記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2069日目 - 癒しの旅・屋久島体験記(2)

 

(昨日の続き)

[二日目]

今日は、巨木の森に出かける。
車で標高1300メートルまで上がる。
だんだん空気が冷たくなる。
塵がなく、とても景色がクリアー!

巨木の森に入っていく。
最初の屋久杉とご対面。
エネルギーが伝わる。
体がゾワゾワしている。

二本目、三本目・・・
ゆっくりと対面する
一本一本、姿、形が違うように、エネルギーも違うように感じる。
三本目、触ると、なぜか落ち着く。

前に座り込む。
どこからか、下手くそな笛の音。
フェ~~びぇ~ぴ~~
あれれー下手だねぇ。

曲にはなってないが、いい感じ。
今の状況にとてもマッチしていますね、と笑う。
下手くそな笛を聴きながら、木と対話。

また自然と一体感。
時間が止まった感じ。
また、涙が溢れる。
今度は、安心した涙。

体中、エネルギーがいっぱい入っていく感じ。
お腹が、いっぱいになる。
ご飯は、いらない。
また歩き出す。

巨木の森は、自然の博物館。
持って帰って、町に飾りたい。
いよいよ屋久杉の四番バッター。

でかい!
高い!
バランスが良い!
元気いっぱい!

kimiさんは、この屋久杉が屋久島をしょって立つ重要な杉になると言っていた。
この杉が、とてもお気に入りみたい。
見ていると、元気になる。
素晴らしい。

最後に出会ったのは、老木。
いっぱいコブが出ていて、味わい深い。
どっしりと落ち着いた、余裕のある、ゆったりとしたエネルギー。
私は、その木に寄りかかる。

気持ちが良い。
自然と体が動き、痛めた右腕が木にぴったりとくっついた。
20分ぐらいして・・・
あれれ!

腕が上がる!
後ろも回る!
五十肩が治った!
恐るべし、屋久杉パワー!

伊達に年は重ねてないですね。
自然は凄い。
本当に癒やす効果があるのだと実感した。
帰る途中、kimiさんは屋久杉の性質などを説明してくれた。

屋久杉は、とても硬く、耐久性にすぐれ、油分も多いと言われた。
そこで、私が無邪気な質問。
「燃やすと、よく燃えますかね。」
kimiさんは困惑顔で、「そんなこと言うと、屋久杉に怒られますよ。」

しまった!
思っていることが、口に出てしまった。
あんなに良くしてもらったのに。
無邪気は、悪である。

森を充分堪能した後、海に行く。
今は、引き潮。
岩がゴツゴツと、見渡す限り絶景。
泳ぐ場所まで、岩を渡り歩く。

kimiさんは、ヒョイヒョイと猿みたいに岩場を歩く。
私は、へっぴり腰で岩場と悪戦苦闘。
kimiさんを必死に追いかける。
景色鑑賞も、しばし中断。

小さい川が流れている所で、私は慎重に渡る。
(ここで怪我しちゃ洒落にならんもんねー)
ズルリー!
尾てい骨が、岩に直撃!

痛い~!
あんなに慎重にしていたのに・・・
トホホ・・・

なぜ滑ったのか?
すぐ頭をよぎる。
さっき屋久杉の前で、火をつけるとよく燃えますかね~と言って、そんなこと言うもんじゃありませんとkimiさんにたしなめられたっけ・・・

それだ!
ごめんなさい。
許して下さい。
御神木に対して、なんという罰当たりなことを言ってしまったのか!
謝っても後の祭り・・・

着替えて、海に入る。
熱帯魚がいるいる!
尾てい骨は痛いが、そんなことより熱帯魚!
シュノーケリングしながら、いろんな魚を見る。
可愛い~美しい~

岩に上がり着替える。
尾てい骨が痛むので、岩を四つん這いになりながら這って行く。
kimiさんは、「尾てい骨と頭が詰まっているので、動かすために強く打ったのかも?」
「荒療治だね。」

なるほど それもそうか!
人間、考え方にもいろいろある。
そんなことなら頭も打っとけばよかった。(笑)

それなら、ありがたい!
喜んで痛みに耐えよう!
と、嬉々として宿に帰る。
kimiさんは、「ジェルを塗って、ゆっくり休んで下さい。」

夜、寝る前にジェルたっぷり塗るが、痛みは消えない。
いつもは、痛みが良くなるのになぁ。
そうか、ジェルは自分の問題だと効かないんだ。
しかたがないので寝るか・・・



[注]

巨木の森では、超ゆっくりペースでした。
こんなに一本一本を深く丁寧に味わった人はいないでしょう。
この効果か、五十肩が良くなってしまいました。
恐るべし、屋久杉パワー!

海では、尾てい骨を直撃。
頭から尾てい骨にかけてのショック療法でしょうか。
なかなか激しいですね。
真面目にナチュラルヒーリングしてますね。

山では、深く静かに。
海では、強く激しく。
なかなかバラエティに富んでいますね。
なに?

富山県から来たから?
ハイ、オヤジギャクでした。

初日は、砂浜と滝で癒されました。
二日目は、屋久杉の巨木と海でした。
さて、三日目は?
屋久島の自然が総動員でヒーリングしている感じですね。


(明日に続く)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。