記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1927日目 - 歓迎の紅

 

今日は、朝から激しい雨が降っている。
午後からは、雷も鳴り出した。
一時、停電。
これでは、山の方は沢が増水して、もののけ姫の森までも行けないだろう。

昨日で、二泊三日の旅が終わった。
お客さんは、天気に恵まれた。
初日は、11時に屋久島空港に着いて、屋久島一周。
観光客も少なく、じっくり屋久島を堪能できた。

サンゴの海岸、大川の滝、西部林道、永田いなか浜・・・
大川の滝では、ゆっくり滝のミストを浴びることができた。
西部林道では、たくさんのサルやシカに出会った。
永田いなか浜を裸足で歩いている時、雨が降り出した。

楠川温泉は、空いていた。
女湯は、貸切。
宿に送って、初日は無事終了。
ほとんど雨に降られずに済んだ。

二日目は、巨木の森へ行った。
宿の近くは、かなり雨が降っていた。
しかし、南に行くに従って天気は回復。
それでも、山の方は雲に覆われていた。

巨木の森では、霧雨程度だった。
森のなかを歩いている限り、ほとんど影響はなかった。
いろんな花が咲いていた。
標高が高いので、花の咲く時期が遅い。

大きな屋久杉に、お客さんは感動。
何度見ても迫力がある。
縄文杉より遥かにすばらしい。
それほど寒くもなく、誰にも会わなかった。

大きな屋久杉を10本程見て、ヤクスギランドで昼食。
それから、JR温泉へ向かう。
途中の無人市でタンカンを買う。
ちょうど無農薬のタンカンを売っていた。

温泉の前に、お土産屋に寄る。
お土産をたくさん購入して、いざ温泉へ。
温泉は、空いていた。
のんびり山の疲れを癒す。

山では、それほど雨には降られなかった。
しかし、里の方は、かなりの雨が降っていた。
歩いている時に雨が降らなければ、OK。
車に乗っている時なら問題なし。

三日目は、木霊の森へ行った。
白谷雲水峡の駐車場は、日曜日なので少し混んでいた。
しかし、木霊の森には誰もいなかった。
ただ自然だけがあった。

ちょうどサクラツツジが、満開に近かった。
木霊の森のあちこちにサクラツツジが咲いていた。
それはそれは、美しい光景が眼前に展開した。
一年中で最も華やかで美しい時。

断続的に霧がかかった。
山の霊気に心身が浄められる。
何度もあくびをする。
ここ二日間、あくびの連発銃。

浄化して浄化して、浄化し尽くしている感じ。
沢の音、鳥の声、霧雨・・・
木霊の写真も、たくさん撮れた。
珍しくキクラゲも生えていた。

ゆっくりじっくり木霊の森を散策する。
誰もいない屋久島の原始の森を堪能。
何度行っても心身が洗い浄められる。
森の霊気は、人を敬虔な気持にさせる。

最後の滝のところで、
みんなで滝を見ていると・・・
上から何かが落ちてきた。


それは、満開のリンゴツバキの花だった。
咲いていたままの姿で落ちてきた。
それは、まだ生きているかのようだった。
緑の苔の上で紅色の花が咲いた!

森の祝福?
木霊たちの歓迎のしるし?
三人ともプチ感動。
とてもとても美しい花だった。

森から下りて、楠川温泉に行く。
旅の疲れをすっかり落として、空港へ向かう。
空港は、日曜日の最終便なので混んでいた。
しかし、お土産を見る時間的余裕があった。

今回のお客さんは、こちらと同じ年代の女性二人。
ジェネレーションギャップは、ゼロ。
話が合う。
世代のエネルギーを感じる。

そのなかの一人は、「光子」さんという名前だった。
普通であれば、「みつこ」と呼ぶ。
ところが、この方は「ひかりこ」さん。
なん.と、これが本名。

超珍しい名前。
しかも、今の時代向き。
60年も前に親がつけてくれたとは・・・
みんなに「ひかりこさん」と呼ばれているとか。

「光のkimi」と親戚?
何か縁があるのかもしれない。
今回の旅は、天候に恵まれた。
車に乗っている時は雨でも、車から降りると回復。

やはり、光に包まれていたのだろうか。
三人のうち二人までが光がらみ?
いずれにしても、楽しい旅だった。
二泊三日では、短すぎる感じだった。


『よく来たと 花をふりまく 木霊たち リンゴツバキは 歓迎の紅(あか)』


これが日記を書き始めて1927日目の心境。


* 4月15日の「屋久島ナチュラルヒーリング」のトップページに、このリンゴツバキの花の写真を掲載する予定です。
 ぜひご覧ください。




関連記事

コメント

紅&黄緑

紀行文っていいな、と感じました。
追体験したみたいです。

読みながら、
「あ~落ちたツバキの写真、アップされないかな~」と思ったら、
最後の注釈が(^-^)vv
楽しみにしてます。

森の霊気って言葉に反応しました。
不思議ですね・・・一度も屋久島に行けたことがないのに、
実際に森を見たこと無いのに、

kimiさんの言葉から不思議な転写が起るようで、
今、胸の中にすてきがいっぱい広がって、
幸せです。

今年も始まりましたね♪

屋久島のシーズン。

いろんな方の屋久島を、
シェアさせていただける楽しい日記が、
kimiブログをにぎわせるシーズン到来。

次はどんな方と屋久島めぐり出来るのかな?
楽しみ、楽しみ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。