記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1983日目 - 新月の水晶祭り

 

昨日の夕方、東京で買った水晶が届いた。
ダンボールで五箱分、一斉に届いた。
昨夜から今朝にかけて、その整理に追われた。
数百個もあるので、仕分けが大変。

大別すると、ヒマラヤ水晶、アーカンソー水晶、ブラジル水晶。
ほぼ三等分。
それに、コロンビアの水晶が加わる。
その他、パキスタンやアフガニスタンなどが少々。

たくさんの水晶を買い込んだので、水晶祭りの回数を増やそうと思っている。
これまでは、満月だけだった。
これからは、新月にもやるつもり。
但し、少し趣向を変えて・・・

満月は、星座別の水晶祭りになっている。
新月は、テーマ別の水晶祭りにしようと思っている。
最初のテーマは、カテドラルクオーツ特集だろうか。
次が、ゴールドルチル特集。

その後は、アーカンソー特集、ブラジル特集、ヒマラヤ特集と続く。
それから、コロンビア水晶特集が組めるかどうか・・・
他にもまとまったものが見つかれば、特集を組むことになるだろう。
水晶たちを眺めながら、ゆっくり検討する。

今年はガイドが暇なので、水晶屋さんになりつつある。
両方とも好きなことなので、苦にはならない。
美しい水晶たちに囲まれていると、幸せそのもの。
しかも、自分の目で直に選んできたものだから、間違いない。

これからは、ネットショップで購入する量が激減するだろう。
既に財政状態は、大幅赤字。
半年分を先買いしてしまった。
それだけでなく・・・

東京から帰ってネットショップを見たが、あまりほしいものはなかった。
自分の目で厳選したものを超えるものは、ほとんど見当たらない。
ものすごい量のなかから魅力的なものばかりを選んできた。
ネットショップなら「当り!」ばかりを購入してきたことになる。

それでも、ネットの良さもある。
ミネラルフェアーは、一般的なものが多い。
特殊なものは、やはりネットで買うしかない。
マニアックなものは、ミネラルフェアーでは見かけなかった。

そういう特殊なものは、これからもネットで買うことになるだろう。
しかし、ヒマラヤ水晶などの一般的なものは、選択の幅が広いミネラルフェアー等で買いたいと思っている。
卸しの店にも良いものがあった。
また12月に開催される池袋のミネラルショーに行きたいと思っている。

東京で買ってきたものを、屋久島の海と川で浄化する。
それに光のエネルギーを入れて、全国に送る。
それが、ガイドと共にやる仕事。
両方とも楽しい。

昨夜届いた水晶のなかに、カテドラルクオーツが20数本あった。
必死に会場を探し回って、やっとこれだけのものを確保できた。
それに自宅にあるものを加えて、カテドラルクオーツ特集を組む。
新しいスタートの新月に、時代の変革期にのみ現れるというカテドラルクオーツ特集を組むのは、意味のあることだろう。

今、目の前には、たくさんのラピスラズリが並んでいる。
その青の、なんと美しいこと!
本当に惚れ惚れする。
見ているだけで幸せ気分。

ラリマーの大きなペンダントトップも、目にやさしい。
深くてやわらかいライトブルーが、心を和ませる。
ゴールドルチルのルースたちは、パワフルな金色の翼を広げている。
ヘミモルファイトのブルーは、いつ見てもさわやか。

それらも旅立つまでは、こちらを楽しませてくれる。
楽しみながら送り出す。
そして、また新しいものと出会う。
なかなかすてきな人生になっている。


『旅に出る その時までは 共にいて その美しさ 深く味わう』


これが日記を書き始めて1983日目の心境。

関連記事

コメント

水晶祭り楽しみです

千葉に住んでるのでミネラルショーに以前1度行ったことがあります。

その時は、あり得ない異常な人ごみと(朝のラッシュより混んでるんでは!!??)それにともなう疲労感で2時間くらいしか会場に居れませんでした。もちろんゆっくり石を見たりもできず・・それ以来ショーには行ってません。

kimiさんくらいパワフルで冷静かつ冷霊な方だと、ああいう会場でも素晴らしい石を見つけたり出会ったりすることができるんでしょうね。

私は石が多すぎて、、人も多いし、ありとあらゆるものに酔ってしまい、石を買えませんでした。

なので!!ゆっくりじっくり選べる水晶祭りとっても楽しみにしてます。

水晶のアクセサリー

日本では山梨に水晶の細工師が多くいらっしゃるんですね。

先日テレビで見ていると、
ただ、水晶を研磨するだけでなく、
新しい試みで、アクセサリーに挑戦していました。

それも、採掘されたままのように、
岩についたままのカタチを活かして、
または、わざわざ岩と組み合わせて、
野趣あふれるアクセサリーにトライしてました。

自然素材の服に野趣あふれるアクセサリー・・・・
ファッションも地球にグランディングし始めたようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。