記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1989日目 - 巨木の森はシャクナゲの森

 

昨日は、巨木の森へ行った。
里の方では太陽が出ていたが、山に上るにつれて小雨となった。
気温も低く、ひんやりした雰囲気。
しかし、紀元杉を過ぎると・・・

白やピンクの大きな花が見えてきた。
それは、シャクナゲだった。
樹齢二千年の川上杉の下にも、満開のシャクナゲが咲いていた。
もう終わっているとばかり思っていたシャクナゲ・・・

巨木の森に入ると、更に多くのシャクナゲが咲いていた。
最初から最後まで、シャクナゲの花が絶えることはなかった。
思わぬところに咲いており、それを見るために藪をかき分けて進んだ。
これまで行ったことがないところまで、花見のために下りたりもした。

まだ蕾のものもたくさんあった。
既に散っているものも数えきれなかった。
蕾の濃いピンクと、開ききった白い大きな花が至るところにあった。
巨木の森に、こんなにもたくさんのシャクナゲが咲くとは・・・

今年のシャクナゲは、そんなに期待していなかった。
6月上旬に上京したこともあり、今年はあきらめていた。
それが、思いもよらぬ形で見ることができた。
というのは・・・

6人の団体で屋久島に来たなかの1人が、体力に自信がないとのことだった。
他の人たちは、縄文杉にアタック。
残りの1人をガイドすることになった。
みんなが縄文杉なら、こちらも巨杉を見なくては・・・

ということで、巨木の森を案内することにした。
それが、思わぬ大当たり!
お客さんも大喜び。
こちらも感動。

実は、このお客さんは7年前にもガイドしたことがあった。
その時は、小学校5年生の息子を連れてきていた。
その息子は、既に大学一年生になっているとのこと。
しかも、身長が185cmもあるとか。

あんなに小さかった子が、もうこちらを見下ろすようになっているらしい。
時は、流れる。
すべては、変化している。
こちらは?

「kimiさんは、ぜんぜん変わっていませんね」
と、言われた。
ハー、進歩ゼロ?
それとも、若々しい?

いずれにしても、生涯現役!
この世にいる限り現役。
今と変わらないだろう。
心身共に健康。

これまで、こんなにすばらしいシャクナゲを見たことはなかった。
小雨が降りしきる中、必死にシャッターを切った。
レンズが曇って困った。
最後にはカメラの中が曇ってしまい、撮影不能となった。

それでも、たくさんの写真を撮った。
これらの写真は、今日から「屋久島ナチュラルヒーリング」のHPのトップで連載を開始。
撮りたてのシャクナゲの写真は、ホカホカのピンク色。
深い森に咲くシャクナゲは、すばらしく美しい。

今年は、サクラツツジの満開にも出会えた。
その時も、まったく予期していなかった。
今回と同じで、森に入ったら満開だった。
期待していないものは、何よりもうれしい。


『シャクナゲに サクラツツジに ヤマザクラ 深き緑に 鮮やかに咲く』


これが日記を書き始めて1989日目の心境。

関連記事

コメント

シャクナゲ、きれいです

シャクナゲ、きれいですね。
お客さんも、良かったですね。
kimiさんも良かったし、お花の精に招かれたのかも。(*^_^*)

小学校5年生の息子さんが大学生。
しかも身長185センチ。
ほんとうに、時は流れていますねえ~・・・

>ハー、進歩ゼロ?
>それとも、若々しい?

もちろん、若々しいのですよね。(^^)v

心身共に健康っていいですね。
私も生涯現役でいたいです。
そして生涯”永遠の乙女”でいたいなあ~~(゜ー゜*)。・:*:・

そういえば・・・

小学生も何年かすると、
高校生・・・ということは、
おなもみ君は高校生・・・かな?

ちいさな小学生のおなもみ君しか思い描けない。
案外上の方から声がして、
時は流れてるんだよおばあちゃん・・・
なんて言われるのかも知れないね。

仏像が好きな小学生は、
仏師か、学者の卵になってるかも知れないね。

水晶が届くとじっと水晶に寄り添ってる・・・
というぴあのママの書き込みで、
私の目に浮かぶ映像はちいさな男の子だったけど、
時は流れているんだものネエ・・・・

屋久島も、足腰が動くうちに行っておかないと・・・・
シャクナゲも見落としているし・・・・

私もわが身の時の流れに、
ちょっと慌てふためいています。

Re:そういえば・・・(06/14)

えっちゃん

>小学生も何年かすると、
>高校生・・・ということは、
>おなもみ君は高校生・・・かな?

おなもみは中学2年生になったんですよ。
でも、1月生まれなのでまだ13歳、年齢だけ見ると子供です。
えっちゃんに会ったときは、おなもみは7歳だったんです。
小さかったですよね。
ほんとうに、月日が流れるのははやいですね。

あいかわらず、仏像が大好きです。
えっちゃんにプレゼントしていただいた阿修羅フィギュアも、
それはそれは大切にしています。

もう私の身長をすでに追い越して、声も低くなっちゃったけど、
小さい頃の素直なまんま大きくなっています。
親ばかなのですが、よくまあ、こんないい子ですくすく大きくなって
くれるなあと、自分の子供に感心しています。(えへへへ)

孫っちと同い年・・・

ということは・・・やっぱりおばあちゃんえっちゃんだ~!

孫っちは6月生まれだからまだ1年生だけど・・・
ババばかながら、
うちもいい子だよ・・・・タブン。

おなもみ君もこの夏あたり、
屋久島一人旅できるんじゃない?
子離れの練習しなくっちゃ、ネエ?ぴあのママ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。