記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1921日目 - きっかけ

 

「1915日目 - 自意識の始まり」の日記について、次のような質問がありました。


「いのちと意識は別なものなのでしょうか?
根源では、ひとつなのでしょうか?
今回の日記の趣旨に沿って便宜的に分けられている?
なんか理屈っぽくてすみません。

根源の無から気づきと創造性を担う意識が顕れる、その活動の場としていのちが顕れる…ということでしょうか?
まあ、自ら覚りなさいと言われればそれまでなのですが」


ひとつの状態は、何もない状態です。
何もないけれども、すべてがある状態です。
そこから、先ず宇宙創造の意図が生まれます。
そして、実際の動きが起きます。

この動きが、いのちです。
意図を意識とすれば、先に意識があるでしょう。
この世のことも同じです。
先ず始めに意図があります。

意図がなければ、何も始まりません。
先ず意図があり、それから具体的なビジョンが描かれます。
そして、現実創造のための実際の行動となります。
現実世界でやっていることが、すべての始まりと同じです。

宇宙の構造は、すべて相似形です。
スケールの違いだけです。
基本構造に違いはありません。
だから、自分自身を見つめれば、すべてわかるのです。

自分のなかに宇宙の始まりも終わりもあります。
自分自身が宇宙であり、すべてです。
自分のなかに神の種が宿り、その種のなかには神の本質があります。
この肉体も顕在意識も小さなものですが、無限に繋がっているのです。

花の種がやがて花を咲かせるように、すべては自分のなかにインプットされています。
人に聞くこともないし、本に頼ることもありません。
自分自身に聞くことですね。
自分自身で静かに深く感じることですよ。

そうすれば、たいていのことはわかります。
なんとなくわかるのです。
誰かが教えてくれるのでも、天の声が聞こえるのでもありません。
チャネリングや霊能ではなく、それとなくわかるのです。

基本的な原理原則があります。
それは、宇宙は相似形ということです。
同じ構造の写しです。
多次元とは、より具体的になっていくプロセスです。

無限定のものが、より限定されたものになっていくのです。
明確に、鮮明になっていくのです。
流動的なものが、固定的になる過程とも言えます。
波動が遅くなり、変化しにくくなっていくのです。

と言っても、不動のものがあるわけではありません。
この世のものは、すべて無常。
色の世界は、変化変滅です。
ただ動きが緩やかになるだけです。

すべてに原型(アーキタイプ)があります。
それが、より複雑化していくのです。
白黒テレビがカラーテレビとなり、やがて3Dテレビとなるようなものです。
原型に近づけば近づくほど、シンプルになります。

末端に行けば、より複雑になり、多様化します。
それは、この世の事物を見れば一目瞭然です。
原理原則は、同じなのです。
スケールと精緻さの違いです。

そのすべてに意図があります。
始めに意図がなければ、何も生まれません。
宇宙も人間も、始めに意図があるのです。
この世界は、すべて意図によって成り立っています。

意図から、具体的な動きが始まります。
ひとつの段階では、すべてはひとつ。
意図も動きも個別化もありません。
モヤモヤとした星雲のような感じでしょうか。

そこから渦巻きが起き、集中が起きて、具体的な星々が現れます。
流動的なものが、固定化していくのです。
それは、水蒸気が水となり、やがて氷となるのと似ています。
水蒸気も水も氷も、本質的には同じものです。

拡散していたものが、渦によって集中固定化していくプロセスです。
固定化とは、個別化です。
たったひとつから、無限のものに分離分散していくのです。
多様性に富んだ豊かな宇宙となるのです。

これが、宇宙の基本構造です。
極めてシンプルですね。
誰でもわかることです。
すべて自分のなかにあるものです。

この日記は、きっかけに過ぎません。
自分自身でわかるためのきっかけです。
読んでいて、ハッと気づくのです。
元々自分のなかにあったものに気づくだけです。

この日記は、ただきっかけを提供しているに過ぎません。
すべては、自分のなかに既にあります。
その自分のなかにあるものに気づくきっかけです。
教えてもらっているのではないのです。

教えてもらったものは、借りものです。
ただの知識です。
真理ではありません。
真理となるためには、自分自身で気づく必要があるのです。

自分自身で気づいた時、それは叡智となります。
叡智は、応用が利きます。
どんな状況でも活かせます。
知識は、応用が利きません。

何事もゆっくり自分自身で感じてみてください。
そうすれば、自然にわかるでしょう。
それには、先入観や固定観念を外す必要があります。
頭のなかが空っぽの時に、気づきが起きるのです。

この日記も自分で気づいたことを書いているだけです。
本で読んだものでも、人から聞いたものでもありません。
ハイアーセルフが教えてくれたものでも、天使がアドバイスしてくれたものでもないのです。
すべて自分自身で気づいたことです。

自分の外側のものは、すべてきっかけです。
真理は、自分のなかにあります。
それが、叡智です。
無限の奥深さを持つものです。

どうぞ静かに自分自身といてください。
自分のなかに、すべてのすべてがあります。
ゆっくり焦らずに、自分と一緒にいてください。
そうすれば、必要なものは自分のなかから現れることでしょう。


『始まりも 終わりもすべて 内にある 自分自身が 宇宙そのもの』


これが日記を書き始めて1921日目の心境。


関連記事

コメント

ご回答ありがとうございます。

心静かに深く叡智を観じていきたく思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。