記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2105日目 - 大型クラスター


昨日、大型クラスターを海と川で浄化した。
浄化したのはいいが、置く場所がない。
きちんと置くためには、家の中を大幅に整理する必要がある。
という訳で、とりあえずパソコンの机の上に置くことにした。

パソコンの机には、ほとんど何も置いていない。
ほんの少し水晶があるだけ。
ここに大型クラスターを5個置いた。
その結果、目の前はクラスターの山。

すばらしい!
絶景!
豪華!
大迫力!

これだけのクラスターが目の前にあると、もう何とも言えない。
ただただ、すばらしい!の一言。
しかも、どれも美しい。
その上、みんな色合いが異なる。

4個は、インドのマニカラン産のヒマラヤ水晶。
残る1個は、アーカンソー産。
それぞれ個性がある。
アーカンソーのクラスターは、クリアーそのもの。

ヒマラヤは、クリアー、ピンク、淡いベージュ・・・
ピンクも、濃いものと薄いものに分かれる。
サイズは、20~30cm。
折れているポイントがほとんどない最上クラス。

このままずっと目の前に置いておきたい・・・
と、つい思ってしまう。
ただ見ているだけで、心が満たされる。
でも、このうちの3個は、次の常設の水晶祭りに出すことになっている。

どれも美しいので、どれを出すか迷ってしまう。
見れば見るほど美しい。
各ポイントは太く、しっかりしており、なおかつ透明感に満ちている。
もちろん、各トップはきれいな六角錐。

力強くパワフルなものもある。
やさしく自愛に満ちたものもある。
深い霊性を秘めたものもある。
どこまでもクリアーなものもある。

すばらしい!
実にすばらしい!
これだけ大型水晶がそろうと、本当に圧倒される。
ただ見ているだけで、心は満ち足りてしまう。

また12月にもミネラルショーに行くつもりでいる。
それは、日本最大の池袋ショー。
そこでも大型クラスターを買ってきたいと思っている。
どうも大型クラスターに魅了されてしまったようだ。

問題は、ただ一つ。
資金が・・・
さてさて、どうなることやら。
明日のことは、明日考えよう。


『ヒマラヤの 息吹と共に やって来た パワーに満ちた 大型水晶』


これが日記を書き始めて2105日目の心境。
関連記事

コメント

う~ん

ほんとにもう、素晴らしいとしかいいようがないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。