記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2071日目 - 癒しの旅・屋久島体験記(4) 

(昨日の続き)

[三日目 - 後半]

山を下りて海に行くつもりだったが、天候があやしい。
変更して、kimi水晶館へ向かう。

kimiさんの玄関先に、ニャンコがいる。
シャムなのに、のらちゃん。
鼻の黒い模様がかわいいニャーちゃんも。
お二人とも面構えが良い!

お部屋に入ると、すご~い水晶の数!
何、何、水晶の館だぁ~
これは何?あれは何?
質問攻め。

kimiさんには、舌を巻く。
詳しい!
沢山の水晶、全部知っている。

沢山の中から、店用の水晶を選ぶ。
これも、あれも、いいなぁー。
kimiさん、苦笑い。
アーカンソーの水晶、三個ゲット!

聞くと、近々、アーカンソーの水晶祭りを開こうと思っていたとか。
だけど、3つ持っていかれたら・・・
ごめんなさい!
一人占めしてしまいました。

「このオレンジ色は?」
「タンジェリンクォーツ。これは、非売品です。」
「その透明な黄色のは何?」
「レモンクォーツ。これも非売品です!」

kimiさんは、むきになって水晶を守る。
私の目は、キラリと光りっぱなし。
奥の棚にある大きなクラスターに目がキラリ。
それは、すご~い!

こんなクラスター見たことない!
大きなポイントが、数え切れないくらい立っている。
ほ、欲しい~(お金があればね)
kimiさん、「これは、絶対!非売品で~す!」

本当に、楽しい、楽しい時間でした。
ここでも、私は水晶エネルギーで癒やされ、体中パンパンになっていました。

kimiさんの水晶は、とてもキレイです。
他のお店のものとは、比べものにならない。
ずっとずっとクリアー。
それもそのはず。

何回も海に川に太陽に月に浄化する。
梱包も空気のキレイな朝にする。
前の日にはしない。
発送も午前中。
写真も美しさを感じてもらうために何百枚も撮るそうだ。

勿論、もともと水晶のクォリティーは高い。
そして、水晶祭りは、先着順にしない。
しっかり自分に合ったものを見つけて欲しいので、抽選にしているそうだ。
先着順だと焦って買うから。

kimiさんの思い・・・
だから、水晶祭りの水晶は、ダントツに美しいのだ。
そして、値段もかなり安い。
なぜ安いのかと聞くと、趣味だから、あまり儲けなくてもいいのだそうだ。
たぶん、多くの人に手にしてほしいからなのだろう。

そのこと、もっとアピールしたほうがいいですよ。
自分のことだから言えないとか・・・
ウ~ン、心憎いね~
人間、こうありたいものだ。


[注]

この方は、お店用にクラスターを買っていかれました。
富山県で美容院を経営しておられます。
お店のエネルギーが、きっと変化することでしょう。
なにしろすばらしいアーカンソーのクラスターでしたから。

本当は、天秤座の水晶祭りの次にアーカンソー特集を組む予定でした。
しかし、目玉の三個を持っていかれては・・・
今の状態では、厳しいですね。
今度上京した時に、良いものがあったら補充しようと思っています。

kimi水晶館は、基本的に趣味です。
そのため、非売品がほとんどです。
でも、それらもやがて水晶祭りに登場します。
原則は、水晶祭りで買ってほしいのですが・・・

でも、わざわざ遠くから来ていただくと、そうも言えず・・・
特にお店をバージョンアップしたいとのことで、お役に立ちたいという気持になりました。
お店を経営しておられる方は、水晶を置かれるといいでしょう。
お店のエネルギーが、浄化されて変化するでしょう。

お客さんにも働く人にも、共に好影響を与えるでしょう。
必要経費で落とせますから、お薦めです。
今回の三個のクラスターは、すばらしくきれいでした。
キラキラ輝いている特級品でした。

価格についても、近くのお店よりもかなり安かったようです。
店舗を構えると、どうしても必要経費がかさみます。
賃貸料に人件費、光熱費もばかになりません。
そういうものを上乗せする必要があるので、高くなりがちです。

ネット販売でも、いつ売れるかわからないし、売れ残るリスクもあるので、それなりのマージンを上乗せしてあります。
6月に東京のミネラルフェアーや卸の店に行って、卸値を知ってから価格を見る目が違ってきました。
だいたいネットでも卸値の3~5倍ぐらいで売られています。
店舗であれば、それ以上になりそうです。

そのくらい上乗せしないと、経営としては成り立ちません。
実際、良心的なサイトは、次々と閉じられています。
やはり経営主義的なところが、大きくやっている感じです。
なかなかですね。

発送の準備は、いつも朝方です。
海や川での浄化も午前中です。
すべてエネルギーの良い時にするようにしています。
光を入れるにしても、意識がクリアーな朝方でないと・・・

写真は半分趣味なので、数え切れないくらい撮ります。
バックの色を変え、できるだけ正確に水晶の雰囲気を出したいと思っています。
バックの色によって、水晶の感じも変わってしまうのですよ。
かなり手間隙かかっていますね。

最初の二日を先着順ではなくて全員受付にしているのは、ゆっくり検討してほしいからです。
先着順となると、どうしても焦って買ってしまいます。
後で後悔することにもなりかねません。
本当に自分に必要かどうか、じっくり吟味してほしいのです。

売れればいいというものではありません。
本当に必要なものを手にしていただきたいのです。
今の自分に合ったものを。
今の自分を大きくサポートしてくれるものを。

そういう出会いは、手にする人にとっても水晶にとっても幸せです。
そういうお役に立てると、こちらもうれしいですね。
水晶は、本人だけでなく、周りの人にも環境にも影響を与えます。
そのような水晶を、できるだけベストの状態で送り出したいと思っています。

もうしばらくは、水晶祭りが続くでしょう。
今のところ水晶にはまっていますので。
見た目が美しいだけでなく、エネルギーもすばらしいですね。
見ているだけで、心身ともにクリアーになります。

今日は、注釈が長くなりました。
水晶のこととなると、話は尽きません。
今回のお客さんとも、いーっぱい水晶の話をしました。
お互いに水晶が好きだと、どんどん発展していきます。

明日は、屋久島体験記の最終日です。
さて、どんな展開になるでしょうか。
お楽しみに!


(明日に続く)

関連記事

コメント

輝き

いいですねえ~~、kimiさんの水晶への愛。
そして、愛をベースにすべてが循環されていく、調和の世界。
読みながら、限りなくやさしい光のなかに包まれるようでした。
そして私も、目の前の水晶たちとともに、光の調和の循環のなかに
いるのを感じました。

毎回水晶祭りのたびに選定された百数十枚の写真たち。
それらが、いったいどれだけの写真のなかから選定されたか・・・
そこには、kimiさんの、水晶への愛がどれだけ詰まっているか・・・
そしてその愛が、水晶たちをどれだけ輝かせるか・・・
水晶本来の持てるエネルギーも、眠っていたエネルギーも、
深い愛情に呼び覚まされ、限りなく引き出されることでしょう。

その水晶たちが、新しい持ち主のところで、また、その人との共鳴に
より、どういうふうに輝いていくのか。
たくさんの、たくさんの、多種多様な輝きが生まれますね。
すべてが、素敵すぎます。

ますます行きたくなりますね。

体験記を公表していただきありがとうございます。
kimi水晶館のみならず、原生林や滝での体験などを
伺っているとますます屋久島へ行きたくなりますね。
人生の季(とき)というものはあるのでしょうけど…
明日の完結編楽しみにしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。