記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2141日目 - インカローズ

2053~2056日目の日記、「癒しの旅・屋久島」に登場した方からメールが届いた。
屋久島で打った尾てい骨について書かれていた。
偶然はない!
そのメールを紹介する。

「毎日、水晶を見ていると、心が静かになります。
というか、屋久島から帰って来た頃から、静かになった気がします。
整体の先生が、尾てい骨が、まっすぐになっていると言っていました。
以前は、左に曲がっていて、おまけに飛び出ていたそうです。

静かになったのも、尾てい骨を打ったおかげだと思います。
屋久島に感謝です。
水晶を見ているうちに、実は・・・

自分が自己否定で、いつも自分が悪い、無能で駄目なんだと無意識に思っていました。
だから、もっと足りない、もっともっとと追い込んでいたのだと気がつきました。
私は、よくやっているのに自分を追い込んでいて、自分に申し訳なかったと思います。
水晶を見ているうちに、段々と思えてきたのです。

もっと自分を大事にしますね。
今の抱えている問題が、クリアーするかもしれません。
kimiさん、水晶をありがとうございます!」

この方は、屋久島の海岸で滑って、尾てい骨を強打した。
木霊の森で横になった時、体が自然に動き始めた。
その後も、寝る前に体を自然に動かすようにしている。
その結果、尾てい骨が正常に戻ったらしい。

何年も整体で良くならなかったもの。
それが、自分で治ってしまった。
実は、何もしなくてもいい?
本当は、何もしない方がいい!

体のことは、体にまかせればいい。
体のことは、体が一番知っている。
人間が知っているのは、体のほんの一部。
断片的なことしか知らないのに、体をいじりまわす。

今の医者が、体をトータルに知っているだろうか。
体は、自分のことをトータルにわかっている。
いのちは、いのちを知っている。
いのち以上にいのちを知っているものはいない。

いのちは、いのちにゆだねる。
それ以上のヒーリングはない。
いのちは、必要なことをしてくれる。
人が為すべきことは、それをサポートすること。

いのちが働きやすいようにすること。
いのちの働きを妨げないこと。
いのちを尊重し、いのちと共に生きること。
そのことを肝に銘ずべきではないだろうか。

今の医学は、本末転倒。
医者が、主役になっている。
医者が、病気を治してくれることになっている。
医者は、病気を治せない!

そんな当たり前のことが、世間では通用しない。
世の中全体が、おかしくなっている。
医者は、病気を治せない。
病気を治せるのは、体=いのちのみ。

体にまかせる。
自然にまかせる。
宇宙にまかせる。
それには・・・

深い理解がいる。
理解のないままにまかせれば、信仰になってしまう。
信仰は、不安定。
信じてよいのかどうか、常に疑いと背中合わせ。

信じるのではなくて、理解すること。
体を理解し、宇宙を理解する。
理解すれば、信じる必要はない。
無知であるが故に、信じるしかなくなる。

水晶を見つめていると、自分が見える。
別に水晶玉を見つめる必要はない。
それでは、占い師や魔女になってしまう。
自分の好きな水晶を眺めればいい。

そうしていると、心が落ち着く。
静けさのなかで、ふと気づきが起きる。
煩雑な日常から、しばし離れる時間が必要。
クリアーな水晶を見つめることは、実は自分自身を見つめること。

気づくことによって、自分への理解が深まる。
自分自身に気づくことが、真実に生きることを確かにする。
思い込みだらけの自分で生きたのでは、人生の真の豊かさはわからない。
自分自身を知ることが、宇宙の真理へ導く。

一昨日も、この方からメールが届いた。
それは、次のようなものだった。

「インカローズ届きました!
すごく透明で素晴らしい赤です。
すぐ身に着けると、体が内に曲がってきました。
いつもは、背中がのけぞる感じになるのですが。

それから、体の中へ中へとエネルギーが入ってくるのです。
頭から足まで、立っていられないほどです。
しばらくすると、涙が溢れて止まりませんでした。

インカローズは初めて手にするのですが、キーポイントでした。
第二希望だったのですが、買ってよかったです。
ありがとうございました。
分析すると、私はよほど傷ついていたみたいだと思いました。
いろいろ見えてきますね。」

石には、それぞれエネルギーがある。
そのエネルギーとの出会いによって、心身に変化が起きる。
この方の第一希望は、クンツァイトだった。
しかし、今はクンツァイトよりもインカローズの方が必要だった。

インカローズは、愛の石。
インカローズを手にすれば、愛の波動が心身に浸透する。
心身が愛で満たされる時、心の傷は涙となって解放される。
美しくもすばらしいインカローズが届いた。

天の時、地の利、人の和。
何事もタイミング。
屋久島へ行くべき時があり、出会うべき水晶もある。
起きるべきアクシデントがあり、それによって人生が展開する。

起きてくることを見逃さないことだろうか。
いやな事とか、悪い事と捉えないことだろうか。
起きてくる一切を活かすことだろうか。
すべてを活用すれば、この世に怖いものはなくなる。

すべてを理解し、すべてを活用する。
屋久島も水晶も、すべて縁。
縁のあるものに助けられながら生きている。
出会いも、また縁。

縁が創る、この人生。
不思議と言えば、不思議。
でも、その縁を設定しているのも、実は自分。
生まれてくる前に自分で設定したもの。

それを活用するかどうかが、今、問われている。
縁を大切にすることだろうか。
縁を無駄にしないことだろうか。
深く静かに縁と共に生きることだろうか。


『起きてくる すべてのことを 大切に 無駄にしないで 活かして使う』


これが日記を書き始めて2141日目の心境。
関連記事

コメント

おしいっ!

屋久島へに行くべき時があり、出会うべき水晶もある。
起きるべきアクシデントがあり、それによって人生が展開する。

言霊まちがっています☆はぁそのうちパソコン使えなくなっちゃうかも…どうしよ…遅すぎて

水晶のエネルギーを感じられる方はいいですね。うらやましい…きっとその人のギフトでしょうね。着々と世界は変わっていますね。あとは…時間の問題かな。

よかったですね。kimiさん。

屋久島行きたいと思う時が来ればいいんだけどなー☆

おはよーございまーす☆

なんだかそのうち屋久島にいきたいなぁ~なんて思ってきました。だって元凶が屋久島にあるような気がするんですもん。そしたら癒されるかなぁ。

寝っ転がって両手足ばーっとのばしてみたい☆

ダビンチの図みたいに(笑)あれってすごいですよねーなんだかわからないけど、すごいって知っているような気がする。

屋久島と関係あるのかなぁ大地と繋がっていたし…はぁ


そのうち行きます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。