記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2165日目 - 新しい主体

今日の屋久島は、暗い。
八時を過ぎても、明るくなりきらない。
まるで人類の現状?
この世を生きるのは、なかなかたいへん。

イマジネーションは、役に立つ。
童話や小説を構想するにも、イマジネーションを使う。
映画や演劇やCMでさえ、イマジネーションが必要。
何かを企画するにも、まずはイマジネーション。

建築も歌謡曲も、選挙運動でさえ。
スポーツもイメージトレーニングが流行っている。
何をするにも、まずイメージありき。
創造の原型になっているのは、想像力。

このイメージを使って、UFOも操作する。
ワープするのも、イメージ力が頼り。
宇宙創造そのものが、想像力をベースにしている。
そういう意味では、イマジネーションというのは必要不可欠。

ところが・・・
絶対的に必要ではあるのだが・・・
それでは、良いことばかりかと言うと、そうでもない。
実は、イマジネーションは諸刃の剣。

敵がいつ攻めてくるかわからないと思って、軍備を増強する。
そうすると、敵もまた戦々恐々となって軍備を拡大する。
果てしない軍拡が始まる。
恐怖の連鎖。

何か失敗をする。
すると、また失敗するのではないかと不安になる。
不安は、現実化する。
負の連鎖が始まる。

好きな人が、最近ヘン。
どうも私を避けているみたい。
他に好きな人でもできたのではないか・・・
想像は、尽きることのない妄想へと発展する。

夫が浮気をしていないだろうか。
子供が隠れて悪い遊びをしていないだろうか。
病気がどんどん悪くなりはしないか。
このまま仕事が見つからなかったら、どうしよう。

負のイマジネーションは、どんどん膨らんでいく。
不安、心配、恐れ、疑い・・・
想像は想像を呼び、泥沼と化す。
やがて、精神は混乱していく。

いくつもの思いが、同時に交錯する。
自律神経失調症や統合失調症ということもあり得る。
イマジネーションは、建設的な創造をすると共に破壊的な結果も生み出す。
イメージ力、想像力、イマジネーションは、必要なのだが・・・

過ぎたるは、及ばざるが如し。
もの思いに耽り過ぎれば、現実から遊離する。
イマジネーションの世界に沈殿すれば、現実から乖離してしまう。
実は・・・

悪霊や迷える霊たちも、そのレベル。
想いや想像の次元。
想いの世界で、さ迷っているだけ。
全体から分離した想いの世界。

想いの世界は、幻の世界。
現実以前。
それを現実化するには、思考力や行動力がいる。
ただ想いだけに溺れてしまうと、現実から分離してしまう。

想像力もイマジネーションも必要不可欠。
しかし、それは、現実創造のための手段であり道具。
手段や道具に振り回されていては、本末転倒。
それは、いろんなことについて言える。

肉体も、この世を生きる乗り船。
その肉体の快感に溺れてしまっては、ミイラ取りがミイラとなってしまう。
感情も、肉体を維持し、豊かな人生にするには必要。
しかし、感情に翻弄されては、感情の僕(しもべ)。

お金も、この世を便利にするための手段であり道具。
にもかかわらず、金の奴隷となっている人の何と多いことだろう。
時間も同様。
この世を整理するための決め事に、追いかけられて暮らしている。

何事も使いこなすこと。
手段や道具に使われないこと。
快感や便利さに振り回されないこと。
その本質を深く理解して、主体的に活用すること。

大切なことは、自分を見失わないこと。
肉体の快感や感情やイマジネーションに呑み込まれないこと。
それらに振り回されて、人生の主体を喪失しないこと。
それらは、すべて手段や道具。

それは、運転手がスピードの魔力にとりつかれて交通事故を起こすようなもの。
本末転倒。
何事も、過ぎたるは及ばざるが如し。
ほどほど。

調和。
バランス。
深い理解。
そして、使いこなす。

肉体も感覚も感情もイマジネーションも・・・
すべて、その本質を理解して、使いこなす。
共に生きる。
すべて必要なもの。

理解が足りないので、それらに振り回される。
特にイマジネーションは、曲者。
注意していないと、すぐに虜になってしまう。
イマジネーションの世界に呑み込まれてしまう。

それが、思い込み人生。
先入観や偏見。
固定観念や既成概念。
自分勝手なものの見方。

想像力は、創造するためのアイテム。
そのことを肝に銘じるべきではないだろうか。
けっしてイマジネーションの世界に呑み込まれないように。
思い込み人生にならないように。

冷静に。
霊静に。
霊聖に。
それが、これからのキーワード。

それは、霊静な主体を持つことを意味する。
魂とつながった主体。
全体とつながった人格。
個であり全体。

肉体や感覚や感情やイマジネーションに振り回されない主体。
そういうものの性質を理解し、そういうものに翻弄されない人格。
必要に応じて、いつでも活用できる主体。
そういうものを適確に管理し、必要に応じて自由に使いこなす。

そういう主体が、これからは求められる。
それが、新しい時代の主体となる。
霊静さを持った主体。
全体と共に生きる主体。

『霊静な 主体が次の 新しい 時代を開く 振り回されず』

これが日記を書き始めて2165日目の心境。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。