記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2144日目 - いのちのガーネット


昨日は、さわやかな秋晴だった。
海抜1400mの巨木の森を歩いた。
空気が澄み切っていた。
風も心地よかった。

巨木の森は、四季折々楽しめる。
今年は、たくさんのシャクナゲの花を見た。
今は、紅葉が真っ盛り。
冬になれば、雪景色も楽しめる。

常設の水晶祭りのガーネットのブレスレットにリクエストがあった。
リクエストしたのは、獅子座のえっちゃん。
さすがに、「8月生まれの私には似合わないのかな?」と書かれていた。
確かに、似合わない。

「でも、私が今ほしいパワー満載のように思います。」
とも書かれてあった。
確かに、今のえっちゃんがほしいエネルギーに満ちている。
ガーネットの解説文には、次のように書かれている。

『自信を失いかけている時に、初心の情熱を呼び覚ましてくれます。
自分を見失った時には、内なる炎を取り戻し、創造性を蘇らせます。
ネガティブなエネルギーを排出し、本来のバランスに戻します。
最近元気がない人、小さなことに思い悩む人、目標を見失った人に、お薦めです。』

今のえっちゃんは、このすべてに当てはまる。
求職中なのだが、なかなか仕事が見つからない。
子供のところに転がり込んでいるのだが、なんとなく肩身が狭い。
年齢も、もう年金をもらう年になってしまった。

ちょっと自信喪失気味のえっちゃんが、起死回生を狙ってリクエストしたのがガーネット。
ところが・・・
えっちゃんは、獅子座。
ガーネットは、一月の誕生石。

一月は、山羊座。
獅子座とは、エネルギーがまったく異なる。
獅子座は、大胆でおおらか。
親分肌で、面倒見がいい。

山羊座は、地道な努力と忍耐。
緻密な積み重ね。
まったく獅子座にはないもの。
獅子座は・・・

細かいことは、あまり気にしない。
太陽のようにパワフルで、ゴーイングマイウエイ。
いつも輪の中心にいる。
しかし・・・

このガーネットのブレスレットは、内径150mm。
えっちゃんの手首の大きさは、160mm。
どう考えても、このブレスレットでは小さ過ぎる。
たぶん、サイズを確かめないでリクエストしたのではないだろうか。

一事が万事。
極めて獅子座的。
良く言えば、おおらか。
悪く言えば、アバウト。

ガーネットは、緻密で繊細。
アバウトとは、対極にある。
緻密なえっちゃんに変身?
これから地道な努力を積み重ねる?

とてもそんなえっちゃんは、想像できないのだが・・・
たぶん、無理に努力しようとすれば、おおらかさや大胆さは影を潜めてしまうだろう。
自信に漲った獅子座は、小さくなってしまう。
今のえっちゃんのように・・・

ガーネットは、地味。
けれども、堅実。
着実で確実。
いつも支えている。

獅子座は、陰で支えるということを知らない。
いつも自分が中心。
いつも日の当たるところにいる。
太陽の星座だから、それはしかたがない。

人には親切だが、あくまで中心は自分。
相手の立場に立った親切ではない。
上からの思いやり。
細かい配慮に欠ける。

ガーネットは、この逆。
人知れず、黙って支える。
自分が目立とうとはしない。
獅子座とは、正反対。

あの深紅の色は、いのちの炎。
どのような逆境にあっても、尽きることのない生命力。
風雪に耐え、努力を積み重ねて生きるパワー。
そういう生命力を自分のものにするためのガーネット。

ガーネットが、パワーをくれるわけではない。
パワーは、元々自分のなかにある。
それを呼び覚ましてくれるのが、ガーネットや水晶たち。
共振、共鳴によって、自分のなかに潜在していたものが刺激される。

元々自分のなかに眠っていたものが、目を覚ます。
内在していたものが活性化して、表に出てくる。
どの星座であれ、本来、深い地球のいのちが宿っている。
根底を流れるものは、みな同じ。

その内在しているものを、ガーネットは刺激してくれる。
ガーネットを見ることによって、内在しているものが揺さぶられる。
揺さぶられて活性化する。
そうなると・・・

大胆かつ緻密。
繊細かつオープン。
というえっちゃんになってしまう。
まさに鬼に金棒!

(エッ、ホント?)

ガーネットは、根底を流れるいのちのエネルギー。
すべての存在を支えるもの。
日が当たるところではなく、陰ですべてを支えている。
そういう存在と一緒にいれば、自分、自分とこだわる自分が小さく見える。

いのちに自分はない。
無私。
無償。
無条件。

それが、人が本来持っているもの。
今は、精神がコマーシャリズムによって冒されているだけ。
本来のいのちの本質を忘れているだけ。
無償のいのちと共に、無償の愛が流れている。

すべてを支えて生きる。
地上の全存在を支える。
それが、いのちの役割。
そういうものが、自分のなかを流れている。

えっちゃんのなかにも、いのちがある。
常に活き活きと流れている。
絶えずいのちの炎が燃えている。
今は、そのことを忘れているだけ。

その忘れているものに気づかせてくれるのが、ガーネット。
ガーネットに限らず、他の石や水晶たち。
それぞれが持っている波動で、内在するものを刺激してくれる。
それが、ストーンヒーリングでありクリスタルヒーリング。

ガーネットが届いたら、ただガーネットと一緒にいればいい。
身に着け、見つめ、いつもそのエネルギーを感じていればいい。
そうすれば、その深紅のエネルギーが、忘れていたものを思い出させてくれるだろう。
内からいのちが蘇ってくるに違いない。


『ガーネット 自分のなかを 脈々と 流れるいのち 蘇(よみがえ)らせる』

『体内を 流れるいのち 感じつつ いのちと共に いのちを生きる』


これが日記を書き始めて2144日目の心境。
関連記事

コメント

いやいや実は・・・

えっちゃんの秘めたる性質があるのですぞ!!

>獅子座は、陰で支えるということを知らない。
>いつも自分が中心。
>いつも日の当たるところにいる。

なんのなんの、陰で支えるのはえっちゃんの秘めたる業・・・。
なに?頭隠して尻隠さず・・・ですって?
え~~~??
今までひっそり、世のため人のため(?)にやってきたこと、
縁の下に隠れていたつもりが、
特大のお尻が縁側にはみ出していたのかあ?

いやいやそれに今までスポットライトを浴びたことがない。
日のあたる場所とスポットライトは違うかな?
それにしても、あんまり日当たりのいいとこにいないけどなあ・・・。
今居る部屋も、一日に5分ほどしか日が差さないし・・・、
それも違う?

まあ、私の縁の下人生も、
打たれ打たれてきた日々で得た生きる知恵。
所詮わが身を守る隠れ蓑ですかしら・・・。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。