記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2037日目 - 真理

 

屋久島は、暑い日が続いている。
夏の朝は、早起きするに限る。
早朝は、気持がいい。
何とも言えず、さわやか。

陽が高くなれば、気温はどんどん上昇する。
自宅にいるだけで、汗が吹き出す。
一日に何回も風呂に入って、シャワーを浴びる。
最低でも3回ぐらいは、入ることになる。

これが、冬に風邪をひかないコツ。
体内の毒素を汗で出してしまう。
クーラーは、使わない。
自然が、一番健康的。

最近は、水晶ライフが変わった。
以前は、インターネットで購入するのが楽しみだった。
新しい水晶のアップをワクワクしながら待った。
ところが・・・

最近は、あまり魅力的なものがない。
その上、高い。
別に価格が上昇したわけではない。
東京で卸値を知ってしまったから。

6月にミネラルフェアーと卸の店で大量に買ってきた。
それを整理して水晶祭りに出すのが、楽しみになった。
大量に買った時には見落としていたこともある。
一つ一つ写真を撮ると、細かい特徴がわかる。

意外な掘り出し物もある。
レコードキーパー(△)を発見するのは、珍しくない。
他にもダウクリスタルだったりする。
レインボーが出ているものもある。

一つ一つ丁寧に見るのは、楽しい。
写真を撮り、解説文を書くのも楽しい。
買う楽しみから、別の楽しみに変わってしまった。
楽しみも変化する。

60年生きてきて、いろんな楽しみがあった。
それは、年と共に変化した。
たぶん、これからも変化するだろう。
それは、楽しいこと。

こんなにもパソコンをやるようになるとは、夢にも思わなかった。
同様に、これほど水晶を買い求めるとは、夢のまた夢。
そもそも屋久島に住むこと自体が、想定外。
ガイドも、まったく予想だにしなかった。

人生そのものが、思ってもみない展開になっている。
出会った人も様々。
付き合った人もいろいろ。
みんな想定外。

現実生活は、想定外の人生が続いている。
しかし、一つだけ変わらないものがある。
それは、精神生活。
一貫しているものがある。

実は、精神生活も変化している。
表面的な理解から、どんどん深まっている。
最初の頃は、一般的な精神世界。
この世を超えた次元をいろいろ学んだ。

それが、クリシュナムルティに出会って劇的に変わった。
人生が、180度転換した。
外に向かっていたものが、内に向かうようになった。
それから、クリシュナムルティから離れて、また変わった。

正確に言うと、屋久島に来て変わったのかもしれない。
より正確に言うと、ブログ日記を書き出してから変わった。
思ってもみない展開となった。
クリシュナムルティでさえ、外からの情報だった。

一切の精神世界の本から離れて、書くことに専念した。
その結果、自分のなかがどんどん開いてきた。
それは、思ってもみない展開だった。
自分のなかに、すべてがあった。

それは、想像以上だった。
宇宙の仕組みがわかりつつある。
宇宙の構造は、思ったよりもシンプル。
多様性に満ちてシンプル。

現実生活は、日々、変化している。
精神世界も、どんどん開いている。
そのなかで一貫しているものがある。
それは・・・

絶えず求め続けてきたということだろうか。
真実を求め続けてきた。
宇宙の真理を希求し続けてきた。
ひたすら求め続けてきた。

それが、常に人生の根底に流れていたもの。
それが、人生のベース。
意識の底流には、絶えず真理への流れがあった。
それは・・・

生まれる以前は、もちろんそのようなことは知っていただろう。
魂として真理を知っていたに違いない。
それは、当たり前のこと。
みんな同じ。

大切なのは、それをこの世で体現すること。
この世で実感し、それを生きること。
この世まで真理を降ろすこと。
この世に真理を行き渡らせること。

この世を真理の世界にすること。
物質的な世の中を精神的なものに昇華させること。
新しい時代を開くこと。
そういうビジョンを持って、この世に生まれてきている。

日常生活のベースに流れるもの。
人生の根底に流れ続けるもの。
一貫して揺るがないもの。
自分の人生の根本。

真理が、真理に出会う。
真理が、真理を求めさせる。
元々潜在的にあったものに、現実のなかで出会う。
この世で真理を体現する。

真理とは、宇宙の構造。
宇宙の成り立ち。
魂としてわかっていたものを、人としてわかる。
この世に生きる人として、真理を自覚する。

求め続けて60年。
気がつけば、目の前に真理がある。
真理と共にある。
真理と共に生きている。

変化するものと、変化しないもの。
色と空。
個と全体。
エネルギーと形。

宇宙創造のドラマ。
展開する宇宙。
繰り広げられる現実。
そこに流れる方向性。

変化のなかで、揺るぎないもの。
真理とは、揺るぎないもの。
不動のもの。
ひとつであること。


『根底の 安心感は 揺るがない 不動のものが 今ここにある』

『しっかりと 裡で真理が 生きている 理屈ではない 真理そのもの』

『ここにある ことに気づいた だけのこと 元々ここに 最初からある』

『生きている 真理と共に 生きていく 自分自身が 真理そのもの』


これが日記を書き始めて2037日目の心境。


関連記事

コメント

ひとつが見せる万華鏡

六千万年前、滅びたとされる恐竜。
どうやら、鳥類となって現在を謳歌しているとか。
恐竜の頃、潜むように生きた哺乳類が今、
地球を我が物顔で生きる。
人類にいたっては傲慢の極みまで繁殖。

地球はクルクル万華鏡を回して変化を遊ぶ。
宇宙も更に大きな万華鏡の変化を遊ぶ。

私たちは幸いなことに、
神の楽しみとも思える万華鏡をかい間見て楽しむことが出来る。

けれど一個人の生死は、
大きないのちの大河を流れる一滴の一瞬のまばたき。

私たち一個人の存在は万華鏡の一瞬のひとかけら。
それは大きないのちの一瞬のきらめきであるけれど、
それはまた、いのちの宿命も背負う。

いのちは他のいのちを取り込むことで成り立ち、
同種のいのちは、自己保存のゆえに相戦う。
安穏すら退廃へと変貌しかねないいのち。

その攻防も含めていのちはきらめき、
ささやかな安穏はいのちを和ませる。

そのすべてが宇宙のカタチ。
一個人を超えて、
星々も含めていのちは続く。
宇宙ある限り万華鏡は回り続ける。

それがすばらしいことなんですよね。、

一個人も与えられた一瞬のいのちを、
精一杯美しくきらめかせたいものですね。

Re:2037日目 - 真理

「…クリシュナムルティでさえ外からの情報だった…」ううむ、しばし黙想。ただひとり在ること。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。