのかも知れないなあ。

それにしてもこの頃の私の気楽さはどうだろう。
腹立つことも、悲嘆にくれることも、
憎しみや悔しさに心揺るがすこともあまりない。
楽チンだなあ。

多くを期待しなくなったからかなあ?
ちょっと下がっていられるからか・・・・
自分が優しくなると、人も優しく思えるからか・・・
腹立ちウィルスに対して免疫力が強化したのか・・・
バイオリズムが上向きなのか・・・

思い悩まないってすばらしいね。

心痛めている人たちも、
早く極楽トンボになれるといいね。

やっぱり水晶が効いているのかも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。