記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2162日目 - 真のアセンションへ向かって


今日の屋久島は、朝から快晴。
美しい青空が広がっている。
気温は低いが、さわやか。
時間と共に気温も上昇する予報。

人類は、長い間、物質ベースで生きてきた。
生きるために物質と格闘する間に、いつの間にか物質の虜になってしまった。
自分の本質を忘れ、肉体人間と化してしまった。
美しい地球を楽しむつもりが、地球の呪縛にかかってしまった。

これまでは、地球を学ぶ時期。
物質次元を理解する期間。
地球での暮らしに慣れるための時。
しかし、これからは・・・

これまでの学びを活かして、地球暮らしを楽しむ時。
物質の呪縛から解放されて、物質を自由に使いこなす時。
自分の本来の姿を思い出し、霊主体従で生きる時。
全体と共に個を生きる時。

これまでは、この世を生きる主体である人格が、物質ベースだった。
これからは、魂ベースとなる。
全体から孤立した個ではなく、全体とつながった個となる。
自分さえよければよかったのが、みんなと共に生きるようになる。

人類は、これまで物質を探求し、地球暮らしを快適にするために努力してきた。
その過程で、物質の虜になってしまった。
その結果、物欲ベースの競争社会をつくってしまった。
物を奪い合って、争いの絶えない社会にしてしまった。

別に誰が悪いわけでもない。
肉体と同化するプロセスのなかで、いつの間にか自分を肉体そのものと思い込んでしまった結果。
この思い込みということが、すべての問題の根底にある。
これこそが、今の人類の問題のすべてを解く鍵。

人は、思い込みワールドのなかで生きている。
けっして事実ベースでは生きていない。
自分のイメージが傷つけられたと言っては、怒る。
周りから賞賛されると、自己満足する。

人は、自分というイメージをメインに生きている。
それは、記憶によってつくられた自己イメージ。
実態のあるものではなく、単なるイメージ。
自我とは、実体のない幻。

人は、思い込みによってつくりあげた自分というイメージをベースに生きている。
自分は、極めて不安定。
褒められれば、舞い上がる。
貶(けな)されれば、落ち込む。

どこにも実体はない。
あるのは、自分というものがあるという思い込みだけ。
それは、記憶によって紡がれているだけの虚像。
記憶喪失になれば、跡形もなく消えてしまう幻。

病気になりはしないか。
交通事故に遭わないか。
泥棒に入られないか。
あの人に嫌われはしないか。

不安も心配も恐れも・・・
みんな思い込み。
けっして実態のあるものではない。
人は、ただ思い込み人生を生きているだけ。

酒に酔う。
歌に酔う。
雰囲気に酔う。
ムードに酔う。

過去の思い出に酔い、懐メロを口ずさむ。
昔のアルバムを見て、過去を懐かしむ。
自分のなかから消えたものを、いつまでも嘆き悲しむ。
贔屓(ひいき)のチームの勝利に祝杯をあげる。

ただ酔っているだけ。
浸っているだけ。
心地よいだけ。
満足しているだけ。

そのすべては、ただ思い込んでいるだけ。
人の意識の中心は、思い。
イメージ的な想い。
非論理的な思考。

その曖昧な思考が、肉体と自己同一化し、自分を肉体と思い込む。
肉体と共に成長するために、それもは無理はない。
幼い頃は、まだ霊性が残っている。
しかし、思春期になると思考力が発達し、物質化していく。

人は、成長するに従って自己イメージが強固になる。
その自己イメージを自分自身と錯覚する。
実際は、自己イメージも日々変化している。
肉体も日々変化するように。

すべてのものが、刻々と変化している。
一定の自分などというものはない。
それをあるように思い込むのが、思考のマジック。
肉体や記憶と自己同一化した思考の幻想。

この思考力は、曖昧。
科学的でも、論理的でもない。
数学のような純粋な思考ではない。
イメージベースの想いに近い。

そういう思考は、冷静ではない。
感情と結びついており、極めて主観的。
自己中心的で、自分勝手な思い込みになりやすい。
動揺しやすく、非常に不安定。

それが、今の人類の意識の中心。
そのために、このような混乱が起きている。
人類は、まだまだ未熟。
発展途上。

霊性が、物質に呑み込まれている。
この世では、霊性よりも物質の方が支配力が強い。
曖昧な思考力によって、人は物質化してしまった。
本来の霊性を喪失してしまった。

以上が、これまでの人類史。
これからの人類史は、劇的に転換する。
体主霊従から、霊主体従へ変わる。
人は、物質の奴隷から、物質の主人へと変身する。

その鍵を握るのは、冷静さと見守り。
客観的な思考力と魂とのつながり。
思い込みベースから事実ベースへの転換。
人類の意識が、変わる。

物質との同化から、霊性の確立へと変化する。
意識の物質化から、物質の霊化へ転換する。
人類の意識が、シフトする。
時代の流れが、変わる。

曖昧な思考が、クリアーな思考に昇華される。
人類の意識の中心が、クリアーで冷静な思考となる。
全体とつながった透き通るような意識になっていく。
アクエリアス時代の意識になっていく。


『演歌とは 過去に浸って 現在を 慰めている イメージゲーム』

『雰囲気に 酔っているだけ イメージの 世界で生きて いるだけのこと』

『自己という イメージ抱いて 旅をする この世は夢の イメージゲーム』

『イメージは 何かを創る ためのもの 呑み込まれては 元も子もない』

『イメージに 酔うな浸るな 留まるな 今刻々を リアルに生きる』


これが日記を書き始めて2162日目の心境。

関連記事

コメント

全体への気づき

小生の拙い質問に回答もして頂きありがとうございます。
「全体とつながる」という事がどういう事なのか?。見る見られるの対象との分離がないことだと一般的に言われますけれど、下手な論議は妄想イメージが膨らむだけでしょう。世間にはそういう心境に至るための方法論を提示している方も沢山いますね。ほとんどはその組織の集金装置につながされているだけなんでしょうけど(笑)。
孤立分離した個から全体とのつながりへは冷静、見守りを通じた気づきによるしかないのでしょうか。自己中心的にしか作動しようとしない自我を適正に相対化し位置付けることの出来る意識をどう育てていけばよいのでしょうか。現実生活の中で冷静ではなかなかいられませんね。ホントに自我は多彩に良く活動してくれてます。(笑)これを乗り超えていけるのか…。心許ないなー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。