記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2036日目 - 宇宙の図書館(3)

 

宇宙の図書館へ行った報告には、深い意味が隠されていました。
それについてコメントしてみます。
まず、宇宙の図書館ですが・・・
これは、具体的なビジョンでした。

しかし、それは、わかりやすくデフォルメされたものです。
一人一人の意識にとって理解しやすい形をとったに過ぎません。
実際は、一人一人の意識の奥にあるものです。
すべての人の意識の奥に宇宙の図書館があります。

カテドラルクオーツも、そこへつながるきっかけです。
本や魔法陣なども、エネルギー状態を整えるための方便です。
すべては、エネルギー状態です。
形というのは、エネルギー状態の象徴に過ぎません。

実は、この宇宙そのものが、それと同じ構造なのです。
すべての現象は、エネルギーを形に変えたものです。
エネルギーを現象化したものが、現実世界です。
エネルギーを、わかりやすいように形にしただけです。

宇宙の森羅万象は、そのようになっています。
まず家のビジョンがあり、それから設計図を書き、最後に建築に取り掛かります。
まずエネルギーがあります。
エネルギーが具現化したのが、この目に見える世界です。

物質次元は、その最も具体的な世界です。
わかりやすいように形の変化が遅くなっています。
波動が上がるにつれて、その変化も速くなります。
それが、次元の差です。

すべては、エネルギーを形にしているだけです。
それが、現実創造です。
形というのは、エネルギーの象徴です。
エネルギーを形化したものです。

この肉体も、エネルギーの現象化したものです。
ですから、そんなに固定したものではありません。
すべて可変的です。
固定しているように見えるのは、固定観念があるからです。

もちろんDNA情報もあります。
しかし、そのDNAさえ可変的です。
すべてはエネルギーなのですから、すべて変化可能です。
肉体は単にエネルギーが形になったものに過ぎず、エネルギー自体を変えれば変化可能です。

フランス王妃、マリー・アントワネットは、革命によって一夜にして白髪になったと伝えられています。
そうであれば、その逆も可能なはずです。
固定観念さえ取り除けば、不可能はありません。
要は、エネルギー状態を転換すればいいだけです。

本質的に、この宇宙に固定的なものはありません。
すべて変化可能です。
固定しているように思うのは、固定観念があるからです。
これまでの人生経験が、現象を固定的にとらえさせるのです。

過去世で黒魔術をやっていたのでしょうか。
今は、それを光に変える作業をしているようですね。
闇を光に転換することも可能です。
この宇宙に不可能はありません。

しかし・・・
現実世界では、恐ろしいことが多発しています。
戦争もあれば、殺人も後を絶ちません。
詐欺や強盗や暴力なども日常茶飯事です。

なぜこのような悲惨な現実があるのでしょうか。
疑問に思ったことのない人は、一人もいないでしょう。
なぜ?
どうして?

それもまた許されているということです。
光の許容範囲内であるということです。
すべては、光のなかで営まれていることです。
それらすべても、やがて光に統合されるでしょう。

宇宙の図書館で瞑想している人たちがいたように、闇を光に変えようとしている存在がいます。
多くの存在が、そのように働いています。
闇が許された時期が終わりに近づいているからです。
すべての闇は、地球から一掃されるでしょう。

永いプロセスのなかで、一時的に光から離れることがあるかもしれません。
しかし、やがて光に戻ってきます。
なぜなら、すべては光からできているからです。
やがてすべては、光に帰一するのです。

宇宙に多くの星雲があるように、光のグループもたくさんあります。
それらも、すべてはひとつの光から分かれているものです。
ひとつの光が細分化し多様化したものです。
それが創造宇宙です。

今は、自分の内なる闇に気づく時です。
そして、闇から光へ還る時です。
本来の光を取り戻す時です。
その一環として、このような情報が伝えられています。

一人が光に目覚めれば、それが周りに伝わっていきます。
宇宙から見ると、地上に光の基地ができたようなものです。
そこへ光を送れば、地上に広がっていきます。
そのような拠点が、地球上にたくさんあるのです。

あらゆる次元がつながっており、影響し合っています。
地上に生きる人が目覚めれば、それがまた別の次元にも影響します。
人は、一人にあらず!
同時に多次元に存在するのです。

水晶は、光のアイテムです。
今の時代に光を広げるために用意されたものです。
自我我欲で願望実現に使うものではありません。
人の生き方が問われます。

水晶は、現実創造の際に共に協力するものです。
光の時代を開くための光の増幅器です。
光の受信機であり、光の発信器です。
自分の周りに光を広げていく存在です。

しっかり落ち着いて、光と共に生きていきましょう。
出てくる闇に囚われないで、見守りながら解放しましょう。
やがて闇は消え、光が花開きます。
今は、そのプロセスです。


『人の世の 闇は光の 範囲内 やがて光に 統合される』

『目の前の 小さな闇に 囚われて 光の本質 忘れないこと』

『掌(てのひら)で 踊る(孫)悟空の ようなもの 闇は光の なかにあるもの』

『朝がきて 闇が姿を 消すように 光当たれば 闇は消滅』

『真実を 知らぬが故に 闇となる 夜明け間近の 薄靄(もや)のなか』

『朝靄(もや)の 地球の闇に 光(ひ)が当たり 人真実に 目覚める夜明け』


これが日記を書き始めて2036日目の心境。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。